諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

佐支多神社 島根県出雲市斐川町庄原 20.5.17

 『出雲国風土記』に載る佐支多社(さきたのやしろ)は、未だにその鎮座地を不明としています。ここでは、明治期に「佐支多神社」と改称した諏訪神社を、便宜上「佐支多神社」と表記しています。

 駐車場が見当たらないので、佐支多(さきた)神社入口の空地を借用しました。面白いスペースで、大きなカーブの内側がそっくり空いています。神社側以外はすべて縁石で囲われていますから、“緊急避難”なら「佐支多神社の駐車場に使ってもいいよ」ということでしょうか。しかし、そこにポツンと立つ、ブロックで囲われた古い石祠の存在が気になります。「祟りを恐れて道を大きく迂回したのでは」とも思ってしまいました。

 入口に、案内石柱「斐川町田園博物館」があります。この辺りの神社でも同一規格のものがありましたから、斐川町が何かの意図の元に設置したのでしょう。読むと、「主祭神は建御名方神で、出雲では当社の祭神として、五穀豊穣を祈る神として崇敬されている」と貧内容ですが、境内には神社縁起がなかったので、結果として、これが由緒のすべてとなりました。

 参道の両側が民家なので、路地の奥にひっそりと鎮座していた、というのが佐支多神社の第一印象でした。

佐支多神社

 管理者がいるのでしょうか、扉が開放されている拝殿内をのぞくと、「伊勢宮」と「佐支多社」の額が掛かっています。本殿前の定紋幕と社旗は、学頭諏訪神社と同じ「二重亀甲に鷹の羽」が染め抜かれていました。

額束「御射山」 すでに5時半を過ぎていますから、ゆっくりはできません。まずは本殿の写真を、と境内の奥へ進むと、赤い鳥居のお稲荷さんが現れました。『出雲国風土記』にも出てくる古社に「なぜ」という展開ですが、これは地元の都合ですからとやかくは言えません。
 額束を見上げると…、出ました「御射山(みさやま)」が! 地図上にしかなかった地名を「御射山稲荷大神」に見つけました。実は、佐支多神社の祭神には失礼に当たりますが、ここへ来たのは「御射山」が目的でした。佐支多神社があるので立ち寄ったのですが、古社よりお稲荷さんの方に注目してしまう結果となりました。

佐支多神社本殿
手前は、前出の「御射山稲荷社」

 改めて本殿の側方を見上げると、蟇股に彩色された花鳥の彫刻がありました。
 その視線を下方に移すと、床柱に鬼板が立て掛けられています。屋根の勾配から、木製が本殿で石製が拝殿に使われていたものと考えてみました。改築時に不要になったものを、展示を兼ねて置いたのでしょう。

佐支多神社境内社 文化元年(1804)の燈籠や社日を見ながら境内奥に進むと、引退した弘化二年(1845)生まれの狛犬がいました。シルバーでも、「まだまだ境内社くらいは守れる」といったところでしょうか。竹林をバックにした境内社を左右から見守っています。

 佐支多神社の参拝を済ませ、「さあ帰ろうか」と車を駐めた神社入口に向かいました。ところが、今歩いている参道の続きと思われる道が、広い道を挟んでさらに延びています。

佐支多神社 その先を目で追うと、鳥居が小さく望めました。それが佐支多神社の鳥居なら、かなり長い参道となります。周囲の景観から、佐支多神社の参道が新道にカットされたことが想像できました。
 最近は必ず表参道の鳥居をくぐることにしていますから、その鳥居が一ノ鳥居なのかを確認することにしました。

 鳥居をくぐる前から、その先へ続くはずの黒い舗装が切ったように消滅しているのが見えます。その境には草が生えていますが、舗装した道が地中から湧き出たかのように再び彼方の山際まで続いています。「ここで行き止まりとはおかしい」と思いながらアスファルトの縁に立つと、何と、見下ろした底に茶色の砕石とレールが…。
 右側を見ると、線路敷きの法(のり)面に沿って下に降りる小道があります。最近は踏切以外の線路を渡ったことがないので、何か罪悪感を感じながらレールを跨ぎました。今度は左へ登る道をたどると、先ほど見えた山まで続く道のスタート位置に立ちました。「どこまで続くのだろう」とその先に向かうと、終点は前に山が立ちはだかったT字路でした。

反対側から見た佐支多神社
突き当たりから佐支多神社を振り返る(上に電車の架線)

 突き当たってから山を背にして振り返ると、当然ながら、一ノ鳥居の枠内に二ノ鳥居と佐支多神社が小さく望めました。
 もうこのままでは帰れません。少しでも詳しい情報を、と見回すと、草刈をしているお年寄りがいます。訊くと、この道沿いの住人でした。

 佐支多神社周辺は、国土地理院の地図では「御射山」と表記しています。その場所を自分の目で見るのが出雲へ来た目的の一つだったので、御射山の住人が登場したのは願ったり叶ったりでした。
 「鉄道が通るので参道を掘り割ったと聞いている。(御射山は)初めは6軒だったが今は12軒に増えた。公民館は『御射山』の名がついているが、自治会は『荘原』で、今では御射山の名は使われない。参道を挟んだ左右が御射山地区」と話してくれました。
 念のために、突き当たりとなった「山の向こうは」と尋ねると、何と「諏訪神社」と言います。「頂上に古墳があったが今はどうなっているか」と、私にとっては追い風とも言える大いなる興味を提供してくれました。登る道があると聞いたので、丁重(ていちょう)に礼を言って別れました。

