諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

新海三社神社の「御魂代石」 佐久市田口 30.9.25

新海三社神社の御魂代石 中本社と西本社の間に「御魂代石(みたましろいし)」とある不思議な石造物があり、「静かな時に耳を当てると、諏訪湖の波の音が聞こえる」と説明があります。
 伝承はともかく、両脇に本殿があるのに「なぜここに“御魂代”石?」と思ってしまいます。そうなると、格子の間に見えるのは何かの尻尾(しっぽ)ですから、御魂代石は(参拝者ではなく)その向こうの何かに向かって立っているのではと考えてしまいます。

新海三社神社と御魂代石 上壇の縁(へり)から、その正面を撮ってみました。ご覧のように龍が向き合い、その下に「延文三年(1358)戌三月十二日」と、花を挿した壺()が一対陰刻されています。
 総合的に見れば、境内案内絵図の左右端に「西花立(山)・東花立(山)」があるので、龍がその上空から「延文…」を見下ろしている図と言えます。しかし、この場所に“製造年月日”があるのは不自然です。
 それを「後に彫り加えた」とすれば、龍が新海三社神社を見守っている景となります。しかし、「延文…」が、この日に行われた重要な行事を記念(記録)したものである可能性もあります。

新海三社神社の薙鎌

薙鎌
「田之口村新海社神宝薙鎌」

 ネットで史料を探す中で、新海三社神社に「薙鎌(なぎがま)」があることを知りました。左はその拓本ですが、御魂代石の龍に似ているのを見てふと思い浮かびました。「この薙鎌を石に彫って奉納した」と。
 しかし、これも説得力に欠けますから、このような史料があるという紹介に代えました。

御魂代石は石幢なのか

 臼田町文化財調査委員会『臼田町の文化財』の〔御魂代石〕に、「かつて専門家が調査して、これを石幢とし、龕部が失われたと説明したが、幢身・笠のつりあいからみて、必ずしも龕があったとする必要はない」とあります。

新海三社神社「東本社と石幢」
三重塔を背にする東本社と石幢

 しかし、写真のように、今も境内に六地蔵石幢が立つ新海三社神社ですから、御魂代石が石幢であったとしてもおかしくありません。
 そうは言っても、笠と幢身の合わせ面に龕があった痕跡はありません。それでも「やっぱり石幢に見える」私は、「石幢の龕部が壊れたため、笠と幢身を整形して重ね龍の彫刻を施した」と折衷案をひねり出してみました。また、「その時は名称と目的があって奉納した石造物だったが、年月が重なるとそれも忘れ去られ、特異な形状から“御魂代石”となってしまった」と、現在までの経緯も考えてみました(果たして…)。

耳を澄ませば…

御魂代石 御魂代石は基台が失われているので、中が刳り抜かれていることを窺わせる破断面が見えます。この形状なら、風向きによっては、大きく割れた部分から共鳴音が発するかもしれません。単なる伝承で片付けることもできる「諏訪湖の波の音」ですが、理屈をこねてその可能性を考えてみました。

『信濃奇勝録』に出る「御魂代石」

 前出の〔御魂代石〕は、参考として『信濃奇勝録拾遺』を挙げています。ここでは、小平雪人編の同書から転載してみました。

龍石
田野口新海明神ハ両社並び立てり、一社ハ諏訪上下の神を相殿に祭り、一社ハ八幡宮なり、両社の間に石を立て龍石と名づくる物あり、胴石の間を穿(うが)ちて笠石を覆ふ、左右より二龍の向ひし形を彫りて後背に延文三年三月十二日の年号あり、古昔誓書等を納めしものと言伝ふ図あり畧記

 ここでは、中本社「建御名方命/事代主命」・西本社「誉田別命」という書き方です。これが新海三社神社本来の姿のように思えてきましたが、御魂代石からは外れるので以下に続けます。

御魂代石
明治33年『信濃宝鑑』〔郷社 新海三社神社の景(部分)〕

 左図のように、御魂代石は「別の場所から移された」と考えていましたが、これを読んで、幕末でも現在と同じ場所にあることがわかりました。
 また、この中で見逃せないのが「後背に延文…」と続く文言です。当時も“尻尾”が正面と認識されていたことになります。私は「デザイン的には、これは逆ではないか」としたいのですが、著者の井出道貞さんは地元臼田町の神官とあって、この文には重みがあります。

 結局は、御魂代石の不思議さだけを洗い出し、勝手な空想話を付け加えただけという本稿となりました。


‖サイト内リンク‖ 新海三社神社「社殿の変遷」