諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

新海三社神社(7)〔新海三社神社とは〕 31.1.10

新海三社神社の“真実”

新海三社神社
明治初期現在

 新海三社神社の分社を巡拝する中で、以下の考えに至りました。

 その後に本社を参拝し、史資料や古絵図を眺める中で、

 これを“いきなり”読んだ人に、「さて、何のことやら」と困惑顔が広がるのが想像できます。しかし、「ちょっと待って下さい」ではありませんが、〔新海三社神社参拝記〕がシリーズ物になってしまった流れでは、自然と「これ」に行き着きます。

新海三社神社は、諏訪神社そのもの

新海三社神社
「東本社」(この場所には、明治初頭まで本地堂が建っていた)

 言うなれば、新海三社神社は諏訪神社そのものです。それが、至る所に諏訪色が見えるのに、諏訪神社ではなく「新海三社神社」を掲げています。真(まこと)に不思議と言うしかありません。

 シリーズのトップは、以下のリンクで御覧ください。


‖サイト内リンク‖ 新海三社神社(1)〔石の多宝塔〕