諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

宮久保 御崎神社のお腰掛 山梨県韮崎市穂坂町 21.5.13

お腰掛 現在でも全国各地に大神神社とか諏訪大社などのように本殿をもたない神社があるが、市内においても「山神社・神明神社・大六天社」などは「お腰掛」と称して木の枠組だけであり、その他にも大石だけで本殿のない神社があるが、これらはみな古い祭祀跡の名残かそれにまつわる信仰からであろう。
韮崎市誌編纂専門委員会編『韮崎市誌』から抜粋
宮久保 御崎神社

 地図にあった宮久保の「御崎神社」は見つかりました。「御崎」から「お稲荷さん」を予想していましたが、その通りとなりました。しかし、お腰掛が見当たりません。
 考えてみれば、御崎神社には小型ながら凝った造りの本殿があるのでお腰掛は必要ありません。こういうときは「神頼み」しかありませんが、目の前は(どうしても躊躇してしまう)「お稲荷さん」です。まずは自助努力をすべきと周囲をウロウロするうちに、神社脇から下っている小道に気がつきました。試しに踏み込んでみると、境内と言うには離れすぎた場所に目的の物がありました。

宮久保御崎神社「お腰掛」 御崎神社の境内社に「山神社・天神社・蚕玉社」とありますから、山神社の「お腰掛」でしょうか。しかし、本殿裏の急斜面に隠れているような場所です。
 私は上の車道から来たので「このお腰掛は人目に触れさせない」と考えました。しかし、本来はこの細道が御崎神社への参道だったのかもしれません。

 参考にしたBlog『知ってるけー、村の鎮守』の写真にある、湯釜を設置した杭が三本ありました(写真右)。ここのお腰掛は朽ちかけていますが、まだ現役です。しかし、「この柱が倒れる時が神事が廃絶する時」と考えると、木漏れ日もない全くの日影と相まって一層オドロオドロしたものを感じました。

 シリーズとして、韮崎市穂坂町の一部だけにある「お腰掛」を見つめてきました。諏訪の「御柱」と同じ他に類例がない「木枠」ですが、今のところ『韮崎市誌』に載っている以上のことはわかりません。