諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

巌宮諏訪神社 山梨県韮崎市 21.4.8

 韮崎市誌編纂専門委員会『韮崎市誌』から、〔巌宮諏訪神社〕を紹介します。

 社記には「神体は大なる自然の巌石に御座候」とあり、また、中込元宮司の記録を見ると「七丈余屹立せる巨巌をうがち木祠を収む、もと諏訪明神なりしを、明治初年村社列せらるる際祠官守屋真清巌宮と改称す」とある。
 巌に洞穴をうがち、そこに鎮座したのは明治三十九年日露戦争の記念事業として行ったものといわれる。
 はじめ自然の巌石を神体としていたことを考えると、穴山のほかの神社と同じように諏訪明神が勧請される以前、あるいは別の神が祀られ、呼び名もまた別の呼称であったかも知れないがその資料はない。
巌宮諏訪神社

 幹線道路から集落の中の狭い道へ、それもいつ引き返そうかと迷っているうちに完全一車線になりました。この先がどんな状況かわからないまま、枯れ枝を踏みつぶすイヤな音を聞きながらの終点は神社の前でした。最悪はバックで延々も覚悟しましたが、前の空地で何とか方向転換できそうです。

巌宮諏訪神社「御神体」 拝殿で拝礼を済ませてから本殿へ廻ります。Blogの参拝記が唯一のガイドでしたが、その通りで、本殿はなく大岩そのものが御神体でした。確かに拝殿が岩盤と密着しています。「めり込んでいる」と言った方が状況説明には正確でしょうか。
 恒例の「諏訪神社探し」です。鳥居に「巌宮諏訪神社」とありましたが、拝殿の鬼板にも金色の「諏訪梶」が見えました。ここは山梨県ですから、個人的には「立穀」にしてもらいたかったのですが、何か特別な繋がりがあるのかもしれません。

巌宮諏訪神社 左は小さな沢ですが、写真のように私には怪しげに見える石塔が幾つもあります。参道に背を向けていますから、巌宮諏訪神社とは切り離した方が自然でしょうか。諏訪信仰以前から存在した行場や霊場なのかもしれません。
 引き揚げるときに石像や石碑の銘を確認するつもりでしたが、「車の方向転換をどうするか」で頭が一杯だったので、すっかり忘れてしまいました。3回の切り返しで、石を擦(こす)ることなく車は来た道に向きました。