諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

「日室の鎌祭り」日室諏訪神社 石川県七尾市江泊町 21.8.27

 正式には「日室鎌祭」ですが、地元の呼称に倣いました。 

 日室諏訪神社の拝殿に、石川県と七尾市の「無形民俗文化財指定」の額が掛かっていました。石川県の「指定証書」は「能登の諏訪祭りの鎌打ち神事 日室の鎌祭り保存会」だけですが、七尾市の「指定書」には内容が並記してあるので「案内板」として紹介します。

名称 日室鎌祭
魚形を陰刻した二丁の鎌を諏訪神社へ供え、修祓(しゅばつ)の後、タブノキに鎌を打ち込み風を鎮め豊作豊漁を祈願する。なお、本祭りには湯立て神事が伴う。

日室諏訪神社

 車道脇に新しい「諏訪神社」の社号標があります。神事の開始にはまだ時間があるので、どんなところか偵察することにしました。山へ続く小道の急斜面に、できれば避けたい汗が徐々に滲んできます。暖地性のシュロが見えます。諏訪より緯度は高いのですが、標高の差でしょうか。
 拝殿前に登り詰めましたが、その後方からはさらに尾根が続いています。ここからの展望は利きませんが、尾根の先端に集落を見下ろす形で諏訪神社を造ったことがわかります。

日室諏訪神社の神木に打ち込まれた鎌 拝殿の裏に廻ると、…ありました。鎌が無数に打ち込まれた神木が! この姿は鎌宮諏訪神社で見ていたので“容認”できますが、初めての人には「おぞましいもの」として映るかも知れません。
 写真は本殿の右側にある二本の神木です。左の木は二股ですが、一方はすでに枯れており異様なコブの隆起だけが残っています。人間で言えば治癒しても傷跡の周囲が固く残るのと同じで、鎌の支えもあって朽ちても残っているのでしょう。神事の開始は11時からなので、腕に集(たか)る蚊に閉口していたこともあって、一旦下山することにしました。

 川沿いの道を下ると、無住と思われる固く閉まった家が目に付きました。屋根からクズやアレチウリが垂れ下がっている倒壊寸前の廃屋もあります。その視線で、二階の出窓に残された「鏡台」を見てしまいました。一つだけ残った生活の痕跡に、「あれは嫁入り道具だろうか」と想像してしまいました。地元では現実の過疎そのものですが、他所から訪れた者には「旅情と写る」のが何とも複雑です。
 車が駐まり洗濯物が干してある家を見てホッとしました。その道端にいる二人が、業務用ビデオカメラの存在から、遠目でも長野県諏訪市に本社がある「LCV」の撮影クルーとわかりました。諏訪大社関係の神事には必ず“出現”しますから、今日の「鎌打ち神事」の取材に来たのでしょう。いつもは挨拶程度で済ませますが、“異郷の地で会った諏訪人同士”ということもあり積極的に話しかけてみました。その中で、諏訪大社「御柱祭」の“プロローグ”として放映される鎌打ち神事の撮影には毎回来ていることがわかりました。

 道上に平地があります。かつては家があったそうですが、現在は「今日だけの駐車場」でしょうか。その隅に五輪塔が並んでいます。今の道路が開いたときにここへ移したそうですが、その一つに立て掛けて(倒れないように)結んだ幣帛があります。竹棒に榊と紙垂を結んだものです。「五輪塔」は早い話が墓塔・供養塔です。私には、相反するものがここに“同席”していることが理解できません。今日の神事に関係があるのでしょうか。

日室の鎌祭り「諏訪神社へ」 地元の人に加え、報道関係者やアマチュアカメラマンが10人ほど集まりました。その中で、氏子総代が鎌二体・榊・紙垂を結わえ付けた竹を持ち、神職と共に諏訪神社へ向かいます。
 今でこそ「そう」説明できますが、その時は「鎌はどこ」と全く気が付きませんでした。諏訪神社で神事の直前に竹から外した鎌を見て、LCVのカメラが五輪塔前の幣帛を丁寧に撮っていたのが納得できました。改めて写真を見直すと、確かに鎌があります。ただし、未だに五輪塔に結び付けた「鎌の幣帛」が理解できません。先祖に、「これから神事を始めます」という奉告をしたのでしょうか。

 「四つ葉保育園から園児が参拝に来る」ことを、LCVから聞いていました。その通りで、諏訪神社への分岐にはマイクロバスが駐まっていました。保育士を含む超若い世代が加わり、一気に平均年齢が下がり女性の比率が上がりました。
 氏子は腰に蚊取線香を下げています。今の電池式ではなく、渦巻きの“正規の金鳥”です。専用のケースがあるのを初めて見ました。拝殿内やロープを張った杭にもくくりつけてあります。次回は私も必携とわかりました。何しろ、シャッターボタンを押す人差し指を刺されてしまいました。

