諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

水神にも御柱「石清水」

石清水井戸組合 諏訪市中洲神宮寺 15.7.27

石清水井戸組合

 バス停「わかされ」の近くに、確か3年ほど前まで看板を掲げていた和菓子店があります。現在は無住となっていますが、その左隣に水槽が設置されています。何回かその前を歩きましたが、いつも蛇口から蕩々(とうとう)と冷たそうな水が流れていました。
 ある時、その奥に目を転じると、突き当たりの山際に祠があり、御柱が立っているのが見えました。水神のようです。近づくと、その手前にあったのは古井戸でした。くぐもったモーター音から、その施設は見えませんがポンプアップされた地下水が蛇口から流れ続けていたことがわかりました。「24時間稼働・電気料金」に考えが及ぶと、自然に、小屋掛けの柱に「石清水井戸組合」の木札があることに気が付きました。10名の組合員が連名で書かれています。
 郊外では極ありふれた水神の光景ですが、御柱の存在がスパイスの役目を果たしています。

石清水

祢宜太夫
諏訪史談会『復刻諏訪藩主手元絵図』〔神宮寺村〕(部分)

 調べると、細野正夫・今井広亀著『中洲村史』には、「石清水と名がある自然湧水で年間を通して13度。組合仲間は庭先まで引いている」とありました。
 また、江戸時代中期の絵図には「石井清水」と書かれた池(泉) と、そこから流れ出る川が描かれていました。

現在の石清水 23.4.15

石清水 久しぶりに前宮から本宮まで歩いてみました。県道拡幅工事が進んだせいか、何と、写真のような施設ができあがっていました。「石清水」とある案内板もあります。(多分)諏訪市が行っている「辻と小径のまちづくり」事業の一つなので、原村に住む私が越境して「あれこれ」言う資格はありませんが、これで「古き良き散歩道」の風情が一つなくなってしまいました。

石清水 余りの変わりように、「before」として、前年9月に撮っておいたものを並べてみました。


水神 諏訪市中洲神宮寺 12.7.1

 デジカメが出始めた頃に撮った写真なので、原画(オリジナル)が残っていません。古いHPに残っていたのを転載しましたが、サイズが合わないのでレイアウトが崩れます。細かいところにこだわる性分なので、写真を右寄せとしました。また、以下の説明文は、当時のものをそのまま活用しました。

水神 小さな御柱が見えたので、沢沿いの小道を登ってみました。石碑と見えたのは「水神」で、手前には、使われていない水槽がありました。
 諏訪大社とは関係がない全国至る所にある「水神」の一つですが、諏訪大社は、一説によると「水」の神とも言われていますから、これもやむを得ないところでしょう。とにかく、諏訪の平においては、目に付く大小様々の社や祠には99%御柱が建っています。

水道の水神 岡谷市湊 17.10.21

水神 「小田井水源整備記念」とあります。私は「小田井」の字を見ると、小田井のバス停に立っていた天地真理似の「彼女」を思い出してしまいます。
 毎朝の通勤時に一方的にチラッと見るだけの“関係”ですが、「今でも」という30年前の話はさておいて、ここは岡谷市上水道水源のうちの一つでしょう。通称「西山」の麓に点在する神社を訪ねた帰りに、御柱が見えたのでつい撮ってしまいました。よく見ると、表面に大きく「水神」と彫ってあります。

水神跡 茅野市高部 19.3.10

水神 錆びたフェンスの内側に並んだ杭が御柱であることは直ぐにわかります。その中心にある石碑の文字を読み、道まで戻り、水槽の縁を見て、確かに「水神だった」ことが納得できました。
 埋め立ててから久しいようで、土や草、焚き火の跡がすっかり周囲の自然に溶け込んでいます。手前のオーバーフロー用の溝だけが、当時の「水の流れがあった」ことを偲ばせていました。