諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

神明神社の「お腰掛」 山梨県韮崎市穂坂町三ツ沢 21.5.13

 ネットで「韮崎市/神社」のキーワードで検索したところ、Blog『知ってるけ〜、村の鎮守』に、標題の「お腰掛」を見つけました。諏訪の「御柱」も見方によっては怪しげな柱ですが、それを見慣れている私でも、その奇怪な形に目を見張りました。

 韮崎市誌編集委員会『韮崎市誌 下巻』にある〔祭りの庭〕には、以下のように書かれています。

(前略) 現在でも全国各地に大神神社とか諏訪大社などのように本殿をもたない神社があるが、市内においても「山神社・神明神社・大六天社」などは「お腰掛」と称して木の枠組だけであり、その他にも大石だけで本殿のない神社があるが、これらはみな古い祭祀跡の名残かそれにまつわる信仰からであろう。

三ツ沢神明神社のお腰掛

三ツ沢神明神社のお腰掛

 これが、旧三ツ沢村の神明神社です。拝殿の左側が正面に当たるので、本殿の代わりがお腰掛とわかります。

三ツ沢神明神社のお腰掛 上写真では奥に当たる左側から撮ったお腰掛です。枠の造りは、これは写真を見てもらう方が手っ取り早いでしょうか。
 御柱と違い貫で堅固に組んでありますから、朽ちるまでこの姿が続くと思われます。

神明神社のお腰掛 木枠の中央に、石棒と言うより縦長の石が三本ほど寄り添うように立っていますが、これが本来の姿なのかはわかりません。枠で囲う意味を考えると、土または地面を御神体と考えたほうが合理的だからです。いずれにしても、初めて見たこの景観には圧倒されました。

神明神社跡 同じ道を戻ると、往時とは目線が逆になったせいか、道脇に怪しげな石が並んでいることに気が付きました。神明神社からは、100mほど離れた樹下です。
 この写真では最奥の黒い碑に彫られた「神明神社」から、ここが「神明神社の旧跡地」と気が付きました。

 前出の『韮崎市誌』にある〔神明神社〕を転載しました。

 明治になって社名を(神明神社に)変更したが、もとは社宮神といい、村明細帳には年により山宮神、生宮神、または社記には斉宮神などと書かれている。
 『甲斐国志』によると「一、社宮神 社記曰く。土の祖埴安姫を祀る。祠なし。社地に大なる枠を置きて御腰掛と称す。祭日は八朔なり。田面の祭りと言う。神子神楽あり」とある。

 参拝時の状況から、神明神社を社宮神(社)に遷して(から)社名を変更したことがわかります。国の指針で村社として登録する際に、社宮神(ミシャグジ)より天照大御神のほうが受理されやすいと考えたのでしょう。


‖サイト内リンク‖ 「上今井山神社のお腰掛」