諏訪大社と諏訪神社トップ / 下社雑学メニュー /

諏訪大社下社の不明門

下社の不明門(あかずのもん)

 平成19年12月23日。灯籠の写真を撮ろうと下社春宮に寄ると、社殿修復工事に合わせて瑞垣内の整備が行われていました。

下社春宮不明門
わずかに見える不明門

 「これは、またとないチャンス」と、開いていた門から撮ったのがこの写真です。

春宮不明門 今回は古い写真になりますが、たまたま写っていた不明門の写真を活用することにしました。
 その門に丸棒状のバーが掛けられていますが、これが、不明門を「不明(開)」たらしめている“出入禁止の棒”でしょう。しかし、丁度足場の単管と控え柱の陰になっており、その仕組み(取り付け方)は見えません。
 一方の開放されている門ですが、古絵図から「春宮の不明門は左側」とわかっているので、こちらは通常の造りと考えました。

下社春宮境内図 宮地直一著『諏訪史 第二巻後編』の図録に、『下諏方大明神春秋両社之絵図』があります。ここでは、春社(春宮)の瑞垣内を拡大したものを転載しました。
 このサイズでは文字が不鮮明なので、部分拡大したものを以下に添付しました。

下社春宮不明門 「板塀で描かれていますが、現在は屋根付きの塀であることがわかります」はともかく、改めて「宝殿を囲む瑞垣(塀)の左側にあるのが不明門です」と説明を入れました。


秋宮不明門
秋宮の不明門(15.9.15)

 春社と対になる秋社を見ると、不明門は右側にあります。そのため、この門は「宝殿の左側」という法則は存在しないことになります。春宮と秋宮の間は聖域とされているので、外側に向けて不明門を設置したのでしょう。
 絵図では以上のように確認できますが、「…此時不明門開…」のような記述を古文献に見ることはできません。下社では古文書の多くが焼失したこともありますが、その門が開けられるような変事は無かったということでしょう。

上社本宮の不明門

 ここで気になるのが、上社本宮の不明門です。古絵図では幣拝殿の右側にあるのがわかっていますが、現在は退転しているので、その場所と形状の詳細は不明です。

上社本宮「不明門」
神長官守矢史料館蔵『復元模写版 上社古図』(部分)

 江戸時代初期の『上社古図』では、こちらは外垣ですが、その塀と一体となって描かれています。また、四之御柱の外側なので、かなり奥ということになります。
 御柱の位置が現在と変わっていないとすれば、「山際ギリギリ」と言った場所です。

上社本宮「不明門」
諏訪史談会編『復刻諏訪藩主手元絵図』〔神宮寺村(部分)〕

 江戸時代中期の『諏訪藩主手元絵図』では、門と垣の一部だけを、こちらもかなり山側に描いています。
 かつての不明門は、式年造営で更新されました。しかし、元々は「まず使うことはない」という建造物ですから、外垣を廃止して門のみを造営→その後に全廃という流れに至ったと思われます。


(この場を借りて)ツイート

 これまでに挙げたものをまとめると、

 ・下社──宝殿を囲む瑞垣(内垣)の側面
・上社──幣拝殿を囲む玉垣(外垣)の側面(宝殿のはるか前方)

という違いがあります。これを言い替えると、
・下社は洗練された(綿密に設計された)社殿配置
・上社は取って付けたかのような(徐々に整っていった)社殿配置

となるでしょうか。とにかく、上社は、下社から宝殿や御柱を導入した(パクった)とも思えるバラバラ感があります。それが、いかにも諏訪生え抜きの神社らしくて…。