諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

三峯神社(三峯社)の「お仮屋」と御眷属拝借之牘

「御眷属拝借之牘」乙事の三峯神社 富士見町の乙事(おっこと)に、諏訪神社下社跡があります。諏訪神社は乙事諏訪神社に合併されましたが、境内にはまだ幾つかの神社があります。
 その一つである三峯神社は、覆屋は頑丈に造られていますが、祠はありません。ただ、磐座が安置してあるだけです。

案内板では「八ヶ岳の自然石を御神体」

御眷属拝借之牘 奥の梁には「御眷属拝借之牘(ごけんぞくはいしゃくのふだ)」が取り付けてあります。これが御神体なので磐座など必要ないのですが、本来の“使い方”が忘れられたので、何もないのも淋しいということで石を置いてしまったのでしょう。

 乙事区が設置した案内板があったので、参考までに、その一部を転載しました。

 乙事区でも古くから三峯講が起こり、南沢東尾根の一角に講地を設け、片屋根の小さい仮屋を建て屋根と周りを青カヤで囲んだ社(やしろ)に、代参人が秩父三峯神社へ詣で、大口真神の火災盗難除けのお札を拝し、仮屋の社に納め信心を行ったと言い伝えられている。

 案内板には、“忘れられたこと”が詳しく書いてあります。しかし、毎年作り替える仮屋を大きな覆屋として建ててしまったので、誰かの思い付きで、絶体にやってはいけない「石の御神体」を据えてしまったのでしょう。

お仮屋と御眷属拝借

 秩父にある総本社『三峯神社』のHPから、大ざっぱな知識として、関連する箇所を抜粋しました。

お仮屋
 三峯神社の御眷属、大口真神(お使い神、お犬さま)のお宮です。御眷属は深い山中に身をひそめられている為にここを仮のお宮としてお祭りを行うので「お仮屋」と呼んでいます。
御眷属拝借
 古くからこの御眷属様を御神礼として一年間拝借し、地域の、或いは一家のご守護を祈る事が行われています。これを御眷属拝借と呼び、火盗除、病気除、諸難除けの霊験あらたかです。

御眷属拝借心得書

 富士見町図書館で目にした、佐久吉文著『乙事の信心山岳信仰』には、「御眷属勧請には次の注意書きが付けられていた」として以下の文が載っていました。内容から、「注意書き」が『御眷属拝借心得書(御眷属拝借指南)』であることがわかります。

一、ご眷属お迎えなされ候節、道中忌服(きふく)これなき家にお泊なさるべく候。

一、ご在所へお帰村なされ候わば、即時清浄の刻火(※別火?)にてお炊き上げなさるべき候。格別深夜に及びお帰村なされ候わば、洗米にてもお供えなさるべき候。

一、お礼勧請はご在所において鎮守の社又は何れにても至極清浄の地にお宮あるいは茅藁の類にて奉殿おしつらえ成され、ご信心にお祭りなさるべく候。尤(もっと)も穢どく(毒)の者、女人の立ち寄り候事堅く禁断なさるべく候。

一、稲荷社近くにお勧請決してご無用なさるべく候。

一、お礼ご返済の儀、拝借成され候月日まではお差し置きよかるべく候。右の月日相後(遅)れ申さざるよう、なお返進(※返上)なさるべく候。

右の通りお慎みご信心専一にご座候。この上、口上を以てお伝授申すべく候。以上。
  武州三峰山札所

 稲荷社の眷属「狐」と三峯社の眷属「山犬(狼)」の相性が悪いのが読み取れますが、それは置いて、ここに「茅・藁の類にて奉殿お設え」と書いてあります。

 再び『乙事の信心 山岳信仰』からの引用です。〔乙事の三峯神社〕の項には、「九十歳になる古老の話によると」として、以下の文が載っています。

 三峯神社の場所は略図に示した所で三峯の森と呼び、杉の大木が茂りその山中の道端近く丸太木を柱にした一坪ほどの片屋根造りを建て、屋根は青カヤで葺き建物の回りをカヤで囲った社(屋代)があった。その中に二十センチほどの厚さに束ねたお札が納められていたという。尚、御神体となるような祠や碑はなかったと話してくれた。 (抜粋)

 これで、富士見の三峯神社も古態ではカヤで囲われた「お仮屋」で、中に「御眷属拝借之牘」が納められていたことがわかりました。案内板の通りでした。

 参考として、明治39年出版の石倉重継著『三峯山誌』にある〔御眷属拝借心得書〕の一部を挙げてみました。国立国会図書館『近代デジタルライブラリー』から転載したものです。

一、御在所へ御帰着被成(なされ)候はゝ(そうらわば)、早速假宮(かりみや)(清浄なる地にて御自分持の山林又は庭中小高き所或は鎮守の境内等へ木材、茅、藁の類にて御造営) へ御勧請なされ、注連縄を張り御酒御饌(みきごせん)(是は洗米にてよろし)を土器(かわらけ)に盛り御献備(ごけんび)、不潔の者立寄(たちよら)せぬよう御注意なされ、御祭り御信心の誠を被致可(いたさるべき)事。

武蔵国秩父郡大瀧村大字三峯 三峯神社々務所 

 ここでは「社務所」になっていますが、お仮屋は「木・茅・藁」で造営することを指導しています。

茅(藁)のお仮屋・板のお仮屋・杉葉のお仮屋

今橋の三峯社
諏訪市神宮寺今橋の三峯社

 『御眷属拝借心得書』を読んで、一気に、諏訪市今橋地区にある「お小屋がけ」が何であるのかを理解しました。小屋掛の「茅の祠」は、講の代参で持ち帰った「御眷属拝借の札」を納める「お仮屋」でした。
 御眷属拝借とお仮屋の関係がわかったので、改めて諏訪地方の三峯社を振り返ってみました。圧倒的に多いのが茅製で、次いでワラ・板と続きます。

諏訪市上金子の三峯社
諏訪市上金子の三峯社

 板で作られた三峯社で、前には御簾(みす)が下がっています。御眷属拝借之牘はなく、通常の幣帛が安置してありました。三峯講が解散して久しいのでしょう。三峯の名は忘れられ、「かっては藁屋根だった」と伝えられているのみです。


茅野市坂室の三峯社
茅野市坂室公園の三峯社

 その他に、石祠や板祠を茅を覆ったものがあります。本体を耐久性のあるものにし、お仮屋を覆屋の形で残して存続させているのでしょう。


塩尻市熊井の三峯社
塩尻市熊井の三峯社

 諏訪圏外では、塩尻市の三峯社は杉葉で囲い、松本市や伊那市では、杉葉で囲った前面にスダレが掛かっていました。
 お仮屋として祠または覆屋を毎年作り替えるのは共通していますが、材料や形態には地域性が見られます。



‖サイト内リンク‖ 三峯社のお仮屋「お小屋がけ」