諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

小沢神社・下平諏訪神社旧跡 岩内郡共和町 21.7.2

『小沢(こざわ)神社開社百年記念』から「小沢神社の縁・沿革」

明治37年 下平地区に長野県諏訪大社より神霊を奉斉
明治38年 上平・中平地区京都石清水八幡宮より神霊を奉斉
明治41年 三地区の社に国富稲荷社を合祀して現小沢神社と
なる
大正7年 村社小沢神社
昭和21年 宗教法人設立

map 国道5号から別れ、(北海道は敷地が広いので)閑散とした住宅街を突っ切ると、道脇に「小沢神社」の社号標がありました。小樽港から休み無しに来たので、まずは湯を沸かし、インスタントながらモーニングコーヒーとしました。


小沢神社

 「下平の諏訪神社は小沢神社に合祀されている」ので「諏訪神社」と呼べないのが寂しいのですが、気を取り直して参道に踏み入りました。上り坂が大きく右へ回り込んだ先、小山の上が小沢神社でした。「神明造」の鳥居を通して、(後に北海道では標準の造りと知った)珍しい形の拝殿が見えます。説明するより写真を見てもらった方が確実でしょうか。

小沢諏訪神社
植林した杉と小沢神社

 ここまでは「所変われば…」で済みましたが、拝殿右にある建物を見て驚きました。住宅地なら今風のしゃれた家ですが、それが拝殿と並んでいるので「何だ、なんだ!」となってしまいました。
 男性が一人、散歩とは違う動きなので神社への奉仕作業でしょうか、まだ7時前という時間ですが境内を動き回っています。自分だけの世界に浸りたくて、左側にある平屋の裏に引っ込むのを見計らって鳥居をくぐりました。

 その建物に「社務所」とあるのを横目で見ながら拝殿に向かいました。拝礼を済ませるまでの短い間ですが、周囲の状況から、もしやと声を掛けてみました。やはり小沢神社の宮司で、「何だ!」とした右の建物は彼の自宅でした。私が巡拝する神社に宮司が常駐しているのは極めて希なので、“こいつは一番目の諏訪神社から縁起がいい(わえ)”となりました。
 やはり諏訪神社です。「先代からの縁で毎年諏訪大社へ地元の名産を送って喜ばれている。後輩の札幌諏訪神社宮司と諏訪大社へ行ってきた」などと話が続きます。「長万部(おしゃまんべ)が北限といわれている杉を植えたが、百年でここまで大きくなった」など、境内の案内の後で拝殿の扉を開けてくれました。

小沢神社 社額は、右から「武御名方神・八幡大神・稲荷大神」でした。下がった御簾の陰でその形状はわかりませんが、奥に“独立した本殿”がありました。外観からは、拝殿の後部に「神明造」の本殿が一体化して造られたと見ていましたから、それが神明造の覆屋であることがわかりました。
 神社庁のHPに「下平(したびら)の諏訪神社を合祀」とあるので、その場所を尋ねました。「開拓は水が第一条件なので、まず沢筋から開墾が始まった」と言います。改めて地図を見ると、国道とJRを挟んで南西側だけに沢筋が7本あります。その青い筋の脇に、「上・中・下」とある集落の一つ「下平」の名がありました。
 何も残っていなくても「旧跡地を一目でも見る」のが“信条”なので、「神社跡に碑を建てた」と聞き張り合いが出ました。「家もなく、訊く人も見つからないのでは」と予想していたので、当に「宮司(諏訪明神)様々」でした。

諏訪神社旧跡

下平諏訪神社「旧跡地」

 「下平の集会所前」が目標です。大きなカーブを二つこなすと、一直線の坂道が、雲がかかって高さが確認できませんが(地図では)ワイスホルンに向かっています。最近はどこでも目に付く携帯の中継鉄塔を右に見ると、左に「九号分館」集会所がありました。右上に一軒の農家があるだけで、下は原野・上は馬鈴薯畑でした。

下平諏訪神社「旧跡碑」 碑を正面にすると、話の通り「地神」と彫られていました。その深い溝に毛虫が一匹貼り付いています。「これはヤバイ」と上を仰ぐと、古巣の木は、葉と幹の模様から桜であることに気がつきました。もちろん、ソメイヨシノではなく「エゾヤマザクラ」でしょう。それを知って、桜が咲く頃に、かつてここに集ったであろう人達を想ってしまいました。

 「謂(い)われが書いてあるかもしれない」と裏に廻ると、「宮司書」とあるだけでした。「ここに諏訪神社があったのか」と氏子ではない私ですが、北海道まで乗り込んだこともあって大きな感慨がありました。
 腰まであるフキや草をかき分けて集会所の窓を覗きましたが、宮司が言っていた「難しい書体の額」は見えませんでした。「常会長がカギを預かっている」と言いますが、立ち寄り参拝者では管理者の手を煩わせることはできません。帰りの見納めに「地神」を見ながら一回りすると、「由緒」が台座にはめ込まれていました。

当地開拓の先人達明治三十七年の頃より諏訪神社を守護神として崇め祭り
この地に五穀豊穣を祈願して春秋地神祭を行いて今日に至る
平成八年九月九号線有志一同先人を偲び改修建立する