諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社散歩道メニュー /

千野川社・千野河大明神・亀石 茅野市西茅野 17.9.10

 上社「上十三所」の9番目に位置するのが「千野河大明神」です。ここまではわかっていましたが、この神が坐す千野川社の所在がわからず未探訪(参拝)となっていました。茅野市のルーツとも言えるこの千野川社ですが、活字として読むことはあっても人の口に挙がるのを聞いたことはありません。
 そろそろ決着を、とサイト『御柱祭』にある「小宮一覧」を開きました。目を細めながら罫線の中に埋もれた「千野川」の文字を探しますが、…載っていません。想像するに、どうやら小宮祭も行われないような祠だけの神社のようです。ネットで検索すると、「かたくりの里」関連のサイトに、ついでにという感じで載っている写真から場所が特定できました。

千野川社(千野川神社)へ

千野川社の鳥居 9月10日、歩道の左右から通せんぼする草に構わず踏み入ると、挨拶代わりか嫌がらせか、まだ夏気分のスポーツサンダルとホワイトジーンズの靴下と裾に小さな緑のマーキングが幾つも付きす。払ってもしがみついている種に、季節はすでに秋と知らされました。

「千野川社」 祠の写真を撮ってそのまま帰ればよかったのですが、向拝柱に刻まれた「奉納・亀石大明神」を読んでしまいました。それなら千野川社はどこに、と上に続く遊歩道を登ってみました。
 すぐに出た「行き止まり」という結果ですが、運動不足の身では息が切れました。こうなると、一旦は否定された千野川神社が先ほどの祠である可能性が高まってきました。今はカタクリならぬ「ミズヒキソウの里」と化した薄暗い林の中から、遊歩道を占領した草々から種のお土産をもらって再び石祠の前に立ちました。

 祠前に一基だけ神灯が“残り”、竿三面に「獻燈」「萬延二年」「武運長久」とあります。そこまではよかったのですが、竿裏に刻まれた碑文を見てしまいました。「万延二辛酉年建設(以下読めないので略)」の本文に対し、最後に「大正元年壬子十月吉日」とあるので、「亀石大明神」と同じくまた悩みが増えてしまいました。大正元年に、萬延二年建立の神灯に「萬延二年に関わる謂われ」を新たに彫り込んだ、としましたが…。それ以上漢字の羅列に執着するのは止めて、明るく開けた水路脇に戻りました。
 水路の向こうに、亀石大明神の助けか千野川明神のお導きか、この手の話相手には“適齢”の男性が畑の手入れをしています。その彼から聞き出したのが以下の文です。

「地元では亀石様と呼んでいるが正しくは千野川神社だ。子供の頃は亀石の上に乗って遊んだ。洪水で流されて行方不明になったが、今は上諏訪の個人宅にあることが分かっている。しかし、戻ってこない。今度の日曜日に神社の掃除とお祭りがある。茅野(千野)と深い関わりがある御岳神社がある。千野川神社の管理は「西茅野区」が行っている。諏訪大社から年一回の参向がある。現在の茅野市は洪水を嫌ってここ(西茅野)から出た(分家だ)。

 亀石は江戸時代以前に流され、茅野と御岳神社の関係はないと思いましたが、…黙っていました。

亀石大明神 20.3.14

 千野氏の末裔である千野廣著『千野(茅野)氏概説』に、以下の文を見つけました。

 千野氏は、この古屋敷に住むようになってから邸内に亀石大明神を祀り、千野氏の御社宮神、すなわち潔斎屋となした。
 亀石というのは、諏訪七石の一つで、古代における奇石信仰の一神体である。亀石がそこに運ばれる前にはどこにあったか、また、古屋敷のどの辺に祀られていたかは確かでないが、多分宮川河畔に近いところであったらしい。
 しかるに、文明14年(1482)のたびたびの宮川の洪水、堤防の決壊などのため、その亀石は押し流されて行方不明になってしまった。貴重な亀石がなくなってしまったことは、千野氏の驚きはいうに及ばず、地方民もこれを惜しむこと一通りではなく、百方手を尽くして河中を探したが、遂にそれを発見することができなかった。
 そこで止むなく、亀甲形の亀裂がある石をどこからか探してきて、今度は絶対に洪水のために流される心配のない高いところに据えてこれを祀った。
 天正18年(1590)、秀吉が家康に関八州の地を与え、家康が江戸城に入るに及び、家康に属していた諏訪氏は武州奈良梨の地に移封され、千野氏は諏訪氏と共にその地に移るようになったので、亀石大明神の御神体を、そのまま古屋敷の地に残して行くのも止むと得ないことであった。
 かくて、亀石大明神のその後の保守も十分でなかったので、地方人もその失われることを惜しみ、近年に至ってその近くに石造りの小祠と共にそれを祀ったのが、現在の亀石大明神である。そこにある石碑に刻まれている文字を読んでみると、万延辛酉(1861)12月とあるから、それは、諏訪氏が武州奈良梨の地から、文禄元年(1590)上州総社の地に転封を命じられ、さらに慶長6年(1601)旧諏訪の地に復封を許されてより、260年も後のことである。(後略)

 文中の「万延辛酉」から、私が参拝した千野川神社が「現在の亀石大明神」と同じであるのは間違いありません。そうなると、「甲形の裂がある二代目の石」があることになります。「亀」が三つ並んだのはまったくの偶然ですが、境内とはとても言えない斜面にはそれらしき物はありませんでした。

 平成22年の11月になって、「もしや」と探してみることにしました。

晩秋の「千野川社」 葉が落ちきった境内では日陰の寒々しさだけが身に染みます。祠の中に白い幣帛があることで、諏訪大社の参向があり「千野川社祭」が行われたことが具体的な物として確認できました。他には新しい御柱が建っているだけで、亀石に当てはまるような石はありませんでした。


‖サイト内リンク‖ 「千野川社跡」