諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社散歩道メニュー /

神殿中部屋社 諏訪市神宮寺

 「上十三所・中十三所」とある諏訪大社上社の重要摂末社ですが、順番としてその後に続くのが「下十三所」です。その下十三所の12番目に位置する「中部屋社」ですから、その存在が知られていないのもうなずけます。鎮座地は「諏訪市神宮寺」とありますから、諏訪大社上社の周辺であることは間違いありません。

中部屋社

 いろいろと調べる中で、天保の改築当時のものとある『諏訪上社旧大祝居館図』に「中部屋社」の文字を見つけました。土蔵手前の一区画に、「御社宮司社亦(又)春日社・中部屋社」が並んでいます。

中部屋社

 旧大祝邸は何回か訪れていましたから、その場所に比較的大きな社殿があるのを知っていました。しかし、由緒(ゆいしょ)を伺わせるものは何もないので、社名と祭神は不明のままでした。
 ネット地図を広げると、旧大祝邸のその位置に「春日神社」を表示しています。居館図の「御社宮司社(春日社)」だけが存続し、中部屋社は消滅したのでしょうか。
 後日、改めてその前に立ちました。しかし、周辺にある石祠にはそれぞれに神社名を書いた木札がありますが、これだけの社殿であっても何らの表示もありません。地元では“言わずもがな”ということでしょう。

 (引用元を失念してしまったので)諏訪大社関連の本に、〔中部屋社〕が載っていました。

 ~殿内部の~聖な一室であったと思われ、永禄の下知状にも~事再興の際、秋庵、御室、十間廊と共に諏方十郷の棟役錢をもってこれが造營に當てられ、「年内神事次第舊記」にも三月丑日の祭りの條に「~殿なかへやにて御拍御手幣参る」とあり、また同書三月巳の日の條にも「~殿おもてのなかの部屋」とされ、非常に重要な一槨であったと思われるのである。
 この中部屋は大祝の寶器である根曲の寶劍や覧筥中に砂金を入れて奉安したところであると傳えられている。中部屋は~殿の退轉後に獨立した建物として残留したものであり、その後大祝の宮田渡移轉に際し、付屬して移されたものであろう。
 宮田渡における中部屋社は大祝邸内の一隅に普通の社殿の形態を存して現存している。祭~は御左口~を祀ってあり、土地の精を奉齋した祝~の性格を持ち、神長官邸に殘る御社宮司~祠と同じく、屋敷~の形態をとって今日に伝えられているのである。

上社古図(復元模写版) 守矢神長官史料館蔵の復元模写版『上社古図』では、塀の外という場所ですが「神殿中部屋」と書いてあります。広い敷地の奥に社殿がありますから、かなり重要な位置を占めていることがわかります。

春日社

 宮地直一著『諏訪史 第二巻後編』の図録の写真では、現在見る社殿を「中部屋神社」と注記しています。また、神宮寺公民館刊『語り継ぎ神宮寺の民俗』では「大祝祖先の守護神」とあり、「中部屋社及び付随した春日社」と書いています。一方で、諏訪地方観光連盟のサイト『御柱祭』の〔小宮詳細〕には、「春日神社」の名で載っています。現在では、名のみの大祝に直結した名を嫌って「春日神社」としているのでしょうか。