諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

三之蔵 諏訪神社 山梨県韮崎市穂坂町三之蔵

 『山梨県神社庁』のサイトを開くと、穂坂町三之蔵に諏訪神社がありました。しかし、韮崎(にらさき)市は知っていても、「穂坂町」がどこにあるのかわかりません。ましてや、その穂坂の「三之蔵」ですから、途方に暮れるしかありません。しかし、「ネットで検索」という手があり、引き続き座ったままでパソコン画面に表示させることができました。
 その時に得た「穂坂牧」や「穂坂路」は私の知識のテリトリーからは外れますが、「諏訪神社」という名前の繋がりだけで、三之蔵を訪れました。

三之蔵 諏訪神社参拝 22.10.28

三之蔵諏訪神社

 小さな集落の中では、道を歩くだけでも気をつかいます。私は、不審者と思われないように、キョロキョロせずにやや速めに歩くようにしています。“幸いに”して、諏訪神社は人家から外れた場所にありました。鳥居から、左に神楽殿と正面に拝殿が見通せます。

三之蔵諏訪神社

 拝礼の後で拝殿の横に廻ると、白壁ということもあって部材に赤と青の彩色が残っているのがよくわかります。
 その壁も漆喰が剥がれて土壁が、さらにそれが崩れて心材の竹やワラが見えています。氏子の方には失礼な表現ですが、その朽ちかけた社殿が何とも言えない時代の経過を語っていて気に入りました。

本殿

三之蔵諏訪神社本殿 本殿は扉の左右に昇竜降竜の彫刻がある立派な造りですが、山を背後にした日陰とあって、つい痛んだ箇所に目が留まってしまいます。
 神紋は、大棟と鬼板が「五三の桐」で、懸魚に「立ち梶の葉」の彫刻があります。これは、後代の屋根の葺き替え時に、何らかの事情があったと見ました。

拝殿

三之蔵諏訪神社拝殿 拝殿内部の壁に、朱色が残っていました。その壁に木札が何枚か貼られていますが、「願文」の左右に書いてあるはずの年号は、文字の痕跡は残っていますが読み取れません。
 右の二枚は「正一位諏方大明神 正遷宮御祈祷…」とありますが、この神社の遷宮なのか現諏訪大社の遷宮をここでも祈ったのかはわかりません。左端の札は「国威発揚・諏訪神社皇軍戰捷(せんしょう)兵士健康祈願…・敵國降伏」とあるので、戦中のものとわかります。この村からも、出征した人がいたのでしょう。私にとっては「物見遊山」の比率が高い参拝ですが、時々このようなものを見つけては落ち込んでしまうことがあります。その多くは、対象物から目を離すと忘れてしまいますが…。

三之蔵諏訪神社神楽殿 山梨では常識とも言える「神楽殿」が、ここ諏訪神社にもありました。現在はトタン葺きですが、屋根裏を見て、釘やカスガイの類を使っていない構造物であることに気が付きました。各所に観られるクサビは、現在でも緩みがあれば打ち込んでいるのでしょうか。

謎の“石棒”

三ッ沢神明神社 本殿の右に見世棚造の社殿がありますが、注連縄は掛かっていても中は空です。こうなると、注連の対象となる床下の「石棒」が気になります。
 「石棒三本の重さに床が抜けるのを按じて地面に移した」とも思えますから、“ミシャグジ社”を連想してしまいます。

御嶽権現? ミシャグジ社?

 韮崎市誌編集委員会『韮崎市誌』では、「諏訪神社(旧村社)・祭神建御名方命」として以下の文が続きます。

『甲斐国社記寺記』によると鎮座不詳。「伝云う」として、後一条天皇御宇寛仁三(1019)年に神異がしばしばあったのでその旨を国守に言上したところ、夷賊入寇(にゅうこう)の神告があり早急に宮祠を建立して祭祀を行うよう仰せがあって金穀などを下さったので建立して産神とした、とある。

 甲斐国志刊行会編『甲斐国志』の「諏方明神 三ノ蔵村」では「天正三年霜月の棟札に…」としか書いていませんが、「側に御嶽権現を祀る、天正四年霜月の棟札に…」とあります。
 長野県では「木曽御岳」ですが、ここでは金峰山の「御嶽信仰」でしょうか。これが前述の「本殿の右にあった社殿」に繋がったために、ミシャグジ社の存在が遠くなってしまいました。

諏訪神社再拝 29.11.12

三ッ沢神明神社 長らく気に留めていた「穂坂サイホン」の吐出口を確認することができました。
 その時に諏訪神社を参拝しましたが、本殿には鉄骨の覆屋が掛けられ、拝殿もきれいに補修されていました。調べたら、再訪までに7年の歳月が経っていました。

三ッ沢神明神社 「御嶽権現」としていた空の社殿ですが、床下にあるはずの石棒が見当たりません。不審に思いながら覆われていた針金の格子を覗くと、…4体の石棒が安置してありました。
 境内にはやや大きな祠もあります。その何れかを御嶽権現とし、この社(やしろ)を(社名が不明なので)“ミシャグジ社”としました。