諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

物部守屋を祀る物部守屋神社 伊那市高遠町藤沢

 長野県神社庁では「守屋社」の表記です。合併前は上伊那郡高遠町字片倉で、諏訪の神社ではありません。

守屋神社奥宮 14.5.5

物部守屋神社「奥宮」 守屋山の東峰に、守屋神社の石祠が鎮座していました。その脇にある石柱には「守屋神社奥宮」とありますから、麓に「里宮」が存在することになります。
 守屋山のウリである大パノラマを堪能しながら最高峰の西峰まで足を延ばしました。その帰りに、東峰の手前で「守屋神社里宮」の字を見ました。しかし、久しぶりの山行とあって足に蓄積した疲労感を無視できず、小さな標識にある矢印の先をチラッと見るだけに留めました。

守屋神社里宮 15.6.29

 去年と同じ立石コース登山口に車を置き、徒歩で急坂の国道を登ったり下ったり…。守屋神社里宮はこの近くと見当をつけたのですが、建物と言えば別荘ばかりです。案内板もなく、木立を透かしても鳥居らしきものは見えません。期待した山側に向かう車道ですが、その先は、「何故こんな所に」と疑問を感じてしまう廃牧場でした。「あの守屋神社里宮は白日夢だったのか」と疑念さえ広がり始めました。
 下山路と道標の位置関係を思い出し、ここより下ではないかと車で下ってみました。徒歩より十倍以上の速さでも、「こんな下だったの」と言える距離にようやく鳥居を見つけました。鳥居額から「物部守屋神社」が正式な名称と知り、山に向かって延びている参道を登りました。

物部守屋神社「拝殿」 最上部の社殿は、造りは拝殿ですがその背後にあるはずの本殿が見当たりません。「本殿の覆屋を兼用しているのだろうか」と中をのぞきますが、右に神輿が置かれているだけで空っぽと言う状態です。「これはおかしい」と脇へ廻ると、更に上に続く石段がありました。

物部守屋神社「覆屋」 妻入りの屋根がその先に見えます。諏訪大社の宝殿にもひけを取らない厚い茅葺という重厚さに、「これは…」と期待しました。しかし、格子を透かした中に本殿を認めると、「なーんだ」という覆屋でした。奥の梁に棟札が並んでいます。中央の消えかかったものでも大正ですから、その頃に建て替えたか新造したのでしょう。

物部守屋神社本殿 本殿の扉は、左は手前に開かれ右は蝶番が外れ中に倒れ込んでいます。“神も仏もないものか”という全くの見捨てられた状態に驚きました。過疎が進み、氏子だけでは維持管理ができないのでしょう。覆屋が立派なだけ落差が際だった本殿を後にして、拝殿まで戻りました。

神紋「三つ柏」 左右に並んでいる灯籠には神紋「三つ柏」が見られ、境内の左端に位置するまだ新しい神庫も金色の三つ柏を掲げています。その輝きは、つい最近まで神社と人の関わりがあったことを思わせました。


物部守屋神社の謎 19.4.7

物部守屋神社「本殿」 初めて参拝してから5年目の再訪となりました。勝手を知った守屋神社なので、直に本殿へ続く石段を登りました。
 相変わらず本殿の扉は壊れたままでしたが、幾らか手が入っているようで「奉正遷宮 守屋社」と書かれた木札が見えます。現在は、これが「御神体の代わり」ということでしょう。
 扉を修理して閉めてくれればそれで済みます。誰か手を入れてくれる人はいないのでしょうか。「私で良ければ」と手を挙げたいところですが、峠の向こうからの助っ人では神様は当惑するだけです。

