諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

北斗神社 諏訪市神宮寺

 諏訪大社上社本宮の近くに、道の分岐「分かされ」があります。山手にある木製の鳥居に気が付けば、導かれるように、その間から延びる石段の終わりに小さな社殿を仰ぐことができます。

北斗神社の石段
北斗神社の赤い灯 (14.8.8)

 誰も気に留めない存在と思いますが、私は、仕事帰りには必ず正面となるその神社をつい見上げてしまいます。特に意識するのが冬で、青く沈んだ雪明かりの斜面を、そのワット数以上に赤く染めている裸電球の灯りが怨念の炎のように見えることがあります。
 この写真は、真夏の夕暮れ時のものです。「赤い灯」を撮るためにわざわざ出掛けてしまいました。

現在は蛍光灯

北斗神社参拝 14.4.14

 ごく普通に登り始めましたが、石段は、大石の手前で終わっていました。踏み跡の凹みに靴先を乗せますが、草地の急斜面なのでかなり緊張しました。再び現れた石段の中央部には手すりが付いています。管理者が、万が一を恐れて設置したのでしょう。実際、下を振り返るとかなりの恐怖感があります。その恐怖度を数値化すると、“代数”になりますが、最大斜度45度となりました(実際は、石段の水平・垂直の長さから35〜40度程度)。

北斗神社の御柱
北斗神社「一之御柱」

 二段になった“子猫の額”ほどの平地が境内でした。平といっても傾斜がある上に石が乱雑に露出しているので、絶対に落ちたくない思いから移動にも気を遣います。

 上壇の右端に御堂がありますが、完全に閉め切られているので覗くこともできません。それを確認してから、中央にある「岩盤を少し刳り抜いて何とか収まった」という北斗神社の前に立ちました。

 下から見えた社殿は鉄格子の扉という覆屋で、中には、さらにステンレスの網で囲われた本殿がありました。しかし、社殿額「北斗神社」の文字だけが全てなので、どのような神社なのかわかりません。鉄とステンレスで二重にガードされている意味も不明です。
 灯籠に「物部」姓があるのが唯一の手掛かりでした。高遠の「物部守屋神社」との関連性を思いましたが、結局、「北斗神社を間近で見ただけ」というのが今日の成果でした。

 細野正夫・今井広亀著 『中洲村史』から転載しました。

北斗社と
白鳥弥四郎
女沢を越して下町からの道と合流する辻の右手に片山の北斗神社がある。急坂を斜めに一六〇mほど登った所で、天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)を祀り、寿命の神様と崇敬され、手製の縄をもって参詣し、御礼にも縄を上げる。大戦中は参詣者が余り多いため、その便をはかり地元の有志の計らいで、下から真っすぐに石段を造りはじめたが敗戦になり、石段も完成しないままになっている。昔は重病人があると明りをつけて、一晩中熱心に願がけし、おこもりをした人もあった。
「160m」は、石段ができる前の旧参道です。

 「戦争中は参詣者が…」という記述に、思わず分厚い『村史』から目を上げ、出征兵士を送った家族の願いと石段を造営した地元村民の思いをしばし巡らせました。
 これで、参道の石段が途切れていたことが理解できました。また、白鳥弥四郎が文政7年に刻んだ本殿の彫刻が盗難に遭ったことで、鉄格子の扉にしたことも分かりました。さらに、「天の中央にあって宇宙を統一する天之御中主神」を北極星に当てて祭神にしたのが北斗神社。古事記の「天地初めて発けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神…」から、初めて現れた神=最長寿と考えた「寿命の神」と知識を増やしました。

