諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

「浜村御社宮司社元宮」[浦太郎1]岡谷市湖畔 21.6.26

浜村御社宮司社元宮 岡谷市の「御社宮司神社」を参拝しました。境内の奥に幾つかの境内社がありますが、神庫の裏に隠れるようにして大きな石祠があるのに気が付きました。高い基壇の上に注連掛鳥居と玉垣が「造り付け」られていますから、境内社の中でも別格です。屋根の大棟は幅102cm・基台を含めた全高は110cmありました。

大正年間に「御社宮司社」を「御社宮司神社」と改称。

御社宮司神社元社  その右前に「濱むら御社宮司社元宮」とある黒御影石の社号標があります。ここから道三本隔てた隣が「下浜区民センター」で、JRの線路を越した“内陸部”に「上浜公民館」があるので、「濱(浜)むら」は、上浜・下浜と分村する以前の呼称でしょうか。
 まず、「元宮」に注目しました。「御社宮司社の元宮」ですから、左にある「御社宮司神社の大きな本殿」が造営されるまでは、この石祠が本殿だったということになります。また、祠内に幣帛があり注連縄も掛けられているので、現在も継続して祀られていることがわかります。

浦太郎社小まき

御社宮司神社元社 社標の裏には「濱むら開創三百五十年祭記念」と彫られていました。「平成六年十二月…」とあるので、この年に、(後で調べたわかった)「浜村→上浜村・下浜村→小口村→平野村→岡谷市」という変遷で開村350年を迎えたことになります。「村」をなぜ「むら」と書いたのかという小さな疑問もありますが、その記念事業が「浦太郎社小まき中」の手で行われたことに注目しました。
 諏訪では、同族・一統を意味する「まき(巻・牧)」が「祝神(いわいじん)」を祀っている例が多く見られます。祝神は氏神のことですから、現在はこの「元宮」を氏神・浦太郎社として祀っている幾つかの巻の「一つ」が「小まき」ということでしょうか。
 前置きや説明が長くなりましたが、その「浦太郎社」が大いに気になります。長野県では「寝覚ノ床」の例もあるので、ここ諏訪湖畔に浦島太郎伝説があっても不思議ではありませんが…。

「浦・太郎」

 利根川の別称が「板東太郎」です。関東で長男格の川ということですが、その彼(川)に弟が二人いることを知っているでしょうか。それは自分で調べてもらうことにして、「諏訪湖最大の浜・浦」と「太郎」が結び付くのではないかとネットで検索してみました。
 「浦太郎」では「東家(あずまや)浦太郎」しかヒットしません。「子供の頃、彼の“ウナリ”をラジオでよく聞いた」と言うと私の年が知れますが、その子孫や“崇敬者”が岡谷市にいたという話はありません。一方、伊那には犬の「早太郎伝説」がありますから、動物の可能性もあります。しかし、図書館で伝説や民話の本をめくってみましたが、「諏訪湖の主が大ウナギ」というような話もなく収穫は0でした。
 今は大いなる歴史の中に完全に埋没してしまった「浜村創立」に関わる「由緒ある浦太郎」と思われますが、それは、岡谷市でもこの辺りだけの極めて限定された「浦太郎」であったためと想像してみました。

浦野太郎

 平成22年11月になって大きな進展がありました。諏訪史談会編『復刻諏訪藩主手元絵図』を眺める中で「浦野太郎」を見つけました。「シリーズ物」になってしまったので、続きは以下のリンクでご覧下さい。


‖サイト内リンク‖ 古図にある小井川村の「浦野太郎神社」