from八ヶ岳原人Home / 雑記書留メニュー /

万治の石仏 諏訪郡下諏訪町

 「万治の石仏」には幾つかの「謎」があります。“重箱の隅”が大好きな私は、想像力をたくましくして「万治の石仏と万治三年の謎」に迫ってみました。

万治の石仏 16.10.9
「秋の恵みに感謝」16.10.8

「万治の石仏と伝説」16.8.10

 現地にある案内板をそのまま書き写しました。

万治の石仏と伝説
南無阿弥陀仏 万治三年(1660)十一月一日 
願主・明誉浄光 心誉廣春 
 伝説によると、諏訪大社下社(春宮)に石の大鳥居を造る時、この石を材料にしようとノミを入れたところ傷口から血が流れ出したので、石工達は恐れをなし仕事をやめた(ノミの跡は現在でも残っている)。
 その夜石工の夢枕に上原山(茅野市)に良い石材があると告げられ、果たしてそこに良材を見つけることができ鳥居は完成したというのである。石工達は、この石に阿弥陀如来をまつって記念とした。尚この地籍はこの石仏にちなんで古くから下諏訪町字石仏となっている。
下諏訪町

 「大らかで大ざっぱなのが伝説の面白さ」なので、そこまで「下諏訪町」を“突っつく”のは、と反発を受けるのを覚悟で“難癖”を付けてみました。

疑問(というか矛盾)

 まず、冒頭に「願主が二人の僧」と実名まで挙げているのに、「石工がまつって記念とした」では大きな矛盾となります。また、「ノミを入れたところ…仕事をやめた」とありますが、現状を見る限りでは、血が流れ出ても削り取るまでは止めなかったことになります。さらに、「神様(鳥居)ではダメで、仏様(石仏)ならOK」というのも(私には)解(げ)せません。

春宮の大鳥居

 伝説の「起」となった春宮の石鳥居を、下諏訪町誌編纂委員会『下諏訪町誌』の〔石の造形品〕が解説しています。しかし、建立年は、伝説から割り出した推定万治三年」でした。

 春宮前の御影石の大鳥居は万治三年(1660)の建立と推定されている。寄進の人も石工の名前も伝わっていないが、浮島北方にある石仏は、このとき石工たちが記念につくったといい万治三年の銘がある。この巨石を割って鳥居の石材にしようしたら石から血が出て中止したとか、(後略)

 一方、諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』収録の『古日記書抜』には

延宝三乙卯 下之春宮え石の鳥居建 大坂(※大阪)より石工来る

と書いてあります。諏訪神社(現諏訪大社)上社の筆頭神官である神長官の記録ですから間違いないでしょう。延宝3年(1675)は万治三年より15年後のことですから、鳥居の加工が長期に渡ったとしても、案内板の「伝説」から「鳥居に関する記述」が消えることになります。
 また、同書にある延宝8年の奥書がある『下諏方社例記』には

春社(※諏訪大社下社春宮)
 一、下馬橋 一、材木屋 一、石鳥居一所 

とあるので、延宝3年を鳥居の建立年とするのが現実的だと思います。

万治の石仏に首はあるのか

万治の石仏「頭部」16.10.9 頭部(顔)は正に取って付けたような造形なので、何らかの理由で、後世の人が頭部を据え代えたことが考えられます。結果として、この表情(アンバランスさ)が現代の“一部の人”に熱狂的に支持されたわけですが…。
 その頭部がよくも落ちないものと疑問を持っていましたが、ある日、コケシのように(この写真では見えませんが)胴体に差し込まれた首を見て納得しました。この隙間にたまった雨水などが凍結して、霜柱のように頭部を押し上げる現象が「首が伸びた」として話題になったのはすでに周知のことです。

万治の石仏は「えぼし石」か

 『下諏訪町公式サイト』の「生涯学習情報」[下諏訪町の文化財]では、「万治の石仏」を以下のように紹介しています。

ここを東山田の小字石仏といい、延宝3年(1675)の検地帳や享保18年(1733)の『諏訪藩主手元絵図』には「えぼし石」と、下の原村の文化2年(1805)の「山の神講歳代記」には「みたらしの石仏」と記されている。(以下略)

