諏訪大社と諏訪神社トップ / 下社散歩道メニュー /

御射山社(諏訪大社下社) 17.8.7

 永禄年間以降、社頭の衰微によって、年々の祭祀も困難になって来たので、秋宮の奥、武居入の二上峰(ふたかみのたけ)に本社を移したのであり、霧ヶ峰の旧跡を旧(もと)御射山と称し、降下した二上峰の聖域を御射山と呼び、爾来(じらい)ここで祭礼を執行している。
下諏訪町誌編纂委員会『下諏訪町誌』「下社の祭祀」

 案内板「御射山社」の指示で、分岐を左に折れ等高線に沿ったような林道状の道を進みます。下った先が大きなカーブで、これでは下社側に戻ってしまうとの小さな不安は、視界に入った鳥居の出現で直ちに取り消されました。

諏訪大社下社「御射山」の句碑
奥の社殿が穂屋

 前日各地で雷雨があったとの新聞記事を思い出しました。下諏訪でも大雨が降ったらしく、まだぬかるんでいる一車線幅の道を登ります。もうすぐ昼という暑さも木々の底とあっては直接伝わらず、「何もこんな時期に来なくても…」と入口で後悔したことが嘘のようでした。
 芭蕉や一茶の句碑があります。いずれも御射山社に因んだ句ですが、休みを兼ねて眺めるだけでした。

諏訪大社下社「御射山社」
左から、兒宮・御射山社・八千矛社

 御射山祭でドジョウが放される沼沢を右に見て、さらに上に向かいます。右に新築間もない穂屋を見ながら登り詰めると、比較的新しい祠が三棟現れました。これが、江戸時代初期に霧ヶ峰から現在地の「武居入」に移された諏訪大社下社の御射山社でした。社前に立つと、アブラゼミの独唱がどこからともなく伝わってくるだけの静かな御射山がありました。

諏訪大社下社御射山社の「御神水」 社殿右下にある「御神水」の水鉢には、先日の雨で流れ込んだのでしょう、大きなミミズが三匹沈んでいました。地形からこの上には人家がないと確信したので一口飲んでみました。その気なら、今から5分後には自販機で好みの飲料が手に入る時代です。ふやけたミミズを見たこともあって「甘露甘露」とは表現しがたいのですが、これで数日は長生きができるかな、という味と冷たさでした。


‖サイト内 リンク‖ 諏訪大社下社の御射山祭「夕祭」