諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

みみづか様(御社宮司社) 塩尻市小野神社 23.3.26

 信濃国二之宮「小野神社(矢彦神社)」から、霧訪山(きりとうやま)の麓まで足を延ばしました。ものの本に、「ミシャグジを祀る祝神が点在している」とあったからです。風に乗って舞ってくる雪粒が寒さを倍加している日でしたが、「石棒」見物への興味がそれを凌ぎました。

 周囲は畑という農道に白い標柱があります。縄文中期とある「堂の入住居跡」を読んでから、スタート地点と決めた小尾根の右端に向かいました。「十王堂」に近接した墓地に注連掛鳥居があります。お墓と鳥居の組み合わせに不審を持って観察すると、昭和の建立とあって銀色の名前が読み取れる墓碑がありました。「本名+刀自・翁・大人・大人命」ですから、神式です。小野神社の旧祝職に繋がる墓所としましたが、あくまで推測の範囲を超えません。

みみづか・耳塚

 山際を沿う林道を伝うと、下方に、白い標柱から史跡の類とわかる何かがあるのに気がつきました。近づくと、道の直下に小さな垣と鳥居があります。境内の境もないような個人の神社ですが、それでも、その直近を避けた場所から斜面を下ってその前に立ちました。

石神(社宮寺)
神体の石棒は縄文中期(今から三〜四千年前)のもの。昔は耳塚様といって耳病に霊験があると信仰が厚く、お椀の底へ穴をあけて柵などにつるしてあるのが見られたが今はない。
北小野地区誌編纂委員会『北小野地区誌』の“古写真”では「社宮司」

 憑(たのめ)史談会が設置した「案内柱」の簡単な説明ですが、異邦の地とあって大助かりでした。

みみづか様のお椀 「今はない」とありますが、「平成23年の世」でも「お椀」がしっかりと吊されています。古椀を挟んで、赤と蓋付きの黒いお椀が空を映していました。快癒を祈った三人の奉納者か・改善が見られない一人が連続して願掛けしたのか、そこまではわかりませんが、諏訪では見られない異形の光景にため息が出ました。

みみづか様の石棒 その玉垣内にあるのが「これが石棒だ!!」です。コンクリートの台座で固定されているので、やや趣を異にしていますが、祠が無いので正に「石神」を実感します。
 “露出”している部分の長さは50センチ前後でしょうか。ザックにはメジャーがありますが、さすがに測ることはできませんでした。左の石棒は「縄文時代の石棒」に間違いないと思いますが、小型の方は出っ張りがあるので、たまたま見つけたものをここに奉納したように見えました。
 この地続きの林の中には石祠が二棟散在しています。この地に初めて鍬を入れた先祖を祀る祝神でしょうか。畑を挟んで下方に望める小野・矢彦神社のこんもりした社叢を眺めると、「石棒→御社宮司→小野・矢彦神社」と繋がる縄文時代からの人々の営みが見えてくるような気がしました。

 後日、「測らせてもらいます」と断ってから、メジャーの先端を延ばしました。目測と違い「41センチ」と結果が出ましたが、台座にどの程度埋まっているのかわからないので全長は不明のままです。資料も「長さ凡そ二尺・巾六、七寸」と正確ではありませんでした。

 神戸千之著『信濃国二之宮小野神社』に「立石の信仰と憑(たのめ)の里」の章があります。

(前略) 川鳥川上流の御佐口神は、小野氏の所有で、上の原縄文中期遺跡の付近で、大場磐雄先生の発掘の堂廻加曽利E式竪穴住居趾もこの付近とされていて、土器類の出土が多い。洪積台地で、上の原台地を一望に見渡す山麓があり、往古この付近を東山道が通り、会地の関所があったと古書にある。祭祀の場所は「乾」(西北又は西北西)で、丈一メートルに及ぶ大石棒で周囲に柵をめぐらし、鳥居がある。みみづか様とも呼ばれている。

 ネットで検索すると、「耳の病と椀の関係」は各地にありました。大別すると「治癒を願って奉納」と「治癒した御礼に奉納」に分けられます。「神それぞれ」なので異を唱えられませんが、やはり、「治癒を願って穴をあけたお椀を奉納」が正統でしょうか。
 快気したお礼として「謝礼金」が伴えば良いのですが、穴あきのお椀だけを「お礼」として持ち込まれても神様(神社の管理者)は迷惑するだけです。いずれにしても、“その心は”「耳が良く通じるように」ということですから、昔の人はお椀を耳になぞらえていたと考えることができます。