諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

神明宮の三峯社 諏訪市四賀飯島 24.6.24

神明宮 「神明宮」だから、ということではないと思いますが、“正しく”「神明鳥居」が建っていました。
 この神社は旧飯島村の鎮守社ですが、今日の目的は境内社なので、拝礼もそこそこに拝殿の横に回り込んでみました。

神明宮の三峯社

 実は、ネットで情報を収集する中で、あるサイトの写真を見たのが“事”の始まりでした。「境内社」としか説明がありませんが、祠を覆うカヤを見て、即座に三峯社と直感しました。

三峯社 ところが、一年後の今日では竹枠だけで、カヤは取り除かれて一本も残っていません。通常なら年に一回葺き替えをしますが、写真の朽ち具合ではすでに断絶した可能性があります。三峯社が今日最大の目玉でしたから、すっかり意気消沈した格好になりました。

三峯社のお仮屋 24.10.2

 台風17号が去った翌々日、といっても特別な区切りとなる時節ではありませんが、“決着”を付けるために神明宮に出掛けました。

三峯社のお仮屋 その存在を知ってからすでに三ヶ月経っていますから、今日もそのままだったら「お仮屋は廃れた」と結論付けることにしました。
 もう私のカメラに収めることはできないのだろうか、と覚悟していましたが、…カヤで葺かれていました。正に、三峯社のお仮屋でした。屋根の白化から、7月の初めには葺かれていたと想像してみました。