諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪の神社メニュー /

洩矢神社は「花岡村から移遷」 29.9.23

 「花岡村・橋原村」は明治初期までの呼称で、現在は岡谷市湊花岡・岡谷市川岸橋原です。

 別項の『洩矢神社』では、〔神社創立の年月は不明〕の項に、概略として以下のように書きました。

 諏訪には、神々を勧請する(呼び出す)祝詞を文字化した『祝詞段』があります。嘉禎三年(1237)の奥書があるので、それに登場する神社は中世には存在していたという一つの証明となります。
 その『祝詞段』は、諏訪湖の西岸から天竜川にかけては、有賀村・小坂村・花岡村・駒沢村の神号を挙げています。ところが、なぜか、橋原村鎮守「洩矢神社」の名はありません。そのため、洩矢神社は、嘉禎以降に創立した神社ということに…。

 これを、具体的にまとめてみました。

小坂村 小坂鎮守(小坂鎮守神社)

花岡村 ヲタイニ鎮守(船魂社)・花岡三ノウ(日吉社)

白波ノ大明神(白波社)

橋原村 ──

鮎沢村 ──(天正年中駒沢村から分村し、安永年中に鮎沢諏訪社創建)

駒沢村 駒澤鎮守(駒沢諏訪神社)

 鮎沢村については、歴史が新しいので納得できます。しかし、洩矢神社は、書き落としたかのようにお呼びが掛かっていませんから、江戸時代以降に創建されたのではとも思ってしまいます。

洩矢神社は、花岡氏の氏神

花岡村と橋原村
 紛らわしくなるので、花岡氏の氏神を「洩矢社」・橋原村の鎮守社を「洩矢神社」と表記しました。

『花岡区誌』を読む

 花岡区誌編集委員会『花岡区誌』に、あくまで私の基準ですが「おー、これは!!」という記述がありました。〔第七章 文化〕から[村の伝承]を転載しました。

まぼろしの村 明治四年の花岡村の地図には、字垣外田(かいとだ)、御堂(みどう)小屋(現川上)地籍には人家はない。前掲御堂小屋の阿弥陀堂の言い伝え享禄二年(1529)によると、室町時代には部落があったことになる。
 権現の小口姓は、垣外田から室町・桃山時代に移り住んだということはよくいわれており、牛山増太の小口姓由来にも書かれている。

 ここに別の言い伝えがある。それによると承応・明暦(1655−1657)のころ(四代将軍家綱のころ)垣外田・御堂小屋にはニ十数軒の部落があった。部落の人たちは「山の神」の項で述べた「左山之神」の位置に洩矢神を祀り、「産神様」とあがめて、花岡・小口・山岡・浜等の姓を名乗っていた。

 明暦(1655-)のころから移動が始まった。花岡姓を名乗る一軒が橋原へ移った。その時洩矢の神を氏の神としてお連れ申した。その社の跡へ山の神を祀って松の木を植えたところが、枝栄えみな枝垂(しだ)れたので「枝垂(しだ)れ山之神」と呼んだ。

(中略)

 なぜこのような大きな部落がここを離れたかについては、天竜端は洪水の害、御堂小屋辺は天竜川を吹き上げる季節風や、水便の悪いことによる火災のおそれ等があげられている。

左山神(花岡村)
諏訪史談会編『復刻 諏訪藩主手元絵図』〔花岡村〕(一部)

 ここに、「江戸時代初期に、花岡さんが洩矢神と共に橋原へ移住した」と書いています。『花岡区誌』に目を通した人の多くは読み流したと思いますが、私は、「もしかして」と頷いてしまいました。
 参考として、「左山神(山之神)」が書かれた『諏訪藩主手元絵図』を用意しました。

華岡氏の灯籠

「𫝍」←スマホやMacでは(多分)表示しません。画像では「岡」です。

洩矢神社の灯籠 写真は洩矢神社の石段脇にある一対の灯籠で、竿に「𫝍」と彫られています。私の辞書には該当するものがありませんが、イメージとして見ると「華岡」が近似字で、諏訪の姓では「花岡」に通じます。
 長らく「華岡だろうな」で終わっていましたが、〔まぼろしの村〕を読んだことで「華岡」で間違いないことを確信しました。ネットで調べると、それぞれの異体字と俗字で、「奉神納 𫝍氏 傳兵衛保」「明和四年(1767)丁亥稔初冬吉良日」となりました。