『諏訪藩主手元絵図』から東山田村(部分) 『諏訪藩主手元絵図』は、「五代藩主諏訪忠林(ただとき)が諏訪の領地の全貌を知るために、享保18年に各村に命じて村絵図を描かせ…」とある、領内百九ヶ村の絵地図です。「山・河川・田畑・道路・神社仏閣・家・一里塚・古塚・木樹・大石」などが名前入りで描かれています。
 左は、諏訪史談会『復刻諏訪藩主手元絵図』から転載した「東山田村」の一部です。右端(村境)には、確かに「ゑぼし石」と書いてあります。藩主自らの命で作らせた公式地図ですから、この「諏訪藩主手元絵図のゑぼし石」の重みは無視できません。

 さらに、削り取られた石仏の背中を推定復元すれば「烏帽子」状になりますから、まさに「えぼし石」です。このため、享保18年はまだ「えぼし石」であった可能性があります。
 ここに出る「みたらしの石仏」は、「みたらしの石仏の謎」として別ページに掲載したので、興味のある方は読んで下さい。

「万治三年」は後付けか

万治三庚子年 本題に戻ります。私は、碑文(銘文)にもしっくりしないものを感じています。通常、「製造年月日」を表示する場合は「元号の後に干支」を加えます。万治三年は「庚子(かのえね)」ですから、それを左のように小文字で斜めに入れます。もちろん例外はあるので、これをもって「万治」を否定することはできません。

万治の石仏「碑文」

 次は「万治三年十一月一日」のレイアウトです。右側は、左の写真を、書体は違いますが大きさや傾きを忠実に写し取ったものです。これを見ると、願主とある僧二人の実在はともかく、その上に年月日を彫るのは不自然であることがわかります。何よりも「万治三年」が斜めにズレています。

万治3
年 また、研究者の本では「同一筆跡」と断定していますが、「万治…」の書体はかなり稚拙ですから同時期に彫られたものとは思えません。このように、総合的に見れば、誰もが「南無阿弥陀佛 願主 明誉浄光・心誉廣春」と「万治三年十一月一日」は別物と思うでしょう。私は、「万治三年は、後世に彫り加えた」としました。
 ここが“分かれ道”になります。「万治三年造立」を前提にするかしないかで展開が大きく変わります。「万治三年として一冊の本を書いた人」もいますが、私は「改ざん説」を唱えたので、以下に続けます。

万「治」と万「冶」の怪

 「さんずい」と「にすい」の違いです。「万冶の石仏」をネットで検索すると、GoogleとYahooでは、トップに「にすい」の「万冶の石仏(下諏訪観光協会)」を表示していることに気が付きました。さらに調べると、それを参照したのか、多くのHPやBlogに「治」と「冶」が混在しています。特に「Blogでは小文字化によるウソ字が一般的」なので、点や線が一つくらい無くてもわかりません。
 本家本元の「下諏訪観光協会」が「万冶」ですから、地元諏訪のHPがどちらを採用しているのかをチェックしてみました。
 冒頭の「下諏訪町の案内板」と『下諏訪町公式サイト』の〔下諏訪町の文化財〕では「治」です。また、下諏訪商工会議所は「万治の石仏」で商標を登録していますから、下諏訪観光協会は“孤軍奮闘派”ということがわかりました。

 下諏訪観光協会と「万治派」の間で“何か”があって、「さんずい」と「にすい」を使い分けているのでしょうか。そうは言っても「万冶」は「まんや」としか読めないし、何より「万治三年」と彫られていますから、「万治の石仏」が“正統”でしょう。
 人は私のことを「重箱の隅を突っつく暇人」と決め込むかもしれませんが、それは無視して「平成23年4月現在ではどうなっているの」と再び調べてみました。

