諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

大高日神社 下伊那郡松川町 21.4.12

 「諏訪形神社はどこだ」と上片桐駅前でウロウロしていたら、近くで花火の音が聞こえました。前の高台が神社らしいと検討をつけていたので、今日の“日柄”から「例祭」に間違いないと早速駆け付けました。

大高日神社例祭 次の花火は「宝投げ」の合図でした。目の前で「大騒ぎ・大混乱」が始まりましたが、これもウロウロしているうちに終わってしまいました。氏子の取り分が減らなくてよかった、とは“負け惜しみ”で、やはり損した気分です。神社を巡る者としては、せめて餅一枚でも、と自分の消極的さを悔いました。

大高日神社 4月上旬の日曜日は各地でお祭りがあります。今日は、結果としてですが、三社目の例祭日に立ち会うことができました。神社巡りにとって、この日は、神様からの“贈り物”拝殿の“開放”があります。普段は閉じられていますから、扉の「仕様」によっては全く見ることができない場合もあります。
 (この時点では諏訪形神社と思い込んでいた)大高日神社では、本殿の御扉はすでに閉められていましたが、フルオープンの拝殿正面から本殿を撮ることができました。3部屋の相殿ですから三柱合祀とわかりますが、祭神名はわかりません。

大高日神社拝殿 拝殿の横に回りますが、本殿前部がすっぽり囲われているので彫刻などは見ることはできませんでした。
 社務所内の机には、すでに料理が並べられて直会の準備ができています。片付けが残っている役員は、それを前にしての「お預け」ですから、屋台の片付け方の手際よさに早さが加わっています。
 その中でも一番“閑そうな”一人を指名して、「御射山神社」の場所を尋ねました。見かけだけではなく実際に手空きのようで、境内前の道まで出て、「御柱がある」などと詳しい話も聞くことができました。
 その中で、何か話が噛み合わないので確認すると、ここは「諏訪形神社」ではなく「大高日神社」でした。慌てて駆け付けたので、社標や鳥居の掲額を確認しなかったのが思い込みの原因でした。住所も、三社とも「上片桐」ですから無理もありませんでした。諏訪形神社は広域農道沿い、と改めて教えてもらいました。