諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

神庭諏訪神社 島根県出雲市斐川町神庭 20.5.17

 大字「神庭(かんば)」を附けて「神庭諏訪神社」としました。

 駐車場探しのわずらわしさを避けて、山際から道一本離れて並行する農道の路肩一杯に寄せました。やはり歩きに限ります。早速に、気軽に地元の人に声を掛けられる利点を活かし、迷うことなく参道入口の前に立つことができました。

『諏訪神社御神徳記』

 参道脇にある(私には難解な)「由緒」から抜粋して転載しました。「戸賣」は「刀賣(売)」で「とめ」と読みます。“郷に従え”なので、反論ではなく「補足」としました。

一、祭神 建御名方命 八坂戸賣
御本社は信濃国諏訪郡諏訪上社 建御名方命は次男剛健知能兼備住民愛撫の神。

一、由緒 命若年の時、父(大国主命)に従い南方の大国山に上がり下方の学頭・神庭・荘原・伊志見の地を統括し賜り。是即ち後氏社諏訪神社として奉体する根源なり。
米原高瀬城主の信仰(文禄元年・西暦一五九二年)
高瀬城主、米原平内兵衛が住民繁栄・五穀成就の祈願の為、神庭に諏訪神社を建立、時の大工多久勘兵衛。

 「高瀬城主…」以下を読んで、建御名方命(諏訪神社)と荒神谷遺跡の赤い糸はプツンと切れました。それより、

一、鎮座 神庭村の中央より十四、五町奥なる神庭谷に鎮座〜三百五十年前に現在の此予地に移る。神庭谷は本宮と称し谷中の惣荒神と奉れる

とあるのに注目しました。長らく理解できずにいましたが、現在は神庭谷の旧鎮座地を本宮(元宮)と呼び、惣荒神を祀っているとわかりました。

「神庭諏訪神社」

 参道の脇に、(無加工なら)よくも見つけたものだと感心してしまう“石”を祭り上げた祠があります。赤も異様な「ボケ封じ神社」もあるので喜ぶ人がいるのは間違いありませんが、私には、ハシャギすぎて諏訪神社の風格を損ねているように映ります。

神庭諏訪神社「随身門」

 随身門をくぐると、広い境内の先に拝殿がありました。真新しい拝殿を覗くと、掲額「村社 諏訪神社」の「訪」が「方」ではなく「分」でした。私は違和感を感じましたが、このような書体もあるのでしょう。
神庭諏訪神社本殿 古いものを尊ぶというわけではありませんが、新築の拝殿はそこそこにして、これも平成14年遷宮とある本殿を眺めました。ところが、前部の千木がありません。
 「境内の過剰整備よりシンボルを先に直したほうが」と思いましたが、たまたま今日のこの時間では修理中だったということでしょう。

神庭諏訪神社神紋 右は、本殿鬼板の神紋「二重亀甲に違い鷹の羽」です。名前は諏訪神社ですが、創建時から現在までの諸々の因縁で、パトロン(庇護者)の家紋を現在も受け継いで掲げているのでしょう。


「古道」は、佐支多神社と神庭諏訪神社を結ぶ古参道

神庭塚神 境内の奥にある「裏参道」の案内板が打ちつけられた自然木に、「古道・神庭塚神」の小さな標識があります。「古道」に惹かれて、それが指し示す先に向かいました。
 円墳状の丸みの下方に小さな石積みがあります。これが「神庭塚神」でしょうか。ところが、その先は竹林で、道どころか踏み跡も見えないので引き返しました。

 「明るい・開けている・乾燥している」が印象の神庭諏訪神社の境内を一回りしてから、佐支多神社へ向かいました。ところが、その佐支多神社を参拝した後で、小さな標識にあった「古道」は諏訪神社と佐支多神社を結ぶ参道であったことが判明しました。

『雲陽誌』

諏訪明神 健御名方命をまつる、本社一間に二間、拝殿二間に三間、天文十三年建立の棟札あり、祭礼七月廿七日なり、神宝と称して鉾二振あり、

 旧暦の7月27日は、諏訪神社(現諏訪大社)の御射山祭と同じ日です。「御神徳記」には「明治44年に、8月27日の秋の例大祭を10月6日に変更」とありますから一致しました。

神庭塚神・地主塚神 29.6.5

 『諏訪神社御神徳記』にある「本(元)宮」を参拝する機会があったので、神庭諏訪神社を再拝しました。

神庭塚神・地主塚神 「裏参道」はあるものの、「古道・神庭塚神」の標識は無くなっていました。それでも、かすかな凹みを伝って奥に進むと、古墳と教えられた小山に並んで、記憶にあった石囲いがありました。

神庭塚神・地主塚神
地主塚神(神庭塚神?)

 ところが、自然石に刻まれた文字を読むと、…「地主塚神」です。今まで「神庭塚(古墳)の被葬者を祭っているもの」と思い込んでいましたが、どうやら、塚とは関係ない「地の神」ということになりました。
 双方が習合したものとも考えられますが、余所者の私では答えは出せません。9年来気にかけていた“塚神”の写真は撮れましたが、この疑問が残りました。


‖サイト内リンク‖ 「神庭諏訪神社の本宮(元宮)」