諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

浜村御社宮司社元宮 [浦太郎1]岡谷市湖畔 21.6.26

浜村御社宮司社元宮 岡谷市の「下浜御社宮司神社」を参拝しました。
 その際、神庫の裏に隠れるようにしてある大きな石祠に気が付きました。高い基壇の上にあり、注連掛鳥居と玉垣が造り付けられていますから、境内社の中でも別格です。屋根の大棟は幅102cm・基台を含めた全高は110cmと測定しました。

現在、神庫は取り壊され更地になっている。

御社宮司神社元社 その右前には、「濱むら御社宮司社元宮」とある黒御影石の社号標があります。
 「濱(浜)むら」は、ここから道三本隔てた隣が「下浜区民センター」・JRの線路を越した先にあるのが「上浜公民館」と知っていたので、上浜・下浜と分村する以前の呼称と考えました。

 次に注目したのは、「元宮」です。御社宮司(神)社の「元の宮」という意味ですから、左にある御社宮司神社の大きな本殿が造営されるまでは、この石祠が本殿だったということになります。この大きさですから、その資格は十本にあります。
御社宮司神社元社 改めて祠内を覗くと、古い幣帛があり、その軸に何か書いてあります。ズーム大にしたカメラのファインダーで確認すると、「浦太郎神社氏子(中)」と読めました。
 始めは「偶然に見かけた大きな石の祠」でした。しかし、その社号標を媒介とした何かが私をしっかり囚えたようで、今や、このまま立ち去ることができません。これを「祭神からお呼びがかかった」と考え、またの再訪を誓いました。

御社宮司社「元宮」

 季刊誌『諏訪 第六号』に、小口伊乙さんが寄稿した『御社宮司の研究』があります。抜粋して転載しました。

 土地の古老の伝えるところによれば現在の御社宮司社本殿のあたりにかって石祠があり、はじめいま小口を名乗る一族の神であったが部落の神となって其処から石祠は境内東北に移し、もとの位置に現在の本殿が建てられたものであるとする。このいい伝えは土地の旧家といわれている二、三の家の一致した伝えであるところから誤りはないものであろう。

 これで、この石祠が御社宮司社の旧本殿であったことが確定しました。

浦太郎社小まき

御社宮司神社元社 社号標の裏に「濱むら開創三百五十年祭記念」と彫られています。「平成六年…」とあるので、この年に、「浜村→上浜村・下浜村→小口村→平野村→岡谷市」という変遷で開村350年を迎えたことになります。また、祠にある「寛文七年(1667年・327年前)」から、開村から23年を経てこの石祠の造立が行われたことがわかります。
 その記念事業が「浦太郎社小まき中」の手で行われたことに注目しました。諏訪では、同族・一統を意味する「まき(巻・牧)」が氏神を「祝神(いわいじん)」と呼んで祀っている例が多くあります。ここでは「“小”まき」ですから、同じ氏神・浦太郎を祀っている巻の一つということでしょうか。
 その「浦太郎社」が大いに気になります。長野県には浦島太郎伝説で知られる「寝覚ノ床」がありますから、ここ諏訪湖畔に◯◯太郎伝説があっても不思議ではありません。

「浦・太郎」

 利根川の別称が「板東太郎」です。関東で長男格の川ということですが、その彼(川)に弟が二人いることを知っているでしょうか。それは自分で調べてもらうことにして、「諏訪湖最大の浜・浦」と「太郎」が結び付くのではないかとネットで検索してみました。
 「浦太郎」では「東家(あずまや)浦太郎」しかヒットしません。「子供の頃、彼の“ウナリ”をラジオでよく聞いた」と言うと私の年が知れますが、その子孫や“崇敬者”が岡谷市にいたという話はありません。一方、伊那には犬の「早太郎伝説」がありますから、動物の可能性もあります。しかし、図書館で伝説や民話の本をめくってみましたが、「諏訪湖の主が大ウナギ」というような話もなく収穫は0でした。
 「浜村創立」に関わる「由緒ある浦太郎」と思われますが、今は大いなる歴史の中に完全に埋没してしまったようです。それは、岡谷市でもこの辺りだけの極めて限定された「浦太郎」であったためと想像してみました。

 平成22年11月になって大きな進展がありました。「シリーズ物」になってしまったので、続きは以下のリンクでご覧下さい。


‖サイト内リンク‖ 古図にある小井川村の「浦野太郎神社」