諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

大黒山と大国主命 島根県簸川郡斐川町 20.5.17

斐川町「大黒山」
神庭諏訪神社附近から仰ぐ「大黒山」

 ネット地図では、直線距離ですが、大黒山(だいこくさん)の山頂から“最寄り”の車道まで250mという数字が出ました。ただし、最短距離であっても、双方を結ぶ道はありません。再びネットで“正規”のルートを探すと、『大黒山ハイキング』内にある「広域農道沿いにある標識」を見つけました。

大黒山へ

 山陰自動車道高架下近くに、その「大黒山登山口」がありました。さっそく登り始めた“一車線弱”という簡易舗装された道は、軽トラックでも無理ですから荷物運搬用の無限軌道車用でしょうか。直登ですから、体力は消耗しましたが時間は稼げました。

大黒山と兵主神社

大黒山の兵主神社 笠木が半分朽ちた鳥居が見えると、狛犬が現れました。「大黒山から荒神谷遺跡を見下ろす」のが目的だったので、神社の出現は予想外の展開となりました。

 ここ大黒山の頂部にあった神社には小さいながらも拝殿と本殿がありますが、由緒書がないので“大黒山神社”としかわかりません。また、本殿横には笹と注連縄で囲われた砂地があって(上写真の左端)何かの神事が行われたようですが、これもわかりません。
 展望台に、「大黒山」の案内板がありました。

 この大黒山は斐川町の南東部に位置する標高315mの山です。神代の昔、大黒さんと言われている大国主命がスクナビコナの神とこの山に登り、出雲の国に稲作を広めたり、海のものを多く取ったりして国を豊かにしよう、と平野や内海を眺めて相談をなさったところ、といわれています。
 頂上近くには大きな岩がありますが、その岩が二神がお立ちになって国内を眺められたところ、といわれています。また大国主命や出雲の国造りに協力されたスクナビコナの神をおまつりしたのが兵主神社です。
 この山頂は急なため、雨のため土砂が流れると山が低くなるので、大国主命は大変おなげきになるので、参拝する人々は砂をもって登るのだそうです。そうすると不思議に災いがなくなり、作物もよくできる、という言い伝えがあります。

 小学生も登るハイキングコースとあって子供向きに書かれたものとわかりますが、これを読んで、本殿横の「砂」が「参拝者が奉納したもの」と理解できました。

大黒山から神庭谷

 中央上に細く延びる尾根の先端に「神庭諏訪神社」と「佐支多神社」があります。その尾根の中央部に沿って、はっきりとは見えませんが細い谷があり、その山際に位置するのが荒神谷遺跡です。右のゴルフ場の右上辺りが「学頭諏訪神社」でしょうか。昨日参拝しましたから、地図に望遠鏡代わりの高倍率カメラを併用すると、斐川町民でない私でも指を指せました。

兵主神社
逆コースの道(29.6.5)

 鳥居下に、登ってきたコースと直角に分岐する道があります。方角から「荒神谷遺跡が見えるかもしれない」と、様子見で少し下ってみました。
 展望が利かないので、その少しがもう少しの繰り返しで、この暑さでは「もう戻りたくない」距離となりました。左へ巻くように下っているので、遠回りになっても出発点に戻れそうと、その道に足を任せることにしました。

 舗装道路に飛び出すと、その騒音と砂埃から右方向に何かの処理場があるようです。引っ張られるような重力に身を任せてトコトコと下ると、だだっ広い「名前は忘れた」公園があります。遊具やベンチがありますが、草に埋もれています。見る限りでは全くニーズがないようなので、迷惑施設の補償で造られたと想像してみました。
 気が付くと「大黒山登山口」の道標があり、「新田畑」集落下の道を歩いていました。

大黒山再び 29.6.5

大黒山の兵主神社 前掲した社殿の写真ですが、メモ用のカメラで撮っていたために、不鮮明であることを気にかけていました。
 今回奥出雲の諏訪神社を巡拝したので、撮り直すために再び大黒山へ登りました。ところが、鳥居と拝殿が新造されていたので、“ビフォーアフター”として同じ構図を載せてみました。拝殿に郵便受けがあるのが不思議ですが、何かの用途があるのは間違いないでしょう。

大黒山から宍道湖

 前回は春霞とあって宍道湖の境界が不鮮明でしたが、今日はハッキリ見えました。