物部守屋神社の石棒 今回は、本殿の下に石棒があるとの情報を得ていて、それが目的の守屋神社里宮です。スカートの中を覗くような何か危ない感覚を覚えながら目をやると、竪穴式石室のような穴があります。ところが、「縄文の石棒」ではなく、私にとっては“只の石”が収まっていました。
 これだけの造作ですから、この石室には蓋があったはずです。それが完全に露わになったままというのは、“ここに納められていたもの”が失われたことにあるのでしょう。今あるのはどう見ても代替品です。石室の形状から、石棒より「細長い何か」が安置されていたことが考えられます。盗難に遭ったのか・朽ちて消滅したのか、謎は深まるばかりでした。
 最近は、“ダメ押し”として目的圏外も注視しています。それに倣ってさらに上を眺めると、…拝殿と本殿の延長線上に石祠が見えます。

物部守屋神社「元宮」 急斜面の松葉に滑りながら這い上がると、石造りとしては大きな祠が佇んでいました。右側には意匠からかなり古そうな石祠がありますが、すでに屋根のみという状態です。左には「御神燈」と彫られた角柱が傾いています。火袋はすでに壊れたのか、背後に笠だけが落葉に埋もれています。
 この場所は地元の氏子だけが知る人ぞ知る、でしょうか。隣と言っても伊那郡外に当たる諏訪からの来訪者では、案内板がないと全くお手上げです。拝殿や本殿もそうですが、一体、この祠をどう位置付けしたらよいのでしょうか。

物部守屋神社の神紋「三つ柏」 手掛かりとなるのは石祠の大棟に刻まれた「丸に三つ柏」です。拝殿前の大灯籠や神庫でも見られますから、守屋神社の神紋に間違いありません。
 本殿を新造する際には旧社殿を「元宮」として残すことがありますから、下の本殿内に「正遷宮」の木札が置かれていることを併せると、「この石祠は旧本殿」となります。横にある屋根のみの祠を併せて考えると、原初は、この場所が守屋神社の中枢部であったことが考えられます。
 次に注目したのは灯籠の竿です。奉納年はありませんが「本願片倉郷守屋入道物部義近」と刻まれています。「物部守屋神社」ですから“守屋と物部”があってもおかしくありませんが、私には「仏門に入って守屋入道と名乗った物部義近さんが願を掛けた」としか解釈できません。入道はともかくとして、地元「片倉」には物部姓の人がいたのでしょうか。

 目的を達したので「お昼は何を食べようか」と下ると、鳥居前の灯籠に彫られた「社宮司」に目が留まりました。もちろん「ミシャグジの社宮司」です。「明治45年合祀」とありますから、「神社の統廃合時に、近隣の地から守屋神社の境内に移した」としました。

「従六位物部連比良麿」

鳥居額「物部連比良麿」 鳥居額に「従六位物部連比良麿謹書」と彫られています。その「比良麿」をネットで検索しました。ヒットした物部氏の系図に、物部神社(石見国一之宮)の歴代神職が金子家と書かれています。明治に世襲制が廃止された関係でしょうか、末尾の位置に「有卿(ありのり)」と「比良麿」が見つかりました。有卿が直系で、「物部神社神職・金子有卿 男爵 石見国造 物部連 饒速日命後裔」とあります。
 話は飛びますが、5月に島根県太田市にある「石見一宮・物部神社」へ行ってきました。その時に持ち帰った由緒書ですが、このサイトとは“縁”が薄いので処分してしまいました。そのため、手許のガイドブックでは詳細がわからないので、公式HPの「御由緒」を読んでみました。

(前略) この石見国造金子家は明治初年、神職千年以上奉仕する功により出雲の千家・北島の両家と共に男爵の称号を授けられる。その後国造金子有卿男爵は初代貴族院議員にまた出雲大社教初代副菅長などを歴任され、神社興隆のため活躍された。

 「世襲制を廃止したので普通の人に戻れ」と命じたものの、余りの名家に、それは忍びがたいと爵位を授けたのでしょうか。長男が「従五位」なので、(弟と思われる)比良麿が「従六位」を受けたと思われます。ところが、鳥居額では直系の兄ではない比良麿とあるのが不思議です。「物部守屋神社」の揮毫をお願いした時は、すでに弟の時代だったのでしょうか。