北斗神社再拝 15.7.20

 前回は手ぶらで訪ねた北斗神社ですが、今回は、その後に得た知識を手みやげに再び登ってみました。
奉献泰一社 まず、灯籠に刻まれている「祭主・物部安貞」を撮影しました。裏には文政九年の年号を見ることができましたが、反対側(正面左)は足場がわるいため確認できません。
 この灯籠の正面には「奉献泰一社」と刻まれています。通常は「奉献+神社名」が多いので、北斗神社の別名が「泰(たい)一社」なのか、かつては泰一社が存在していたのか、と混乱してしまいました。右脇に小さな石祠がありますが、「三社神社」とあるので灯籠とは無関係でしょう。

 北斗神社の裏から続く岩盤に貼り付けるようにした小さな石祠が幾つかありますが、夏草に埋もれているので何らの手掛かりも得られません。右側に文字庚申があります。下の神社入口にも昭和の文字庚申があったことから、長寿を願う北斗神社と命を縮めることを防ぐ庚申待ち・庚申信仰の関連性を思いました。しかし、単に同じ目的ということで、庚申側が場所を借りたということでしょう。

北斗神社の願掛け縄 左は、前回はその意味を知らなかったため気にも留めなかった、というより全く目に入らなかった北斗神社覆屋に掛けられている「縄」です。色の違いから二つの間にはかなりの年月の隔たりがありそうです。ようやく願いが叶ったお礼のセット品なのか、時間差のある(今でも叶わない)二人の奉納品なのかは知る由もありません。色の褪せ具合からそれほど古くはないようですから、今でも願を掛ける人がいるのでしょう。
 右に一部写っているのは、地元の人に教えられた「ネズミ除け」のステンレスの囲いです。編み目が細かいので、彫刻が優れているとある社殿の造りは見えません。奥の左右には千羽鶴も掛かっていました。

北斗神社の灯明皿 左右の壁にある木枠の突起は縄を掛けるものと思っていました。ところが、よく見ると小皿が置き忘れたかのように置かれています。今日は「灯りをつけて願掛けお籠もりがあった」という知識を得ていましたから、受けの形状から灯明皿を置く枠と直感しました。

 「北斗神社物語」として、資料の限られた文字を題材に幾度となく脚色をしてきました。しかし、日の下で本物の縄と灯明皿の小道具を見てしまうと、かつてここで何回も演じられたであろう人生絵巻も、頭の中の舞台と違い何か乾いたものになってしまいました。

 やはり、舞台設定は夜でしょうか。それも凍てつく深夜です。星のように明滅する灯明に、たまたま通り合わせた人も「私からも」と手を合わせたに違いありません。「その上に北斗七星が…」とさらにイメージが膨らみますが、その位置に七つ星が見えるのかはまだ確認していません。神仏に頼るしかなかった時代にちょっぴりタイムスリップしてみましたが、帰りは、止まない雨にすっかり濡れた土と草に何回もスリップしてしまいした。

北斗神社再々拝 19.5.10

 足首から上は完全に空中に曝(さら)されています。視覚的には目の前の石段を含む斜面が左右に広がっていますが、登るにつれ背中が何か心許なく全く落ち着きません。
 中程にある大石から一部途切れていた石段は、コンクリート仕様ながら全通していました。その白さから去年の内に完成していたのでしょう。まずは「おめでとう、ご苦労様」です。前回は持続力を付ける意味合いもあって、スローペースながら休まずに登り切ったのですが、今日は、上り詰めてみれば、三回も立ち止まっていました。
 自分にとっては北斗神社のシンボルとも言える、灯明にも似た裸電球でしたが、すでに蛍光灯に代わっていました。

北斗神社
永明寺山から北斗神社を遠望 20.4.11

 左写真では、石段と交差する斜めの道が見えます。これが、『中洲村史』にある「急坂を斜めに160mほど登った」とある初期の参道になります。
 「時間が掛かっても楽をしたい」という方にはお勧めですが、「登り口は若宮八幡社前の畑」と言っても地元以外の人にはわからないでしょう。それに、現在は斜面に刻んだ踏み跡程度の「段」ですから返って危険です。

 「泰一社」の詳細は、以下のリンクで御覧ください。


‖サイト内リンク‖  解明「北斗神社の泰一社」