諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

波知神社(と諏訪社) 島根県出雲市斐川町三絡 19.5.4

 駐車場が見当たらないので、鳥居前の急坂に駐めました。斐川町の「田園空間博物館」とある統一された由緒書きを読んでから鳥居をくぐり、やや長めの石段を登りました。

波知神社

波知神社拝殿 波知神社の拝殿は、参道の終わりからは真正面に位置するので、本殿の屋根がごく一部しか見えません。そのために、遠目ではただの民家に見えます。太い注連縄と一対の立砂を見て、ようやく波知神社と確認するような流れは、他にも原因があるようです。
 今回の出雲行きは、サブタイトルが「時間に縛られない」とは大げさですが、「必要とあらば一ヶ所に一日掛けても」という贅沢な(裏を返せば不経済な)旅です。そんな余裕からじっくり観察すると、その原因が、普通のガラス戸と白いカーテンの組み合わせから来ていると気が付きました。

波知神社

波知神社神紋 裏から見れば、(誰が何と言おうと)正しく神社でした。
 波知神社の神紋として、本殿の鬼板を挙げてみました。神紋一覧表から、「亀甲に四つ盛り亀甲」としました。


波知神社の諏訪社

 本殿を眺めながら境内を巡りました。もちろん「諏訪社」探しです。突き当たりの斜面を削平した境内の境に当たる法面に沿って、再建とある木や石の小さな祠が三棟ほど散在しています。誰を祀ってあるのか分かりませんから、ただ眺めるだけです。
 戻った入口の灯籠も文字が風化し、波知神社に何とか諏訪社の手掛かりを、という本来の目的が達せられません。そのため、これ以上留まる理由がなくなりました。それにしても、この辺りでは耐候性のある石材が得られないのでしょうか。年月の割りに(と言っても、造られたのが何年前なのかわかりませんが)風化が異常に進んでいるように見受けられます。
 帰り際に、境内入口から見て左の一段上にある、赤い鳥居から稲荷社と分かっている社に寄ってみました。「稲荷神社に間違いなし」という確認がとれただけが収穫という、短い寄り道でした。

波知神社の祭神

波知神社の由緒 通りすがりとも言える私には、案内・説明板だけが頼りです。波知神社では「主祭神」と表現しているので、配祠(合祀)に建御名方命の名が連なっていることになります。
 建御名方命や諏訪社が表に出ないのは、この地では、あくまで「波知神社」が産土社ということにあるのでしょう。明治の神社合併で「雑社」という地位になってしまった諏訪社が、波知神社に移された際に、境内社ではなく合祀という形をとったために、主祭神の背後に埋没してしまったと考えてみました。

八社明神

 何か手掛かりが、と『雲陽誌』を開いてみました。〔出雲郡〕の[羽根]です。

八社明神 【風土記】に波彌社(はやしゃ)とあり、【延喜式】に波知神社と書す、是羽根村濱多禮明神なり、本社一間四方拝殿二間に三間、寛永二年造立棟札あり、社家傳て云濱多禮明神の社に八神を勧請す、故に世俗八社と号す、神系分明ならず、八月晦日七座の神事あり、

大日本地誌大系刊行会 編『大日本地誌大系第27巻』

 ネットで「八社」を調べると、祭神は「天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににぎのみこと)」で、配祀として「伊弉諾尊・伊弉册尊・蛭兒命・天忍日命・大己貴命・大年神・建御名方命」があります。正に、総計八柱でした。
 八月の神事に一社が欠けているので、諏訪明神が「祭礼七月廿七日」を押し通したと考えれば面白いのですが。