 現在の下諏訪観光協会のサイトは、リニューアルして「万治」に替わっていました。ところが、「万治の石仏」を商標登録したはずの下諏訪商工会議所のサイト『ぐるっとしもすわ』が、下諏訪観光協会の旧ページを引き継いだ形で「万冶」を使っています。その他、「下諏訪温泉旅館組合」でも「混在」が見られました。
 ホームページ作成代行業者に“丸投げ”したままで「チェックをしない」ことも考えられますが、下諏訪町(民間)には「万治vs万冶」の図式があるのかもしれません。因みに、Googleで「万の石仏」を検索すると、「次の検索結果を表示しています:万の石仏」と修正して表示します。

エッ!! 万治の石仏参拝方法?  19.11.2

 新聞に、「万治の石仏の参拝方法が決まった」と載っていました。「万治」に引っかけて「万(よろず)何とかと唱えながら、石仏の周りを三回廻る」というものです。「下諏訪商工会議所がアドバイザーの提案を受けて」とありますが、こんな「安易な創作参拝作法」を(何も知らない観光客に)押しつけることに反対した関係者は一人もいなかったのでしょうか。
 商工会議所と観光協会にまんまと乗せられて(経緯を知らぬまま)素直にグルグル回っている善良な人々を想像すると、おかしいやらかわいそうやら…。「知らぬが仏」とは、正にこの(踊らされた)人達のことを言うのでしょう。後は、これが「地元の言い伝え」にならないことを祈るばかりです。

「万治の石像」って何だ!? 23.4.7

 4月に入ってから「万治の石像」が検索ワードの上位になっています。「何だろう」と試しに「万治の石像」で検索すると、気を利かせたGoogleが「像を(勝手に)仏に変換」して「万治の石仏」を表示してくれました。私の目的はあくまでも「万治の石像」なので、オプションの「完全一致」を使って再検索をすると…。

 トップにブログ『観光|篠田麻里子|AKB48LOVER』が表示し、以下のすべてに「篠田麻里子」の名が見られます。「万治の石像」と書いたこのブログを読んだ多くのファンが「万治の石像って何」と検索した結果が、本家の「仏」を抜いて「像」がトップに立った原因とわかりました。「(良くも悪しくも)篠田麻里子さんパワー恐るべし」でした。
 それにしても、「“万治の石像”で検索しても“万治の石仏”しか表示しない」ことに頭を悩ませた多くの篠田麻里子ファンがいたのは確実です。篠田麻里子さんより「検索ロボット」の方が“一枚上手”ということでしょうが、幸いにも篠田麻里子さんに「バチが当たった」という話を聞かないので、「万(よろず)治まった」ようです。
 初めて「AKB48」の文字を目にした時、「アー・カー・ベー」と読んでしまいました。もちろん「KGB」と同じ読み方です。

「胴体は、享保18年以降の追刻」説 26.8.29

 増沢五助著『旧東山田村の史跡散歩』に〔謎の万治の石仏〕があったので、その一部を転載しました。

地元の伝承のように春宮の石の鳥居を建てた時、昼休みに石工が頭を刻んで石の上に乗せて置き、下は普通の石であったので、頭だけでは仏像に見えないから村地図を藩へ提出する時、東山田村は「えぼし石」と書いたのではないか。胴体の部分は享保十八年より宝暦年間の二−三十年に東光坊の僧の追刻と考える。
地元の言い伝え   

 ここまで、畏れ多くも「万治の石仏」を何回も突っついてしまいましたが、楽しんでいただけたでしょうか。

御柱と万治の石仏

万治の石仏と御柱
21.12.28  

 万治の石仏が「春宮三之御柱」を見詰めています。ノミの跡が残るという背中が白くなっていますが、雪ではなくコケでした。
 『ウィキペディア』では、現在(29.3.21)も「その鑿(のみ)は現存している」と表記していますが、「鑿のは現在でも残っている」の誤記です。『ウィキペディア』にはこのような誤りがあるのを散見しますから、丸ごと引用するのは控えた方が安全です。


‖サイト内リンク‖ 「万治の石仏とみたらしの石仏の謎」