諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

別所諏訪神社 島根県出雲市別所町 20.5.17

 情報がないので「鰐淵寺」だけが頼りです。道路標識では何回もお目に掛かる古刹ですが、私にとっては新寺です。所々狭くなりますが、予測より快適な道を山に分け入ります。まだまだのはずですが、鰐淵寺の駐車場に着いてしまいました。寺の案内図を見ると、鰐淵寺の“本体”はさらに上で、参拝者はここから歩いて行くことがわかりました。
 駐車場の心配もあるので、私もここから歩くことにしました。しかし、どこへ向かったらよいかわかりません。「土砂災害情報地図」があります。観光用ではありませんが「諏訪神社」が書かれています。念のために一番近い民家に協力してもらうことにしました。参道を少し上ると、何かの事業所らしき家があります。この前を通るのは鰐淵寺の参拝者が100%ですから、「諏訪神社」の言葉に氏子として興味を持ったのでしょう。私の問いに「氏子は18軒」と答え、確か(最近回ってきた)神社の資料があったが、とあちこちを探してくれます。彼にとっては降って涌いたような諏訪神社ですから、私は固辞して道を訊くだけに留めました。

 歩くのは厭(いと)いませんから、ゆっくりと第二駐車場へ向かいます。おばあさんが、路肩に積もった落ち葉を掃除しています。ダメ押しに訊いてみると、「この先の急カーブ手前に右に入る道がある。その先は石段があるからすぐわかる」と返ってきました。
 やはり、地元の人に尋ねるのが一番ですが、出来るだけ高年配者の方がヒットする確率が高くなります。私が望む場所は人っ子一人いない場合もあります。すがる思いで見つけた家も、「私はわからないが、おじいさんなら」と、奥から“真打ちの古老”が登場することもしょっちゅうです。時には諦めて帰ることもありますが、ここまで来て、と時間の許す限り執念を燃やします。

別所諏訪神社

別所諏訪神社

 平成14年銘の石の鳥居をくぐると、ぽっかりと空いたような境内が現れました。神灯の向こうには、拝殿がなく直接本殿が迎えてくれました。なかなか良い感じです。例えれば、森の中の「隠れ神社」でしょうか。標識などありませんから、ちょっと寄ってみるか、でここに立つ人は皆無でしょう。

別所諏訪神社 正式な名称を知りませんが、大社造の「登拝口」の左右に箱が取り付けられています(上写真では注連縄の両側)。柱間が1間ありませんから大きなものではありません。何だろうとのぞくと、格子の向こうに金泥が塗られた、私にとっては豊臣家の登録商標「桐の紋」です。随身門の代わりでしょうか。掲額には「諏訪神社宮司 佐々木正謹書」と並記されています。高さが20センチ位の石狛犬も回縁に置かれていました。榊の新葉がまだ瑞々(みずみず)しく、昨日今日に誰かが手向けたことがわかります。

別所諏訪神社の神紋 社殿、といっても本殿しかありませんが、屋根の鬼板には、梶葉の変形とも思える見慣れない神紋があります。取りあえず撮って自宅で調べることにしました。
 先ほどのおばあさんがまだホウキを動かしていたので、少し話を、と近づきました。「近くなので、時々神社へ行っては掃除をしたり榊を替えている」と返ってきました。初めに道を教わった男性の話の中で、神社は移転と、小耳に挟んでいたので聞いてみました。「前は、ここからは見えないがほばしら山の麓にあった」と具体的な名が出てきました。確認すると「帆柱」です。「昭和鉱業の採掘が始まったので、神社を現在地に移した。今は採り尽くしてその山はない」と、ここで紹介するに相応しい話を引き出すことができました。そうなると、旧鎮座地が気になります。その付近を一目でも見て帰ろう、でしたが、車に乗り込んだ時点ですでに忘れていました。

別所諏訪神社の由緒

 荒神谷遺跡がある斐川町の図書館で、諏訪神社を研究した本がありました。その中に『雲陽誌』を引用した部分があります。ここでは、別所諏訪神社の分だけを紹介します。

諏訪明神 健御名方命なり、本社三尺に三尺五寸南向き、拜殿一間半に三間、祭礼十月廿七日なり、宮山高さ四十間あまりの岩壁あり、傍に高さ三十間周五丈ばかりの丸き立岩あり、世俗是を帆柱石という、
 此石のほとりに本社あり、此立石を檣(かち)石ともいう、俚民伝て云鰐淵寺開山智春上人信濃国より来たまうとき、老翁三人迎に船にて出たまい、その後老翁三所へ飛去ぬ、一人は今の諏訪明神なり、彼船具を分ちたまう時當此明神は檣をとり給う、今の帆柱石なりという、
 天正十二年造立の棟札あれども鎭座勧請詳ならす、或人の曰【風土記】に載る出雲郡出雲社是なりという、土人白瀧権現とも号す、

別所諏訪神社 天正12年は1584年でした。言い伝えではない「棟札」ですから、それ以前に諏訪神社が創建されていたのは確実です。『雲陽誌』に書かれているように、この古さは鰐淵寺との関係があってのことでしょう。
 地理院の地図には北へ250mの位置に崖の凡例がありますが、崩壊地と採掘跡の区別は読み取れません。古い航空写真を参照すると採掘跡の裸地がはっきり見えますが、当然ながら諏訪神社の旧跡地は推定もできせん。