諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

初鹿野 諏訪神社 山梨県甲州市大和町宮本 21.3.31

 神社の名前をどう付けたらよいのか迷いました。始めは「大和」としましたが、旧大和村には他にも諏訪神社があります。そこで、由緒ある地名でもある「初鹿野」を冠して「初鹿野諏訪神社」としました。

初鹿野諏訪神社

甲斐大和諏訪神社

 諏訪神社は、国道から甲斐大和駅へ向かう坂の下という場所にありました。土砂の流入か地盤沈下か、それらが原因と思われる修復で鳥居がやや変形しています。その鳥居を含めた入口にはトラロープが張られ、「あぶないからはいってはいけません」と札が付けられています。思い当たることがありますが(後述)、構わずポールの間から入りました。
 拝殿で参拝してから本殿を仰ぐと、…これは凄いとしか言いようがありません。「県指定の文化財」ということもありますが、それより彫刻の内容が尋常ではありません。

初鹿野・諏訪神社
噂の神木

 「一間社、千鳥破風つき入母屋造、向拝は軒唐破風つき」とある諏訪神社本殿は、瑞垣があるので建物の全容は紹介できません。
 また、どこから撮っても鉄骨が目障りとなりますが、本殿を保護する仕事を忠実に果たしているだけですから文句は言えません。

大和諏訪神社 身舎(もや)は、中国を題材とした「七賢人」や動物とあります。深い彫り込みなので、その立体感に圧倒されますが、ややゴテゴテ感も…。床下も斗きょう(ときょう)が複雑に組まれ、隙間もありません。
 興味のある人は案内板と見比べながら「あれがこうで、これがあれ」と見飽きないでしょうが、私は専門用語を見るだけで拒絶反応を起こしますから、ただ口を開けて見るだけです。いつもなら社殿を一回りするのですが、さすがに、神木の前を横切ることははばかられ、間を置いて斜めの彫刻を見るだけに留めました。
 実は、ネットによる事前の調べで多くの“事例”を目にしていました。祟りはもちろん御利益も信じない私ですが、今回は特別でした。「万が一」が今回の参拝に重なっては、と駅近くの酒屋で清酒の一合瓶を買い、持参の紙コップに注いで拝殿の前に供えたほどです。

甲斐大和諏訪神社「彫刻」 余談はこれで置いて、次は本殿の唐破風から吊り下げてある「怪鳥」です。自宅で拡大したら魚のようなモノを咥えています。翼を広げた姿は洋風で、オカルト映画に登場する悪魔の化身を連想してしまいました。案内板の「兎毛通し(うのけどおし)には怪鳥を懸け」がこれに当たるのでしょう。

大和村諏訪神社「彫刻」 「最上部の竜は針金の髭が残っておりリアルさを増しています」などと説明するより、写真を見てもらった方が確実でしょうか。受ける印象とは別に、「本殿から四方八方を威嚇している怪獣怪鳥」とした4種類の動物が何か気になります。専門用語の羅列に読む気をなくした案内板ですが、当てはまる説明を探すと、「木鼻を亀頭および瑞鳥頭とする」が相当するようです。しかし、下部に見えるニワトリがなぜここにいるのか理解できません。


瑞獣 辞書では、「瑞鳥(ずいちょう)」を「めでたいことが起こる前兆とされる鳥。鶴・鳳凰など」としています。しかし、この諏訪神社の彫刻にはしっくりしないので、「瑞獣(ずいじゅう)」を参照しました。
「瑞獣」とは、古代中国でこの世の動物達の長だと考えられた特別な四つの霊獣に代表される、瑞兆として姿を現すとされる何らかの特異な特徴を持つ動物のこと。応龍、鳳凰、麒麟、霊亀をいう。
『Wikipedia』

 これに当てはめてみると、下から「亀」・ニワトリに見えたのが「鳳凰」・最上部が「龍」とわかりました。残るは麒麟ですが、上から2番目は龍か魚にしか見えません。角度が違う別写真を見たら龍とも違います。少し悩んでから閃きました。そうです。「麒麟麦酒(ビール)」です。ラベルに似たような絵がありました。そう見ると上写真の最左端は麒麟の横顔そのものですから、麒麟が大きく口を開けるとこのような顔になるのでしょう。本物を見た人はいないので、“これでいいのだ”となります。
 案内板に「木鼻を瑞とする」と書いてあれば「少しは理解が早かった」と思いますが、神社建築はそれだけ奥が深いので、説明文を起こした人も混同したのでしょう。早い話が、『太王四神記』でした。


鬼板 本殿四方の鬼板に「鬼」の彫刻が見えます。下部の奇怪さに比べ「オニはそとー」で付けるお面のようなので、「これでもか」という彫刻の中では目が安まりました。(長野県)諏訪でも、石祠の破風に鬼が彫られているのをよく見ていましたから、これには違和感がありませんでした。
 初鹿野諏訪神社では、諏訪大社のお膝元では見られない彫刻に驚きました。山梨の諏訪神社は初めてなので、他の神社ではどんな社殿を見せてくれるか楽しみになりました。

神木の祟り

 初鹿野諏訪神社では、避けては通れないのが「神木の祟り」です。地元では有名らしいのですが、私はネットで下調べをして初めて知りました。
 線路の架線に神木の枝が伸びても、祟りを恐れて伐ることができないという神木「朴」は、本殿の真後ろにあります。注連縄が掛けられた親木(おやき)は完全に枯れていますが、根元からヒコバエが二本ほど伸びています。太い方は径10cmほどでしょうか。
 神社前にある案内板「諏訪神社」には、教育委員会の名で以下のようにあります。

