諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

三之丸千野氏と弁天社(古絵図に見える弁天社2) 25.7.20

「レイライン」

 世に多くあるレイラインの一つに「諏訪大社−鹿島神宮」があります。「現代のデータ」から“導き出した”両社の関連性も、そもそも神社の創成期にそんな高度な測量技術があったとは思えませんから、私ならずとも、“結果論”では戯言(ざれごと)としか映らないでしょう。
 しかし、いったんは否定したレイラインですが、これから取り上げる「弁天社ライン」は肉眼で見通せる範囲ですから、(精度に幾らかの難はあっても)無理なく納得できると思います。

三之丸千野氏と弁天社

 高島城の三之丸に、諏訪氏の有力な支族である千野氏の屋敷があります。もちろん明治初年までの話ですが、「有力」と書いたように、千野氏は高島藩の家老職を代々務めました。慶応4年(明治元年)の『信濃国諏訪郡高島城絵図』にその名が書かれた敷地があるので、長野県古地図刊行会の復刻版からその一部を転載しました。

信濃国諏訪郡高島城絵図 千野氏の屋敷の端から、城郭の一辺(堀)と平行になる線[]を引くと、約190m先にある弁天社に突き当たります。
 言い替えれば、三之丸に代々居住した千野家の人々は、(城壁があるので直接には見えないと思いますが)屋敷の東方に弁天社があることを常々意識していたのは間違いありません。

「弁天島弁天社−三之丸−高島弁天社ライン」

 一方、逆方向に[]線を引くと、諏訪湖の尾尻にあった弁天島に突き当たります。
 その弁天島が千野氏の領地であったことが知識としてあったので、「これは何かある」と考えました。それが、「弁天島弁天社−三之丸−弁天社ライン」です。ただし、弁天島は明治元年に取り払われて消滅したので、そこから正確な線を引くことはできません。

弁天社は、千野氏の守護神

浜中島弁天社元宮
千野氏寄進の弁天島にあった「弁天社元宮」

 前項のレイラインで、千野氏の屋敷が両弁天社と何らかの関係があると考えました。その流れで辻褄の合うような事物を探すと、…「二之丸騒動」がありました。二之丸騒動は、極簡単に「二之丸家諏訪図書と三之丸家千野兵庫の覇権争い」とだけ説明しておきます。
 二之丸派を排除して家老に復帰した千野氏が、この騒動を乗り切ることができたのは、城外とはいえ高島藩の創成期から屋敷の直近にある弁天社の加護があったと考えるのは自然なことでしょう。

一般的には「二の丸騒動」ですが、ここ(諏訪)では「二之丸」とします。

 岡谷市『復刻平野村誌』から「浜中島(弁天島)弁財天社」の記述です。

「小社神号記」によれば、寶暦年中(1751-1764)三ノ丸(※高島藩家老千野氏の別称)より石宮寄進あり。

 これを読んで、千野氏がさらに盤石の地位を固めるために、逆方向となる弁天島に鎮座する弁財天に石祠を寄進したと考えてみました。ところが、二之丸騒動が決着したのは天明3年(1783)ですから、寄進はその30年前だったことになりました。残念ながら私のシナリオ通りにはなりませんでしたが、同書の続きです。

寛政十二年(1800)九月、藩宰(※家老)千野氏の心願により同氏の支配となり、…

 二之丸騒動が沈静化した12年後に弁天島を領地にしたことになるので、ここに出る「千野氏の心願」に、前述の「経緯(いきさつ)」を当てはめることができます。もちろん、たった二文字の言葉にこのサイトの“都合”を押しつけることはできませんが、まんざら無理な要求ではないでしょう。

 推定や憶測で千野家と弁天社を強く結びつけることはできませんが、何らかの関係があるのは、以上に書き連ねてきたことでわかるかと思います。