諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

松本市島立の三峯社 松本市島立 26.10.10

神明社の三峯社 旧島立村※『信府統記』の表記

上波田の三峯社

上波田の三峯社 予期していなかったので、三峯社が突然出現したことに驚きました。
 今は、旧村社「神明神社」の境内社という位置に落ち着いていますが、かつてはどこに鎮座していたのでしょうか。
 一見、左右から杉葉を押し込んだように見えますが、…多分その通りでしょう。地区によって様々な形態がありますが、いずれも“基本”を押さえてあるのが憎い(面白い)…。

御乳神社の三峯社 旧北栗林村

三峯社の「お仮屋」

三峯社の「お仮屋」 杉葉で葺いたトタン屋根に、周囲が樹脂の薄板という社(やしろ)です。
 御簾の素材であるカヤの隙間を透かしたら、ブックケース状の木箱から赤い水引らしきものが覗いていました。この木箱が、御札を風雨から守る役目もありますが、『波田町誌』で読んでいた「厨子」と思われます。波田町(松本市波田)では、厨子に御札を入れて代参したとありました。