諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

寿命稲荷神社と「とび石」 岡谷市湊 20.4.1

 風格のある「右・西街道」の石碑を見て思わず駆け寄りました。残念ながら「平成」生まれでしたが、傍らに「花岡城址入口」の標識があります。かなりの上り坂ですが、“筋力アップ”にはもってこいとばかりその先を目指しました。

寿命稲荷神社

寿命稲荷神社

 左に、凹地を挟んで尾根が一つ諏訪湖に向かって延びています。その背には赤い鳥居が連なっており、その先の、これ以上は転げ落ちるという突端に小屋状の社殿があります。お稲荷さんでしょう。タイミングよく、というより散策者の目線でその場所に決めたと思われる「いけいけ山っ湖事業委員」が設置した案内板がありました。

正一位寿命稲荷大明神
 道向こうに見えるこのお宮は農業の神の倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祭り、花岡城址の北西部にのびる丘陵の先端に祠があります。この丘陵は三伏山と呼ばれ、江戸時代の諏訪藩の地図に「とび石」と記されている大石があり、寿命稲荷は「とび石」の上に鎮座しています。
 戦国時代には武田氏の砦となったりしましたが、その後社殿を再建し遠近の信者を集めました。これとは別に天保十二年(1841)に山岡徳之丞が伏見稲荷を勧請して天竜川端の自分の屋敷に祭り、人々はこれを徳之丞稲荷と称していましたが、大正年間に寿命稲荷と合祀して現在に至っています。大正十一年に天竜川端からの石段の拡幅工事が行われ左右の石柱には寄進した製糸家の名前が刻まれています。
 現在は湊8、9町内の氏神として信仰を集め、毎年の例祭および7年ごとの御柱祭も両町内一同で奉仕しています。

 「御柱が見える風景」にはピッタリと、花岡さんからお稲荷さんへ乗り換えることにしました。結果的としては、花岡城址から向かうことになりましたが…。

寿命稲荷 「山城」のサイトなら「主郭は」「土塁は」「空堀は」と続くのですが、このサイトでは、まず「御柱」です。恰好の中央自動車道岡谷ジャンクションの超高架橋を背景に、と決めたのですが、そうなると「一之御柱」が入りません。代役を「二之御柱」にお願いしたのですが、今度は従者のような外灯が…。「まー、これはこれで面白いんじゃないか」と撮ったのがこの「諏訪の神社」です。

寿命稲荷「とび石」 「本殿はとび石の上」とありましたから、さっそく覆屋の中をのぞきました。まず目に付いたのが、賽銭箱の上に置かれた稲荷寿司用の油揚げ2パックと清酒の1合ビンです。その向こうに巾2m以上の大石があり、確かにその上に“乗って”います。前は賽銭箱で後方が本殿の其台に隠れているので、「これがとび石だ」と全景を紹介することができません。

 前もって拝礼し「ホームページで使いたい」と断りを入れましたが、やはり眷属のキツネ様が気になります。当然ながら油揚げの手持ちはありませんから“餌付け”をすることができません。そのため、カットして「とび石」だけを紹介するのは止め、“オールフォックス”登場としました。いつもは「祟り」とか「御利益」は全く考えませんが、お稲荷さん(の眷属)だけはちょっと引いてしまいます。

「とび石」

寿命稲荷 磐座としての「とび石」が気になります。図書館で、これならという地元の『区誌』を手に取りました。かなりの文字数を割いているので、ここまでの経過に満足して読み進めると…。案内板の文はこの記述を参照したらしく、ほぼ同じでした。
 諏訪湖の釜口(天竜川の源)・そこを見下ろす唯一の尾根・その突端の大石、と目をつぶれば、一気に縄文時代まで飛んでしまいます。しかし、最後まで読んでも「とび石は、古代の祭祀跡」の文字はありませんでした。

天竜川から見る寿命稲荷
撮影 24.10.11

 天竜川から眺めた寿命稲荷です。小尾根の先端にあるのがよくわかります。