分断された御射山社の参道
線路敷の堀割上から佐支多神社

 いったん線路際まで戻ると、タイミング良く遠くに警笛が聞こえ踏切の警報音が鳴り始めました。もう待ちきれない、と諦めかけた時に撮ったのがこの写真です。
 構図を決め、置きピンとシャッターのタイムラグを計算しながら、音の変化とわずかな視野を横切る電車に向けてシャッターを押しました。やや力が入って狙ったフレームが下がってしまいましたが、それでも鳥居の全景をギリギリながら収めることができました。

 シイタケのホダ木も置かれた普通の山道でしたが、それが踏み跡に変わり、今は人間が歩いた痕跡がまったくない藪漕ぎとなりました。ちょっとした小山ですから強引にピークを目指しました。高みを二つばかり越すと、「なーんだ」という、先ほどまでいた神庭諏訪神社の境内に飛び出てしまいました。

佐支多神社古道 この写真は、佐支多神社へ行く前に参拝した神庭(かんば)諏訪神社の境内奥にあった「古道・神庭塚神」とある道です。この時は道が途絶えていたので引き返したのですが、その古道を佐支多神社(写真では奥)から登って来たことになりました。
 佐支多神社へは、「左だ右だ」と言われるがままの方向感覚を必要としないカーナビ任せだったので、両神社がこれほど近接しているとは思いも寄りませんでした。

石祠
後に、「塚大神」と判明

 諏訪神社の裏参道を経由して戻ると、冒頭に挙げた「謎の石祠」が残照に染まっていました。
 あと10分で7時という時間を確認してから「あっちが西になるんだ」と夕陽の源を見つめると、未だに馴染めない“縦長の石祠”の存在が、「ここは(長野県)諏訪ではないんだ」との想いを増長させます。
 しかし、徐々にモノトーンに変わる異国の空は、非日常の「今夜はどこで車中泊か」という不安に重なります。それを振り切って佐支多神社へ戻ると、境内と隣り合わせで「御射山自治会館(公民館)」がありました。自治会は「荘原」と聞いていましたから、「御射山」の名が残っていることに安堵しました。

 翌日登った大黒山から、御射山付近を撮ってみました。

斐川町御射山

 右上の  内が佐支多神社の本殿です。断っておきますが、御射山は地区名であって山の名前ではありません。

「御射山」とは

 斐川町図書館で、石塚尊俊著『出雲国神社史の研究』を見つけました。この中に〔『雲陽誌』に見る勧請神社の研究(諏訪明神)〕があったので、諏訪神社分だけを抜粋して転載しました。
 「御射山」については、「御射山とは…」で説明しているので頭に入れてください。

上荘原の諏訪明神 諏訪明神として注目すべき社に、いま一社、出雲郡上庄原の諏訪明神がある。ここでは明治以来これを「風土記」にいう佐支多社(さきたのやしろ)であるとしたため、今では表面上諏訪色は覗えないことになっているが、それでいてこの社を俗に「御射山さん」という慣行は残している。
 御射山とは諏訪の本宮(現諏訪大社)上社の東南方三里ばかりの所にある御狩場の称で、そこに今では御射山神社と称する摂社がある。往時はその広場で年々七月二十六日から三十日まで諸国の武将による弓技・相撲を主とする奉納行事が行われていた。
 そのためそれらの武将によってこの諏訪明神の信仰が広げられていったむきも少なくないといわれているが、この本宮にゆかりの深い「御射山」という言葉がここには残っている。残念ながらその経緯を伝える文書・記録などは少しもないが、ただ今でも参道の両側には馬場の地形が残っていて、そこで弓引き神事を行ったという話は伝えられている。
 こういうわけで、『雲陽誌』に見る諏方明神には、その勧請伝承にも、また神事地名等の面にも本宮との繋がりがかなり顕著に残っている。そこでこれらを総合すると、出雲における諏訪神の勧請は、結局南北朝の末ごろから来住し出した武将によって行われだし、そして武将が勢いを得、いわゆる国衆化することによっていよいよ盛んになったものと考えることができよう。(略)

 「御射山」については、地名が残るのみと書いています。しかし、古道を歩いた私は、社殿と参道の向きから、「諏訪大社−御射山社」を「神庭諏訪神社−佐支多神社」に当てはめることができると考えました。この詳細については、別稿『佐支多社と諏訪明神』としたので最下段のリンクで御覧ください。

佐支多神社の「馬場」

 ここに「今でも馬場の地形が残っている」とあるので、航空写真で確認することにしました。

御射山・佐支多神社 『GoogleMap』では新しすぎます。国土交通省『国土画像情報』から、私が歩いた「古道」がハッキリと確認できる昭和22年撮影の航空写真を用意しました。
 初めは、山際まで続く参道を「佐支多神社の流鏑馬(やぶさめ)馬場」と考えました。馬場の一般的な長さは120間(218m)ですから、それが十分入る直線距離だったからです。
 しかし、「参道の両側・地形」とあるので、「笠懸馬場や犬射馬場とすべき」と考え直しました。ここでは、航空写真では異形にも見える部分を、「馬場推定地」として地図に表記してみました。

弓原 その後、ネットで昭和初期の地図を得ました。
 改めて眺めると、…「御射山」がありません。また、「前原」の代わりに「弓原」があります。「弓」が間違いなのか、その後に「前」に変わったのか、当惑するばかりです。「弓原」なら「弓引き神事」に繋がり、馬場もこの辺りと推定できるのですが…。


‖サイト内リンク‖ 『佐支多社と諏訪明神』