諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

足長神社 諏訪市四賀 17.8.28

足長神社へ

 前方を注視していますが、足長神社はそれらしきものを一切見せてくれません。「霧ヶ峰入口」とある信号を過ぎると、山際へ向かっていた道は大きく左に曲がり急に傾斜を増しました。

足長神社遠望 すでに、頭に叩き込んだ「突き当たり」の許容範囲内から外れています。タイミングよく現れた広い路肩に車を止めると、その先はさらなる山に分け入るように続いていました。
 目的の足長神社を探しに徒歩で戻(下)ってみました。左側の高台に向けて石段が延びています。ここしかない、と戻した視線は横切っている県道下にも石段を見つけ、最下段には鳥居が見下ろせました。

足長神社の参道
甲州街道から仰ぐ足長神社参道

 旧甲州街道からのアプローチでは、足長神社の社号標と鳥居から、石段の参道へとごく自然に導かれるでしょう。ところが、行く先が霧ヶ峰という新たに造られた車道は、その参道を直角に断ち切っていました。急カーブでは視界はピンポイントなので、鳥居でもない限り見逃すのは当然と納得しました。しかし、行き過ぎの原因は「突き当たり」ではなく「カーブの途中」と、後で地図を確認して分かりました。

足長神社「拝殿」 上り詰めると、この地形としては広く感じる境内に出ました。正面の一段高い位置に拝殿がありますが、山の斜面を彫り割った中に無理矢理収めたかのように見えます。
 近づくと、拝殿の周囲は、境内の土の白さとは対照的な秋色に覆われています。松葉などの枯葉が積もっているためにそう思わせるのですが、8月も終わりとあって早々の秋の訪れを感じてしまいました。
 拝殿は「五棟造」とあります。「十字に交差した屋根を4棟とし、正面前部に唐破風(状の屋根)を加えると、計5棟」となりますが、写真を見てもらった方が早い…。

足長神社 本殿はさらにその奥で、閉所恐怖症の神様だったら諏訪湖まで悲鳴が聞こえそうな窮屈さです。足長神社の祭神は長い足を折りたたんで、永久に耐え続けるしかないのでしょうか。
 その脇から撮ったのが左の写真です。「後補による渡廊で結ばれた」とあるように、本殿は拝殿と一体化していました。そのため、屋根の連結部には落ち葉が積もっていました。

足長神社「本殿」27.10.2 改めて、拝殿の格子戸から内部を観察しました。上部に「足長大神」の神号額があり、左右に昇竜・降龍の彫刻があります。
 ここで、御簾の向こうにある小さな社殿が本殿と気が付きました。今まで本殿と思っていたのは、その覆屋でした。


‖サイト内リンク‖ 『足長神社を再考する』