諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

大井ヶ森諏訪神社 山梨県北杜市 21.4.8

 駐車場を探す中で、参道が長いことと神社より上には人家がないことを知りました。まさに、「(大井ヶ)森」の諏訪神社でした。
 一ノ鳥居は石造でどっしりしていますが、柱の中ほどから左右を結ぶ荒縄一本という注連縄ですから、まるで「入るな」という結界のようです。管理する氏子が老齢だと勝手に想像してしまいました。

大井ヶ森諏訪神社 参道は車道と並行していますが、一段低いためにその法面が玉垣の役目を果たしています。左に注連柱(しめばしら)があるのでその先に目を遣ると、大石です。「御座石」の類の磐座でしょうか。
 参道が長いと、これから参拝するという何か心構えのような区切りが付き、気持ち良いものがあります。そうは言っても、寒暑の季節や急な石段が延々と続くのは辛いものがありますが…。

大井ヶ森諏訪神社

 赤い二ノ鳥居をくぐると境内が広がりました。左右に境内社と正面が拝殿という配置です。白木がようやく杜に馴染んだかな、という新しい拝殿は珍しく横長でした。その前に立つと、格子戸はブロンズ色のアルミサッシでした。最近は、管理(盗難防止)上から、人家から離れた神社にはよく見られます。
 瓦屋根ですから鬼瓦と言うべきでしょうか。諏訪神社の証である「梶紋」が入っています。汎用の瓦が多い中、コスト高の梶紋が入った鬼瓦を選んだ氏子の心意気に、諏訪神社を巡る者としては嬉しいものを感じました。
 ガラス越しでは「のぞき」になってしまいますが、定紋幕が「諏訪梶」で、右にある提灯が「明神梶」と確認できました。掲額に何か違和感を感じたので、背後の映り込みを手で覆って観察すると、…「大井俣神社」です。神社庁登録の法人名と、古くからの名前が違うのは“経験”で知っていましたから、諏訪神社に間違いないでしょう。

大井ヶ森諏訪神社「本殿」 失礼して、本殿の写真を撮らせてもらいました。自宅で見ると、かつては、赤・白・黒に塗られていたことがわかりました。造りは質実剛健です。自然に開いたのか閉め忘れたのかが気になりますが、御扉が開いていました。
 「諏訪神社」というだけで訪れた「大井ヶ森諏訪神社」ですが、私にはしっくりと馴染んだ神社でした。

諏訪明神 大井ヶ森村
 相伝えて大井俣神社なりと云
甲斐国志刊行会編『甲斐国志』

 「大井ヶ森(+)諏訪神社」は、私が(便宜上)地名から付けた名前です。地元の人に聞けば、その土地の固有名詞「諏訪神社」と返ってくるはずです。記録に残っていますから、今でも「大井俣神社」を使っているかもしれません。

 創立年月は不祥であるが、慶長八年の桜井安芸守信忠ほか三人の連署による神領の寄進状から、中世に創建されたと思われる。伝承では「天文九年武田信玄村上合戦の折戦勝祈願あり。雁又の矢に墨付相添え、神田二反歩を奉納せられしと」
長坂町誌編纂委員会『長坂町誌』から抜粋
 社前に大石があり、御座石あるいは腰掛石といわれる。また当社の宝物には幣帛、力石、雁又の箭の根(武田家寄進)などがある。
小沢猪太郎編著『峡北神社誌』から抜粋