諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

聖徳神社と高島城の鯱 諏訪市茶臼山

聖徳神社 17.8.16

 温泉寺からの帰り、手長神社の社務所を認めてから木立の中にポツンとある祠に視線を戻しました。何か異様な黒い物体が見えたからです。立ち止まると、すべてが帰りモードになっていたので、ここに「迷い心」を残したまま先を進み続ける自分の背中を見ているような感覚を覚えました。

 道沿いとも言える至近距離ですが、今日は長距離を歩いて大汗を流した体です。ムチを打つようにして戻りました。

諏訪市聖徳神社 目にした「あの聖徳太子!?」という「聖徳神社」を掲げた鳥居をくぐると、近づくまでもなく、それが鯱(シャチホコ)とわかりました。
 それを目の前にし、三段に分かれた瓦製の全高をザッと1.6mと見積もりました。

聖徳神社の鯱 裏(腹)には「長野縣諏訪郡岡谷中央・竃元・滝澤愃吉」「長野縣東筑摩郡岡田町・製造主・兎川國吉」と刻まれています。
 製造者は確認できましたが、聖徳太子との関連がわかりません。祠前の「聖徳神社」とある石柱の横には、「太子會」をトップに寄進者の名前が彫ってあります。反対側下部には、基本金寄付者として「諏訪聖徳講・諏訪工匠會」とあり、それぞれの代表者名があります。
 聖徳太子縁の神社に間違いありませんが、鯱と太子との関連性が明解にならないまま帰ることになりました。

 ネットで検索してみました。「聖徳神社」では星の数だけ表示すると考え「諏訪市」を加えると、「小宮の一覧表」がヒットしました。その氏子・崇敬者の欄にある「諏訪建設協会」で再検索すると、…一件も表示しません。ここで釣り糸が切れたので、これ以上の詮索は断念しました。

聖徳神社の鯱 その後、思い出してはあれこれ想像する中で、これは高島城天守閣からの「天下りシャチホコ」に違いないと考えました。耐久耐震性に勝るブロンズ製の後輩にその座を譲ったのでしょう。

 最後に、「聖徳太子も、諏訪に祀られては狛犬が鯱になり、御柱も建てられてしまう」とまとめてみました。

聖徳神社の鯱は、高島城の天守閣で輝くはずだった…

 図書館で高島城関連の本をパラパラとめくっている中で、見覚えのある鯱の写真を見つけました。読み進めると、

 上諏訪町末広町に住む工匠宮坂友右エ門等が工匠組合の手で復興したいと、上諏訪工匠組合(お太子講)を組織し、募金と工事に着手した。そのときまず作られたのは瓦製の一対の鯱で、高さ1.94mあり、いま手長山の聖徳神社に飾られている。大きいものなので一尾の鯱を十個に分解して焼き上げ、銅線で結び付けた。この人たちの計画は昭和初年の経済不況にあって挫折した。
諏訪市教育委員会編『諏訪高島城』〔高島城復興〕

とあり、本来は、高島城天守閣の鯱として作られたものとわかりました。

高島城の鯱
高島城天守閣のブロンズ製鯱

 その高島城は、大正11年に復興が具体的に計画されてから半世紀経った昭和45年に完成しました。しかし、屋根が銅板葺きとなったためかブロンズ製が採用され、瓦の鯱は天守閣に燦然と輝くことはありませんでした。
 本では「経済不況にあって挫折」の文字で片付けていますが、関係者の無念と鯱の嘆きは如何(いか)ほどのものであったのかは想像に難くありません。