洩矢神社
洩矢神社

 傳(伝)兵衛さんが橋原村に洩矢神を移遷させた華(花)岡氏の子孫である確率は極めて高いので、「花岡氏が橋原の地に新たに祀った洩矢神が洩矢神社」と重なります。また、奉献が「橋原村中」ではない「華岡氏」であることが、強力な接着剤となります。

「京塚原」

京塚原
『花岡区誌』〔地学図(1)〕(部分)

 『花岡区誌』で洩矢社の旧跡地である「左山之神」の場所を探すと、〔花岡の石造文化財一覧表〕に「昔左山神という、中央道通過で移転」とありました。

 「移転したのなら、現地へ行っても意味ないか」としましたが、「位置 京塚原」に注目しました。橋原にも「京塚原」があるからです。折込の地図で探すと、御堂小屋の山際に京塚原 ※がありました。

同書によると、元禄以前は「経塚原」

洩矢神社 左は滝沢主税編『長野縣町村繪地圖南信篇』〔橋原村〕の一部で、洩矢神社の側方にあるのが耕地京塚原です。ただし、前出の『諏訪藩主手元絵図』や、新しいところでは発掘調査報告書『経塚(経塚原)遺跡』が「経塚原」を使っています。場所は、洩矢大神御舊蹟碑がある辺りの耕作地と考えてください。
 私は、花岡氏が「洩矢社と鎮座地縁(ゆかり)の京塚原を、移住先の橋原村に再現した」と考えました。

洩矢神社は、花岡氏が奉斉した洩矢神を祀る氏神社

 [村の伝承]および『花岡区誌』全般では、橋原村の洩矢神社との関係を一切述べていません。隣村という関係と、境内にある『洩矢神社由緒略記』の“濃厚な内容”から、洩矢神社の氏子や橋原区民の感情に配慮したのかもしれません。私も、あくまで[村の伝承]として、「洩矢神社の前身は、花岡村の洩矢社」と声を挙げるのは控えていました。
 しかし、「京塚原」という新たな“事実”が出てきたことで、と言っても状況証拠でしかありませんが、両村とは中立の立場になる私は「花岡村の洩矢社→橋原村の洩矢神社」と断定することにしました。

洩矢神社に合祀されている藤島神の謎

 「洩矢神社は、花岡氏の氏神」と断言してしまったので、私が密かに考えている「橋原村の鎮守神は、原初は藤島明神」を“辻褄が合う”ように構成してみました。

 まず、洩矢神社に藤島明神が合祀されているという事実があります。これを、「原初、橋原村は天竜川畔に藤島明神を祀っていた」と仮定してみると…。

洩矢神社灯籠「花岡氏」
洩矢神社の灯籠「華岡氏(花岡氏)」

 花岡村から移住してきた花岡氏の子孫が栄えて分家が増え、先住の橋原村民であっても、花岡氏が奉斉する洩矢神を無視することができなくなってきた。
 それによって確執が生じたが、時代は移り、今や花岡氏が優位に立って勢力が逆転してしまった。
 藤島社は度々の洪水で社殿が流されることがあるので、その氏子は高台にある洩矢神社に合併を持ちかけた。合併が成立し、現在の「洩矢神・合祀藤島明神」となりました。

龍源山の神(左山の神・洩矢社旧跡地) 29.9.24

 『花岡区誌』の〔龍源山の神〕を読み直したら、「中央道の通過により、その工事用道路として拡幅があり、やむを得ず一段上へお移し申した。移転に際し龍源山の神と呼称した」とあります。

左山の神
龍源山の神(
龍源山の神・左山の神
龍源山の神(左山神・洩矢社旧跡地)

 「それなら旧蹟地を確認する価値があるではないか」と出掛け、ここに紹介したのが遠景と近景の写真です。その通りで、道より上の段に鎮座していました。因みに、前の道は、諏訪湖の伝説に登場する「鯰坂(なまずざか)」です。