 本殿の裏にある神木の朴の木は、二千数百年を経たといわれており、幹は幾度か枯れては根本から発芽し、現在に至っている。
 この朴の木は、日本武尊がこの地に憩った折り、杖にしたものが発芽したものと伝承されている。古来からこの神木を疎(おろそ)かにすると、不祥の事件が起きると信じられているので、神意に逆らわないようにしている。
  平成元年三月 大和村教育委員会

「立入禁止」のロープ

 ここで、参拝記の冒頭で書いた「トラロープ」が“何か”ということになります。一見したところ境内には危険なものは見当たりませんから、その時は「祟りは現実のものかもしれない」と思ってしまいました。ところが、写真を整理をする中で、ネットで見た「随身門」が存在していないことに気が付きました。境内の奥に砂や木材などの資材が置いてあることから、(残念ながら祟りではなく)随身門の修復工事による「立入禁止」のロープと理解できました。

神社庁のリストから消えた?

 諏訪神社の正式名称を確認するために山梨県神社庁のサイトを開くと、旧大和村には氷川神社・三島神社・諏訪神社の三社があります。その諏訪神社の住所が「宮本」ではなく「日影」であることに疑問を持つ中で、近接したコード番号に「二つの欠番」があることに気が付きました。これは、神社庁が設定した「神社庁番号」に法人登録の申請がなかったのか、または、ある時期に取り下げられたことが考えられます。
 初鹿野(宮本)にある諏訪神社が“ある事情”で法人登録を抹消したとすれば、それは「祟り」でしょうか。現在は宮司や氏子の手からも離れているかもしれないと、ヨソ者の目としては勝手な想像が膨らんでしまいます。

祟る神木は「初鹿野の大杉」か!?

「JR」と「神木」
左が、諏訪神社の杜(本殿の屋根が見える)

 旧大和村教育委員会は、“公式見解”として「神木の祟り」を肯定しています。その祟りですが、神木を「日本武尊(やまとたけるのみこと)の分身」とすれば、「彼の怒り」と言い換えることができます。
 私は、神木の前に諏訪神社を建て、日本武尊を日陰の神にしてしまったのが“諸祟りの根源”ではないかと考えてみました。日照権は神様にもありますから、「その主張を、単なる『祟り』としか捉えないところに人間の傲慢さがある」ということになります。また、本殿の彫刻も、いくら瑞獣といっても365日24時間も睨まれるとやはり目障りになります。そのルーツは中国ですから、“日本”武尊としては目の前の彫刻の存在も面白くないでしょう。やはり、諏訪神社の存在自体が「障(さわ)る」大元なのかもしれません。

「朴」は建御名方命が植えた

 「1868年に県下の神社・寺院から提出された由緒書を翻刻したもの」とある山梨県立図書館編『甲斐国社記・寺記』から転載しました。「因」が抜けているので意味不明になっていますが、全文を読むと「従者が足を痛めたので、この地にとどまった」ことがわかります。

社伝 信濃国諏訪社国体にして健御名方命を祭り、命此地に巡狩ありけるに里人芦茅(あし・かや)を以て日向に一宇を結び奉りけるに空しく宮居に日を経させくるに忽然として温泉湧出して供奉のもの足痛を治し狩し給う、初鹿狩野(はじかの)の郷名を賜り永く邦家(ほうか※国家)を護らんとて(朴)の枝を逆に地に指入置賜うに枝葉栄えて今に存す、拾抱(10抱え)(ばかり)にして繁茂す、神木と号し杉の木八抱計りにして同所日向宮と称す、

 ここでは「朴の木は建御名方命が植えた・神木は」となっていますから、大和村教委に異を唱えていることになります。ここまで、公式案内板「日本武尊が杖にした朴が育った」に沿った話を進めてきましたから、…慌てました。

「初鹿野の大杉」

初鹿野の大杉
奥に見えるのが諏訪神社の本殿

 左は、諏訪神社の境内にある
 根周囲11.5m
 樹高31.8m
 樹齢371年
という「初鹿野の大杉(根株)」です。『甲斐国社記・寺記』に出る「神木」がこの杉とすれば、案内板に「枯れた原因は蒸気機関車の煤煙と振動」とあるので、祟りを受けた国鉄(現JR)との“因果関係”がハッキリします。ここで県立図書館の肩を持てば、境内にある「初鹿野の大杉が祟りの根源」としたほうが合理的ということになります。
 ただし、(そうだとしても)朴の木をおろそかにして神罰を受けても、当サイトでは一切関知しません。

「神木の祟り」は、よくある話

 いずれにしても「神木の祟り」は中央線が電化した以降の“新しい話”なので、たまたまタイミングが合った事故に尾ヒレが付いて広まったのは間違いありません。「よくある話です」とまとめましたが、祟られないように酒を供えた私が(図らずも)“小心者”であることを証明する結果となってしまいました。

日向宮と日影宮

 諏訪神社の別称「日向宮」は、対岸の「旧日影村の諏訪神社」と対比できそうです。諏訪大社「上社と下社」の関係でしょうか。


‖サイト内リンク‖ 甲州市大和町「日影諏訪神社」