諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

『佐久郡其儘草』に見る「新海三社神社」 30.11.21

新海三社神社の祭神

 これまでの経緯から、新海三社神社の祭神は「建御名方命・事代主命・誉田別命」の三柱とわかりました。

新海三社神社「中・西本社」
西本社space中本社

 この写真は、秋季例祭時に開扉された、その三柱を祀る本殿です。

『佐久郡其儘草』

 長野県『信州デジくら』で、睡心亭小宮山五丈 編『佐久郡其儘草(さくぐんしままそう)写』を公開しています。二巻にある〔田野口村新海神社之部〕に目を通すと、…これが大ヒット。
 ところが、私が必要とする奥書がありません。この書は当時の史資料を“其儘(そのまま)”書き写したもの(の写本)ですから、校了した年月日は不要と考えたのかもしれません。しかたなく、神宮寺住職や小諸城代官の歴代リストから最新の就任年を拾い、「弘化二年(1845)以降の作」と割り出しました。

〔新海三社大明神神系図伝略〕

神社 冒頭にある、新海三社神社祭神の系図です。わかりにくいので「大己貴命−建御名方命−興波岐命」と要約しました。
 興波岐命については、別個に「親宮 興波岐命…」と書いています。内を読むと、「親宮を興波岐命也と伝え玉うは誤りならんや、按に此は大己貴命にしてよからん、後の人考え玉え」とありました。
 これを読んだばかりに「後の人」に指名された格好になった私ですが、逃げずに受けることにしました。といっても、「その通り」と賛同しただけですが…。
 と言うのも、「親宮・大家宮・大宮代(おおみやしろ)」をそのままに受ければ、「親・出雲大社(おおやしろ)」から、その祭神を大己貴命(大国主命)としたほうが馴染むからです。

〔新海明神祭日〕

英多神社 中世の諏訪神社上社(現諏訪大社上社)では、3月の初午日から13日間に渡って春祭が行われました。その中日の酉の日に大御立座(おおみたちまし)神事があり、外県と内県の巡幸が行われました。現在は、この日が「御頭祭」として続いています。
 新海三社神社でも、名称は異なりますが同じような祭事が行われたことが想像できます。左図では、酉の日の「中ノ祭」でしょうか。当月は現在の暦では四月に相当するので、新海三社神社公式サイトで〔主な年中行事〕を参照すると、四月第二日曜日の「春祭」がありました。因みに、御射山祭は7月23日に行われています。

〔三月寅日大祭馬乗之別〕

 〔新海明神祭日〕にある「寅日寅時祭」が、この「寅日大祭」に相当すると思われます。


 馬に乗った各宮の行列が笛太鼓を奏上しながら臨幸し、再び各宮に戻ったことがわかります。

東宮−上ノ仮殿へ臨幸−東宮
中宮−下ノ仮殿へ臨幸−中宮
西宮−岩村田若宮へ臨幸−西宮

 西宮は、祭神が誉田別命ですから佐久市岩村田の若宮八幡神社へ臨幸したことがわかります。しかし、上・下の「仮殿」は御旅所と想像できますが、どの地に造られたのかは不明です。

〔新海三社他へ御順臨幸之事〕

 ここで、前出三宮の祭神が、

 東宮−建御名方命
 中宮−事代主命
 西宮−誉田別命

と確定しました。また、「東宮が春日村・中宮が志賀村」に仮屋を造り、その道中で各村を巡幸したことがわかります。
 この順臨幸は、諏訪神社(現諏訪大社)上社の「大県(あがた)・内県・外県巡幸」と酷似しています。諏訪神社では早くに廃れましたが、佐久の地では明治維新まで続いていたことは間違いないでしょう。

 改めてまとめると、「東本社や興波岐命」が登場しないこの形態が、新海三社神社の正しい由緒ということになります。