諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

旧神之原村の「荒神社」 茅野市玉川神之原

旧神之原村の「七御社宮司」

 諏訪史談会編『諏訪史蹟要項 茅野町玉川篇』の巻末にある、〔○ 神の原の氏神(七社明神社)について〕を転載しました。

一、神之原 七御社宮司社(信州諏訪郡高島領筑摩郡之村々鎮守神社書上ニヨル)

(上)によれば、神の原村の祭神を七御社宮司社としているのが珍しい。

 引用した書物がどのようなものかは不明ですが、神之原村にも「七御社宮司社」があったことを窺わせています。

 同書の〔神之原・荒神〕から、「七社明神社」を抜粋しました。

1.所在
 神之原区字中御前に鎮座の社で、当区の産土神である。しかし、この社は祭神は建御名方命であるが、その名の示す如く七社を祀ったもので、明治十五年までは各別に鎮座していたものである。

2.祭神(略)

3.由緒
(前略)承応年間(1652-1655)には氏神が六社であったこと、更に御小屋明神が当村の管理のもとにあったことが明らかである。氏神六社は左(下)の六社を指しているものと考えられる。祭神は神社明細帳による。

上御前社(妻科姫神)
御別当社(建志名神)
御社宮司社(箭津安賀多神)
七社明神社(建御名方命・中御前社トモ称シタ)
荒神明神(祭神不詳・当社又大荒神様トモ云ウ)
青木ノ山ノ神(子ノ神区寝神社ノコト)

 ここに出る「氏神六社」に御小屋明神を加えたものが、かつては「七御社宮司」であった可能性があります。その一社「荒神明神」が今回取り上げた荒神社です。

古絵図に見る「荒神社」

 諏訪史談会篇『復刻 諏訪藩主手元絵図』の〔神原村 荒神新田〕から、七社明神社と荒神を転載しました。90度回転させたので、上部が東(八ヶ岳)となります。
 下部右方に、下書きのような二本線があります。この辺りが諏訪中央病院と書けば、凡その位置がわかるかと思います。
 直接の関係はありませんが、ヤクシの下に“現在の荒神神社”を設定してみると、薬師堂との位置関係が平成の地図と一致しました。これで、この線は塗り忘れた道となりました。

荒神社を探す 30.6.26

 前出の『諏訪史蹟要項』〔御別当社・上御前社・大荒神社〕から抜粋しました。

3.大荒神社

  又は荒神明神とも云い、神之原村下に勧請された社で祭神不明で、神秘な森があっただけで神祠がなかったと云う。

 『諏訪藩主手元絵図』を見ると、確かに祠が描かれていません。

  明治十五年、七社明神の境内社となって以来跡方の失せたのを惜しんで荒神の人々が近年再興している。荒神新田の村名の起こりもこの社に基づいている。
 松沢義章が顯幽本記秋の巻の中で神道上の荒神と仏教の三宝荒神との混同の誤れるを指摘した所説の中に「諏訪郡ニ荒神ト云フ村アリ、故由アルベシ」と云っている。

 同書の〔旧玉川村史蹟略図〕に、「荒神社」として鳥居の凡例があります。神之原区が設置した標柱「史跡御別当宮跡」を知って、ここにも「史跡荒神社跡」の標柱があると睨みました。


幟枠space磐座

 これが昔ながらの道とわかり、リジョイス茅野薬局の裏を通る斜めの道に入ります。右手は台地の縁(へり)ですから、斜面に連なった木々の向こうが明るく透けて見えます。その根方を注視しながら進みます。

” 御柱があるのに気が付き「もしや」と踏み込めば、その中に小さなメンヒル状の石がありました。文字は確認できませんから、磐座ということになります。
 「何もないのも淋しいので置いた」ということでしょうが、前知識にあった「神祠がなかった」に一致します。しかし、ここが荒神社であるという確証が得られません。「何か手掛かりが」と見渡せば、御柱の基部に幣軸があり、「荒神…」が読めました。「近年再興している」と書いている本は昭和33年の発刊ですから、(少なくとも)御柱の建立だけは現在も継続していることになります。「跡」の標柱がないのは、現在も神社として機能しているためと理解しました。

” 意気揚々と道に戻れば、斜線の文様がある石柱も幟枠と一目で気が付きます。側面を覆っている土を広葉の草で払うと、「…三丙辰十二月吉旦」が現れました。
 三(年)と干支から元号の推定が可能と思いながら、ふとその先を見れば、この道を通る人に訴えているかのような「安」の文字が…。同じ模様から折れた幟枠の頂部とわかり、「安政」と繋がりました。

向き合う「荒神社と七社明神社」

 前出の書から、「七社明神社」の一部を転載しました。

 古老の所伝にも、七社の御社宮司を除く六社は二社ずつ向かい合っているとされているがその意味は明らかでない。

御小屋明神−青木山ノ神
中御前社(七社明神)−大荒神社(荒神明神)
上御前社−御別当社

『諏訪史蹟要項 茅野町玉川篇』「七社明神社」

 祠はありませんが、御柱の位置から「七社明神社と荒神社は向かい合っている」ことが実証できました。ここで、岡谷市にある「洩矢神社−荒神社(藤島社)」の関係が頭を過(よ)ぎりましたが、同列に置くには知識・史料とも足りません。

中世の「新神」は、荒神か

■ 「慶長以前の文献には、神之原は原、または上之原と書かれていて、神之原と記されてあるものは殆ど見当たらない」−『諏訪史蹟要項 茅野町玉川篇』

 中世に書かれた『根元記・祝詞段』の文言を、『復刻諏訪史料叢書 第二巻』で確認しました。

『根元記』
原ニワ、小別当・上ゴセ・下ノゴセ・新神明神
『祝詞段』
原ニワ、小別当・上ゴセ・下ノゴセ・新社明神

 古社として前に並ぶ三社は比定できますが、「新神・新」に相当する神社がありません。改めて両書を通読すると、(は、神の誤読・誤植の可能性がありますが)この二例だけです。神之原だけのオンリーワン神社ということもあり得ますが、編者の外記太夫が詳細不明の「あらがみ(荒神)」に「新神」を宛てたことも考えられます。
 それなら「他に荒神があるのか」と探せば、一ヶ所だけ

…ウ賀神(宇賀神)・辯才天・蛭子・三良(三郎)・大徳(大威徳)・小徳(小威徳)・地神・荒神・釜ノ御神…
『祝詞段』による。[・]と(◯◯)は私註。

がありました。中世には今で言う荒神がまだ“未普及”で、その走りを宛字の「新神」として載せたとしましたが、どうでしょうか。