 この足で洩矢神社まで行き、『洩矢神社は、花岡村から移遷』を作成したことを報告しました。その道中(鎌倉街道)で目にしたのが、どれもこれもという「花岡姓の墓石」です。調べたわけではありませんが、花岡姓は、花岡より橋原の方が圧倒的に多いと思われます。

洩矢神社は、西山各村の山ノ神の総本社

 前出『花岡区誌』[村の伝承]の続きです。

山の神と水神 (前略) 山の神の祭神は大山祇神とされているが、守屋山に続く西山の山の神は洩矢の神を祀るという根強い信仰もあったようである。

 『諏訪藩主手元絵図』では、守屋山に接している村には「山の向こう側」という表現で、現在の物部守屋神社奥宮である「守矢大神」の祠を描いています。諏訪境に立ちはだかる伊那側のランドマークといった存在でしょうか。
 それに関連して、『花岡区誌』にある「守屋山に続く…」に、大きな示唆を受けました。改めて『諏訪郡諸村並舊蹟年代記』を読み直すと、以下の記述があります。

…伊奈郡長岡村方入会貳拾八ヶ村、真志野村と元禄十一年より出入に及、十三年め宝永七寅年相済御絵図面頂戴、両真志野村山元附村六ヶ村大熊村(この間西山の村名を列挙)又作左エ門新田共守屋大明神之社は守屋要人殿へ頼ミ氏神と申立、長岡作左エ門新田五軒…
諏訪教育会『諏訪史料叢書 第三巻』

 私の判断で句読点を加えてみましたが、それでもわかりにくい文書になっています。これを、伊那側との山論の絡みもあって、洩矢神社を「山の神の総本社」と申し合わせ、さらに祢宜太夫家の氏神とすることで権威付けをして対抗したと読んでみました。

「左」山神は「古」山神」

龍源山の神 『村地図(諏訪藩主手元絵図)』には「左山神」とある。他の山の神がすべて単に「山神」とあるのに本社だけが「左」とあるのは、今日まで疑問となっている。この山の神はしこめ(醜女)であり、左目だけであったという説。「枝垂山神」の転化ではないかとの説などがある。
左山神
『復刻 諏訪藩主手元絵図』

 ここに出る「左山神」を『諏訪藩主手元絵図』で見ると、確かにです。

 ところが、日が経つ中で「古」であることに思い至りました。改めて「古」を調べると「左」と同じ字体があり、どちらにも読めることになりました。
 こうなると…。『花岡区誌』では「その時(山の神である)洩矢の神を氏の神としてお連れ申した。その社の跡へ再び山の神を祀って…」と書いています。つまり、神社跡を「古山神」と呼んでいたものが、再び山の神を祀っても「古山神」と呼び倣わしたということでしょう。
 念のために、間違いようのない「“古”田村」を『諏訪藩主手元絵図』で開くと、同じ字体でした。

社家「花岡氏」は洩矢神の末裔 '21.4.4

 延川和彦著/飯田好太郎補『諏訪氏系図 続編』があります。その中から、〔同上同職(※諏訪神社旧大祝政所両奉行)花岡家略系 (同上抄本)〕をひらがなに直して転載しました。

洩矢神末裔と云、先代花岡邑(村)住、因而(よって)氏とす。祖先久遠にして不詳(花岡氏の事は上巻に掲ぐ見るべし)

補に云う,狩倉ノ里の由来に、守矢神の神族繁栄住居せしが湖水干潟するに従い平戸に移れり、之を守矢の神族衆と云うと。蓋(けだ)し本氏又同族ならんとの説あり。

 補に云う、守矢神を洩矢神と同神なりとの説あり、永明村一本湛えに守矢稲荷社と云うあり、当氏の祖神と同神なるか附して考に供う。

 永明村の「一本湛エ」ですが、「一本椹(さわら)」の間違いです。送り仮名の「エ」があるので、誤植ではなく著者の記憶違いでしょう。それはともかく、あくまで“系図”という文書ですが、花岡氏と洩矢神との結びつきを書いています。