諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

大國主命社の「八本御柱」 諏訪市中州宮ノ脇 16.10.23

「大國主命社」は、長野県神社庁の表記です。
大國主命社「カヤノキサマ」

 図書館で資料をあさっていたら、「八本の御柱」に目が留まりました。「?、???」ですが、読み進めると「なるほど」と思いました。まずは写真をご覧ください。社殿は、地元では「カヤノキサマ(榧ノ木様)」と呼んでいる「大國主命社」です。左端の諏訪市天然記念物「宮ノ脇のカヤ(榧)」がその由来です。

大國主命社「御柱」 諏訪ではよく見られる光景ですが、アップにして初めて気が付くのが、右の一見「杭」に見える「御柱」です。先端が三角錐(冠落とし)になっていますから御柱に間違いありません。割り箸と付属する爪楊枝に例えると、箸は、地元「宮ノ脇」が建てます。それでは、爪楊枝は誰が建てたのでしょう。
 一方、隣の「大熊(おぐま)」にも「榧ノ木御社宮司社」があります。名前からわかるように、分村によって「湯の脇の榧ノ木御社宮司社」を分祀(勧請)したことがわかります。参考までに書くと、現在の住所表示では「中州(神宮寺)宮ノ脇」と「湖南(こなみ)の大熊」です。

 徳川時代の神宮寺は、宮の脇と宮田渡を包含する村であって、元禄御帳に石千弐百四拾九石八斗五合と載せられた大郷であるが、戦国時代までは今の本宮以南のみが神宮寺と呼ばれていた。宮の脇は山麓の農業聚落で、かつては小熊地分に属しておったと伝唱されており、現に小熊と七御社宮神の一つである榧の木の御社宮神が存する。
諏訪史談会『諏訪史蹟要項』から「神宮寺村」
一、大熊村 (中略)
かや之木御社宮神御頭七社之内、御柱は大熊村・神宮寺村にて立てる
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』から『諏訪郡諸村並旧蹟年代記』

 平易に書くと、「産土として祀ってきた神社が“上意の都合で隣村”になってしまった。分祀して同じ社を建てたものの、長年親しんできた神社には思い入れがあり、そう簡単に気持ちを切り替えることはできない」ということでしょう。そこで、“民意の意地”とばかりに、「かつての産土社に御柱を建てる」ことを押し通したのでしょう。本来なら越境しての「建て御柱」など論外ですから、宮ノ脇もその経緯を知っていて黙認していると思われます。
 そのために、部外者にはこのような八本の御柱が見られるという“恩恵”があるわけですが、大きさが極端に違うのは、地元(本社)に遠慮してのことでしょうか。「夜陰に紛れて、担いで来た御柱を急いで地面に突き刺している」様子も想像してしまいます。もしかしたら、「分村・分祀」で両村に大きな軋轢があったのかもしれません。

 平成21年1月20日、一部修正を加えようとこのページを開いたら、社殿が「旧宝殿」であることに気が付きました。「お下がり」というと聞こえはよくありませんが、由緒ある「諏訪大社本宮の宝殿」です。地元からの要請で移築したのでしょう。