日室鎌打ち神事

諏訪神社拝殿「日室の鎌祭り」 拝殿内の氏子は4名ですが、年齢から、日室部落の住人は三戸でしょうか。右が総代です。常会長が総代を勤めるそうですから、3年に一回この役が回ってくることになります。
 写真の通り本殿はありません。シースルーとなった祭壇の向こうには、笹二本に注連縄が張られていました。下には磐座と思われる、穴が空いた石が積まれていました。海底の古代生物の生活痕が化石となったような石です。
 参道は粘土質で石が見当たりません。車道の切り通しも緑色の粘土です。この辺りは珪藻土と言いますから、開墾で掘り出した海の石を珍石奇石として奉納したのかも知れません。

日室の鎌祭り「湯立て神事」 「湯立て神事」です。小枝を燃やすだけという形式なものですが、ススキの葉に付けた“水”で参拝者を祓います。園児も、宮司の「頭を下げて」の言葉に神妙に従ってお祓いを受けました。
 能登の山中に、御射山祭に通じる「8月27日」の例祭日と「ススキ」を用いた神事が残っているのに驚きました。

日室の鎌祭り「鎌打ち神事」 拝殿での神事が終わると、総代は祭壇に立てた幣帛から鎌を外しました。拝殿裏に廻り、拝殿正面から見た右側の木に「雄鎌」を打ち付けました。ここで腰に付けた鉈(ナタ)の意味がわかりました。参道や境内の刈払いとばかり思っていましたが、鉈の背で鎌を打ち付けました。金鎚の方が叩きやすいと思いますが、これも伝統でしょう。続いて、左の木には「雌鎌」を同様に打ち込みます。フラッシュの閃光が何回も続きました。

鎌打ち神事「雄鎌と雌鎌」

 右が「雄鎌」で、左が「雌鎌」です。似たような魚をどう区別するのだろうと心配しました。しかし、「制作者さえ間違わなければ」、絵柄の刻みは片面なので、雄・雌がわからなくても誰でも間違いなく打てるとわかりました。
 絵からは「雄には歯がある」としましたが、古いものを確認すると歯がない物もあります。まとめて5、6年分作るそうですから、制作者の“こだわり”でしょうか。もちろん、雌に歯があってもおかしくありませんが…。魚なので「身」の長さは約15cmでした。
 終了後は全員にカワラケが配られ御神酒が振る舞われれました。

 神事前に、民家脇の小道で「右七尾・左□□道」と刻まれた自然石の道標を見つけました。通りかかった氏子のおじいさんに訊くと、昔はこの道から海に出て学校に通ったと言います。「地図と実感」では山奥の日室でしたが、調べると、海までの直線距離は約2Kmでした。日室は、海沿いの旧・江泊村の枝村とあるので、豊漁の祈願があるのは“気持ち”として理解できます。しかし、今一つしっくりしません。かつては海辺に諏訪神社があり、御射山社と位置づけた神社が日室諏訪神社として残ったのでしょうか。

能登の鎌打ち神事

 神事の詳細は地元の図書館で調べなければわからないと思っていましたが、竹村美幸著『諏訪明神』に「能登の鎌打ち神事」として載っていたので紹介します。

(前略)8月25日七尾市山王町の大地主(おおとこぬし)神社で入魂した神鎌を捧持して、当元である作十郎屋敷の安置所(籠堂)で二日間守護する。祭りの日は、村人全員が集まって拝殿前で湯立の神事を行い、続いて鎌打ちの神事に移る。
文献によっては「作次郎」
 拝殿の奥には、依代としての神木があって、この左右に篠竹を立てて注連をはる。ただし現在は、この神木が枯れ朽ちて根元だけとなっている。この左右に毎年鎌を打ち込むタブの木がある。鎌打ちは、この二本のタブの木に打ち、左の神木に左鎌を、右の神木に右鎌を打ちつける。鎌の長さは左右とも同じで13.5センチ、魚のウロコと口が刻まれている。鎌の形は魚に似ていて、その口が左右とも違っている。一方は口を開き、他方は閉じた阿吽(あうん)の形となっている。
 日室諏訪神社の祭事は、現在宮司が執行しているが、昔は代々当元の谷内(やち)作十郎家が行ってきた。これは諏訪神社上社において、守矢神長官家によって祭祀が執りおこなわれたり、硯石が磐座として禁足地の中に鎮座していることと相通ずるものがある。(後略)

 これを読んで、「駐車場になっていた平地」が谷内作十郎屋敷跡で、「作十郎屋敷の安置所」が五輪塔の前とわかりました。

 LCVの特別番組「薙鎌」では、総代が「当元が火災で(日室から)出て行った。その系列(分家)が跡を継いだがそれも出て行った。60数年前は16軒ほどあったが、現在は残った3軒と賛同してくれる人達で神事を行っている」と話していました。