諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

横川の御社宮司社 岡谷市長地出早

上ノ御社宮司社(御射宮司神社) 30.3.26

 実は、縁あってその前を何回か通っていましたから、横目ながら、社号標で「御射宮司神社」であることは承知していました。

上ノ御射宮司社

上ノ御射宮司神社本殿 今日は、カタクリにはまだ早い出早雄小萩神社に車を置き、今は舗装の下となった古来からの道を踏みしめるようにして、御射宮司神社へ向かいました。
 これが御射宮司神社の本殿ですが、祠より基台の石に目が行ってしまいます。何か謂われのあるような形状ですから、元々は、これが御神体だったとも思ってしまいます。

『御射宮司神社由緒略記』 社頭にある平成14年設置の案内板から、前半部分を転載しました。

 顧(かえり)みますと、大昔というに相応しい時代から、信濃国の一之宮として諏訪大社を崇敬し、信州人としての誇りとしていましたが、さらに、長地(おさち)村大字柿木畑五千六百弐拾七番地ロ号に鎮座される「御射宮司神社」の信仰も、併せて、代々にわたって崇敬の誠を尽くし、特に春秋の祭礼には、老若男女を挙げて熱烈に奉仕してきました。
 しかしながら、長い間にわたって御祭神名が不明でありましたが、この程、神社明細帳に関連して、御祭神に「大名牟遅命(大己貴命)・少彦名命」の二柱とあり、由緒に次のように記録されております。
 「創立年代ヲ詳ラカニセズト雖(いえど)モ古来ヨリ神官武居家ノ文書ニハ神代ノ鎮座トアリ、延元二丁丑年(1337)ニ、山田甚五郎・樋口源右衛・井上吉右衛門・神主小萩祝武居佐馬之介豊後等ノ再建ニ係ワリ、本殿ハ文政十三年九月十一日再建シ、蔓延(万延)元年(1860)九月二日ニ屋根葺替ヲナシ(以下略)」

「祭神名が不明…」 案内板の設置に当たり、由緒では必須の“御祭神”を改めて問うてみれば、「はて、御射宮司ってどういう神様」と首を傾げてしまった様子が目に浮かびます。古来より地域内神名「御射宮司様」で通して(済ませて)きて何の問題もなかったのですから、「御射宮司」と大きく書いていいと思うのですが…。

「神社明細帳に関連して…」 始めは、『神社明細帳』の由緒を採用したと理解しました。ところが、「神社明細帳に関連して」から、「創立年代ヲ…」は、『小社神号記』に載る由緒であることに気が付きました。

『横川区誌』〔巻と御社宮司社〕

地形図「横川」
五万分一地形図『諏訪』(−御射宮司神社)

 この近辺は、バイパスの新設で大きく変わっています。そこで、「できるだけ古い方が」ということで「明治四十三年測圖昭和六年要部修正測圖」とある内務省の地図(一部)を用意しました。
 これを見て、御射宮司神社が「横川」の集落にあることに気が付きました。

■ 横川区は、もとの山田の郷。後に西山田村となり、元禄時代一時独立して横川村という時があったが、再び西山田村として明治維新を迎え、(中略)西山田(中屋・中村・横川)・東山田・東堀の三か村が合併して長地村となった。
『横川区誌』から抜粋

 図書館に『横川区誌』があるのを知っていたので、これで、以下に繋がる情報が得られました。横川区誌編纂委員会『横川区誌』〔村の生活〕から、[信仰行事]の一部です。

巻のお祭り
 横川には御社宮司社が多く、それぞれの巻で奉斎をしており、その外にも祝神があって信仰されている。例祭日は秋の収穫から十二月初めまでで、宿は回り番に受けもち神官を招いて神事をし相談ごとがあればこれを済ませて直会を行う。
 昔は甘酒が欠かせないものであったが、近年少なくなった。上ノ御社宮司社は戸数が多い上に宿にはめいめいの家を回ったので、一代に一回か二回番が当たるわけで、気張って準備をしたものである。(中略)

 続いて巻の12社を紹介していますが、神社名だけを追うと半数が御社宮司社です。湖北(諏訪大社下社側)では御社宮司社は稀少としてきましたが、山麓部においては、この(私の)常識は完全に覆りました。

 次に、筆頭に挙げている「上ノ御社宮司社 巻/山田・鮎沢・小口 戸数/三六 例祭日/十一月末」を読んでから添付写真に目を移すと、それが、今回取り上げた御射宮司神社であることを知りました。集落の中で複数ある御社宮司社ですから、対外的には「上ノ御社宮司社」で通したのでしょう。

 『横川区誌』は昭和51年の発刊です。現在は巻も様変わりしていると思いますが、ミシャグジの名は永遠に語り継いでもらいたいと願うばかりです(巻のある人、うらやましい。ミシャグジの巻がある人、もっとうらやましい)。

古名は「御佐軍神」

 諏訪史談会『諏訪史蹟要項十 長地村篇』から、転載しました。

〇上御社宮司社
現在は鮎沢・山田の一巻の祝神となっている。直径五尺程と思われる古木(椹)の跡もあり、小さい乍ら御手洗もある。この社の宝物として、甘酒臼と火切板がある。
甘酒臼…直径約一尺、高さ約九寸。その側面に「上ノ御佐軍神 文化十二乙亥年」とある。

 巻の中でも、時代の流れで名称が変わったことがわかりました。