諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

沙田神社−千鹿頭神社ライン 22.4.20

 千鹿頭山の「先(まず)の宮」から西に目を沿わせると、信濃国三之宮「沙田神社」に行き当たります。実際は木立が邪魔をして見えませんが、地図では、真西4.7Kmの位置に沙田神社があります。「真西」と限定したので正確な数字で言うと「北へ約50m」ズレています。しかし、この距離で50mの違いは、トランシットのない時代ではかなり正確と言えましょう。


 このラインの中点から北に線を引くと「松本城」を“貫き”ます。両神社の創建時期は不明ですが、松本城が築城された時代にはすでに鎮座していたはずです。そのため、築城の条件を両神社に求めた可能性があります。
 また、時代差が大きすぎる松本城を除くと、平地にある沙田神社は洪水などで原位置が変わった可能性がありますが、両社の「東西ライン」に何か意味があるように思えてきます。このラインを一辺にした正四角形や三角形を想定してみましたが、めぼしい神社は浮かび上がってきませんでした。地元の郷土研究者なら「かつて存在した神社」を探り当てることができるかもしれませんが、諏訪の地からでは、ここまでが限界でしょう。


‖サイト内リンク‖ 「神田千鹿頭神社と林千鹿頭神社」