諏訪大社と諏訪神社トップ / 特殊神事メニュー /

御作田御狩神事 6月27日

 『諏方大明神画詞』には「事しげ(繁)ければこれを略す」とあるように、「五月会に同じ」と簡単に書かれています。

 廿七日月の大小により延役あり、御作田の狩押立秋尾沢狩集(かりつどえ)山上の狩倉をおす、廿九日に至るまで三ヶ日の儀五月会に同じ
『諏方大明神画詞』「61」
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』

 神事の解説は、武井正弘著『年内神事次第旧記』の「注釈」から引用しました。

 この催しは別名を御作田狩押立とも言い、年四度の御狩にあたるが、特徴としては弓矢や放鷹による個々の狩りは許されても、大がかりな狩立はなく、象徴的な贄狩りの式だったことで、神贄としての鳥獣は大祝直属の神人たちによって調えられる習わしであった。 (抜粋)

 現在の「御田植神事」は6月の初めですが、古くは旧暦の6月晦日に御作田社で、後に藤島社の斉田で行われました。その神前に供えられるのが御作田御狩で調達した「贄」だそうです。言い換えると、「年四回の農耕儀礼に使う贄の鳥獣を捕るのが、年四回の御狩り神事」と言うことになります。前出の『年内神事次第旧記』には「御田(御作田神事)へ櫃飯一・瓶子一貢・御贄参」とありますから、鹿肉が供えられたのは間違いありません。

 平成21年、今日は10時から前宮で月次祭があったので、前宮前では、駐車場へ戻る諏訪大社大総代の姿が見えました。

御作田御狩神事

 拝所から覗くと、朝方降った雨が石畳をまだ濡らしています。光が乏しい斉庭ですが、左には、真新しさ故に日を受けて照り返しているような西宝殿・前方は幣拝殿裏の神居から伸びた緑も一段と鮮やかな木々・右には、脇片拝殿に座り笙を暖めている神職が人(神事)待ち顔です。彼が笙を持つ姿を初めて見ました。「趣味と実益を兼ねている」とは一方的な観察ですが、最近は、若い神職が神事で篳篥を吹く姿が多く見られます。

 前宮に参向した宮司を始めとする神職は、取って返しての神事なので忙しいのでしょう。今日の神事は遅れ気味のようです。しかし、定刻の11時には神職は定位置に座りました。御狩神事は諏訪大社の内輪の神事なので、前宮で見た諏訪大社大総代の姿はありません。現在は神前のみの神事で、修祓から始まり宮司一拝で終わる簡素な神事でした。宮司が奏上する「祭詞」が聞こえれば、現在の御狩神事を諏訪大社がどのように取らえているのかわかります。しかし、控えめとはいえ途切れることのないセミの声に埋没し、断続的に響き渡る賽銭の乾いた音が覆い、ここまでは伝わってきません。もっとも、聞こえたとしても文字を見なければ理解はできませんが…。
 新しい西宝殿と摂末社遙拝所の拝礼で、現代の御狩神事は終わりました。