諏訪大社と諏訪神社トップ / 下社雑学メニュー /

『国幣中社諏訪神社下社繪圖』 25.10.17

 県立歴史館蔵『国幣中社諏訪神社下社絵図』を、「信州デジくら」からコピーしました。縦が65cmという大判ですが、折り目(5×3)があるので、たたんで携行したことがわかります。

神紋「諏訪梶」

 似たようなものがあったと、宮坂清通・増沢光男・竹淵甲子男・信州・市民新聞グループ編集局『おんばしら 諏訪大社御柱祭のすべて』を開いてみました。記憶にある通り、「…立川和四郎富昌が描いた江戸末期の下社絵図。幕末の秋宮周辺の様子がよく分かる」と説明がある、同じ『国幣中社諏訪神社下社絵図』の右半分でした。

「立川和四郎富昌圖」

春宮幣殿の神紋 「立川和四郎富昌は絵図も描いたのか」と改めて元図を眺めると、左側面に「信濃國諏方 立川和四郎富昌圖・飛騨國高山 土川秀渓彫刻」と書いてあります。寺社の造営やその彫刻には設計図が必要ですから、彼にとっては(依頼があれば)絵を描くことは造作ないことでしょう。
 ところが、題名に大きく「国幣中社…」とあるので、その時代差が気になります。立川和四郎富昌の没年が安政3年(1856)で、諏訪神社が国幣中社に昇格したのが明治29年(1896)だからです。彼が亡くなる直前に描いたとしても、40年の差があります。

 ここで、持ち前の“突っつき”が頭をもたげてきました。試しに絵図名をネットで検索すると、「古地図(山下氏関連)−岐阜県図書館」が一件だけヒットしました。しかし、クリックしても「山下さんが図書館に寄贈した書籍のリスト」なので詳細はわかりません。次に「立川和四郎富昌 土川秀渓」で検索しますが「ほぼ同時代の人」とわかっただけで、絵図と作者の名から有益な情報を得ることはできませんでした。

立川和四郎富昌絵「弁天池・天神池」 ここに下社の神宮寺が描かれていれば、廃仏毀釈で破却される前に作成したことがわかります。早速その辺りに目を配ると、(立川和四郎富昌作を否定しようとする)目論見通り「田畑」として描かれていました。
 なお慎重に目を光らせると、二つの池が確認できます。この池は(神仏混淆で)千手堂の境内に造られた天神池と弁天池で、ともに天神(天満)社と弁天(貴舟)社が祀られていました。その気になって注視すると右側に祠があり、読めませんが“銘板”も並記してあるのがわかります。“神社”として描かれたのは間違いありませんから、この絵図は廃仏毀釈以降の作と断定できそうです。

 ところが、この“断定”を不動のものにするために大きな視野で眺めると、慈雲寺が描かれていないことに気が付きました。さらに見回すと、神宮寺とは関係ない(破却されない)寺院も一切見当たりません。総合的に判断すると、この絵図は神社に絞って描いたものとわかりました。
 これで、立川和四郎富昌の作という可能性が出てきました。「他に何か手掛かりが」と拡大して眺めると、作者名の下に「東堀村」と書いてあります。東堀村は明治7年に周辺の村と合併して「長地村」になりましたから、それ以前、すなわち幕末から明治初頭に描かれたものと範囲が狭まってきました。しかし、それ以上の進展は望めませんから、幕末に立川和四郎富昌が描き土川秀渓が彫った「諏訪神社下社絵図」を、明治29年以降に「国幣中社諏訪神社下社絵図」としてリメイクしたものと考えるしかありません。

立川和四郎富昌が描いた秋宮の神楽殿

立川和四郎富昌「秋宮神楽殿」 せっかくなので、立川和四郎富昌が造った秋宮の神楽殿を切り取ってみました。数ある古絵図の中でも特に神楽殿の特徴をよく表していますから、本人が描いた可能性は十分にあります。
 なお、原本は汚れや変色(セピア化)が進んでいるので、文中の絵図は発行当時の色に近いように、またはモノクロに加工してあります。