諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

小野神社の「御鉾様」 塩尻市小野神社 23.3.26

 信濃国二之宮「小野神社」の参道入口にある案内板から、関係する部分を抜き書きしました。

 市有形文化財 小野神社の鐸鉾(神代鉾)
 小野神社の鐸鉾(さなぎほこ)は、古くから祭事に使われたとの言い伝えがあるがどのように祭事に使われたかは不明である。
(中略)
 境内本殿に向かって左方に藤池と呼ばれる御手洗池があり、そのかたわらの玉垣内に「御鉾様(おぼこさま)」といわれる石があり、神聖の場として足を踏み入れてはならない磐座となっている。この石は方形で中央に孔があいているが、おそらくこの石に鉾を立て、祭儀のとき神霊を招き降ろした重要な磐座であり、この祭儀に神の依り代として使用した神器ではないかと考えられている。
塩尻市教育委員会 
御鉾様

 上写真の瑞垣が、案内板にある「御鉾社」です。因みに、左側の祠が「水神社」で、右が「風神社」です。

御鉾 落ち葉と雪に埋もれている御鉾様です。塩尻市教育委員会では「方形で中央に孔があいている」としているので、下の基台状のものが「御鉾様」になります。その上に載っている丸石は、孔との隙間がピッタリな寸法なので、蓋石ということになります。
 この時は「小野神社の根本に繋がる石造物かもしれない」と興味津々でしたが、案内板の解説がすべてという現状では、「これが御鉾様か」とうなずくしかありませんでした。

 先入観をリセットした状態で、「これは何だ」と訊かれれば、私は「灯籠の笠」と答えるでしょう。上にある石をセット品と考えれば、正に宝珠と笠の関係だからです。
横から見た「御鉾様」 こうなると、「この石(孔)に鉾を立て」との説明も、(この孔では大きすぎて)鐸鉾の柄径では傾いて今にも外れそうという姿しか浮かんできません。
 「木製の受け台をはめ込む」という手もありますが、初めから鐸鉾の柄に合わせた孔を作るのが自然です。「ああ、そうですか」と素直に読み流せない私としては、そう考えるしかありません。

御鉾様・御鉾社 23.5.11

 北小野地区誌編纂会『北小野地区誌』に、「御社凌(陵)」として解説がありました。

 一名 御鉾社・御剱社 祭神 素盛嗚命
(前略) 古来から御社凌であると言い伝えられている。昔建御名方命が御高祖素盛嗚命の御遺骸を御移し申し上げて、此の地に葬り奉った所であると伝えられている。石で造られている墓標のようなものがあって、大昔の遺跡であると伝えられており、この神凌に触れる者はたちまち神罰を受けると戒め合って、柵を巡らして近づかないようにしている。(後略)

 言い伝えでは「お墓または遺跡」ということですが、最後の部分に、案内板にある「おそらく…考えられている」の件(くだり)が載っていました。

 また昭和三二年大場(磐雄)博士は現地を視察して、「御鉾社は社叢の中央に位置していて、往時に神事を行う折にこの丸形の石の上に鐸鉾を立てて儀式を行った中心地であると思われる。」と述べられている。
t御鉾
小野神社の鐸鉾(神代鉾)

 ここでは、孔ではなく「祭祀者は、丸石の上に(固定できないので)鉾柄を置いて」と読めます。博士の見解をどう捉えて表現したかで大きな違いが出たことになりますが、どちらが正しいのか…。しかし、私の結論(見解)は「どう見ても灯籠の笠石」ですから、それに至るまでの歴史を自分なりに考えてみました。
 小野神社を分割する際に、矢彦神社に「若宮八幡社・御佐口神の石棒」を譲渡し「神代鉾一本」を別け与えたとあります。この中の「御左口神」に注目しました。
 小野神社創成に関わる神と思われますが、すでに人格神(建御名方命など)が全盛の時代ですから(必要ないと)手放したのでしょう。この石棒が、現在の御鉾様の瑞垣内に祀られていたに違いありません。

 ここで、御鉾様には不敬にも当たる大胆な変遷を挙げてみました。

御佐口神が現在地に祀られていた。
↓ 神体の石棒を譲渡した。
↓ 旧跡地である覚えに(たまたまあった)灯籠の笠石を置いた。
↓ 長い年月で埋もれた。
↓ 記録や伝承がないので、磐座と見るようになった。
穴が開いているので鉾を立てたと考えた。

 私とすれば「気に入った流れ」になりましたが、「灯籠の笠石」と決めつけたことで、「不敬罪に処す」と祟られてしまうのではないかと心配になりました。しかし、御佐口神の存在をアピールしたことで“帳消しになる”と都合よく考え、これで「まとめ」としました。


‖サイト内リンク‖ 小野神社の「藤池」