諏訪大社と諏訪神社トップ / 下社散歩道メニュー /

下馬橋(太鼓橋) 諏訪大社下社春宮

 下社春宮の下馬橋は、造営は室町時代とされ元文年間の修築がありますが、諏訪大社で最古の建造物と言われています。

下馬橋(太鼓橋)
参道と角度が微妙にずれているのはなぜ?

 この写真は春宮側から撮ったものですが、望遠レンズを使用したので、やや現実離れした光景になっています。
 この下馬橋は大正11年に県道に昇格した表参道の真ん中にありますから、車での走行の際は、いきなり通せんぼされることになります。
 私が初めて春宮を参拝した時は鳥居がある国道側(写真奥)から来ましたから、(車は左側通行とあって)妥当と思われる左側を選びました。直後の、部外車には袋小路としか見えない迷路を前にして、「道を一つ覚えた」と負け惜しみの言葉を残して方向転換をしました。
 この建造物の立地を目の前にすれば、突っ込んだ車がジャンプしているシーンが目に浮かびます。そのため、現在の車社会では、この屋根付き太鼓橋が今まで無傷であったことに感心してしまいます。

諏訪大社春宮下馬橋

 構造がよくわかる側面の写真です。桁行四間とありますから7m強で、屋根を含めると全長は10m余りでしょうか。床は、別称が太鼓橋とあるように盛り上がっています。

下馬橋の蛙股 貫(ぬき)にある蟇股(かえるまた)には、諏訪大社の神紋「梶」が彫刻されています。この橋は諏訪大社下社春宮の参道にありますが、上社の神紋とされる「四根梶」でした。
 諏訪大社下社の遷座祭では、御霊代を乗せた神輿がこの橋を渡ります。「通行禁止」を謳(うた)っていないので、(何も知らない)観光客を装って歩いてみようと思いましたが…、止めました。

御手洗川

下馬橋下の御手洗川 17.1.19 「何人(なにびと)も御手洗川(みたらしがわ)に架けたこの橋の手前で馬から降り、川の水で身を清めた」とあります。しかし、現在はその川がありませんから、橋のみが残ったと思いました。
 年が改まった1月、何気なく下をのぞくと、“行方不明だった川”が音を立てていました。橋の下以外は暗渠なので、消滅したと思ったのも無理はありませんでした。

下馬橋は神橋

遷座祭 これは、前述した8月1日に行われる遷座祭の光景です。「お舟」に先立って春宮を出発する行列ですが、白丁に担がれた御霊代のみが下馬橋を渡ります。
 春の遷座は「秋宮から春宮」なので、写真とは逆になる手前から渡ります。

サワラ並木

『国幣中社諏訪神社下社絵図』下馬橋 左に、長野県立歴史館の所蔵本から、明治29年以降と思われる『国幣中社諏訪神社下社絵図』の一部を転載しました。左上にあるのが下馬橋で、参道の並木が矢木大門(現在の国道)まで連なっているのがわかります。
 古写真では、その太さから「日光の杉並木以上」と思えますが、「昭和9年の室戸台風でほとんどが倒れた」とありました。