物部守屋神社の由緒

 案内板がないので、昭和17年発行の宮下一郎編著『藤澤村史』から、「明治10年の書き上げ」とある〔守屋神社〕を紹介します。ここでは、「守矢社」となっています。

守矢社 村社 本村の北片倉にあり、東西五間南北五間、面積二十五坪、祭神物部守屋大連を祭る、勧請年月不詳、祭日六月廿二日、

由 来
(中略)日本書紀にあれば、當(当)昔大連子息等、遥々遁(のがれ)来て、信濃國伊那郡藤澤に蟄居(ちっきょ)して世間の人不交(まじわらず)、許多(あまた)の星霜を経て、漣々(れんれん)子孫蕃息(はんそく)して大連の霊を拝し祭りて氏神とし、家も數(数)戸に分かれても、尚昔を思戀(恋)して家名に守屋を唱え来りしならん、氏神守屋神社附近を字古屋敷と記したるは、往昔大連子息より、數代當所に住せし屋敷跡なりとぞ、亦(また)其傍に、字五輪原とて古墳あり、抑(そもそも)、最初守屋氏来住せしより千二百八十餘(余)年の今世に至ては、末孫七十二戸に相成。只可惜(おしむべく)事は寛永年間に村方焼失の砌(みぎり)、古書重器(ちょうき)等皆灰燼(かいじん)せしと申傳(伝)へり、

社宮司小社同所にあり東西五間南北四間面積廿坪、
山王小社同所にあり(社地略)
権現山神小社同所にあり(社地略)
山神小社同所にあり(社地略)

守屋神社の「社宮司」

灯籠の「社宮司」 『藤澤村史』に「社宮司社が同所(守屋神社)にある」と書いてあるので、社宮司社他三社は守屋神社の境内社と理解しました。しかし、併記の社地「20坪」は他の三社にもありますから、守屋神社の限られた境内に求めることはできません。何回も読み直した結果、「同所」は「本村(藤澤村)の北片倉(旧片倉村)」を指していることがわかりました。
 つまり、村内の各所にあった四社を守屋神社の境内に遷した記念に奉献したのが、参道脇にある「明治45年合祀 社宮司・山王(他)」の灯籠と理解できました。

守屋神社の石室

 『藤澤村史』の〔藤澤の概観〕では、伝説として「一、洩矢神守屋大臣伝説・二、物部守屋伝説」を挙げ、「三、守屋山は諏訪大神の弓矢を埋めし地と云説」として《祠に弓矢を埋めた。矢を守る守矢守屋》という話を紹介しています。
 ここでは、諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』に載る古文献の二書から、その一部を転載しました。

守矢氏神長官たる事
 神長官守屋氏(守矢氏にも作る)ある人のいう自ら誤りて後代の子孫物部氏守屋の子孫という大なる僻事(ひがごと)なり、中村中叟高遠の儒醫は大神の弓矢を掌(つかさど)りし大臣の子孫なりと考えし未だつくさゞるに似たり、守屋が嶽は大神の持給いし弓矢を蔵しという
『洲羽事跡考』

一、鳳凰が嶽
守矢が嶽鞍掛が嶽につゝいて有り。岐岨路記に上諏方の向の山を鳳凰が嶽という、その西の山を守矢が嶽というとかけり。守矢が嶽には守矢大臣の宮あり。石匣(せっこう)に神劍を納む。御手洗(みたらし)の水あり。旱魃の節(うぎょう※雨乞いにこの水を以すれば、必雨ふると云。

『諏方かのこ』

 「守屋山(頂)に石匣がある」と読めますが、現在それに相当するのは守屋神社里宮本殿下の石室しかありません。それは、剣または弓矢を納めるには格好の大きさですから、石匣と見なすこともできます。もっとも、伝承に合わせて石室を造った可能性もありますから、何とも言えません。


‖サイト内リンク‖ 「守屋神社奥宮」