諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

入山辺の諏訪神社 松本市入山辺 23.6.28

 霧ヶ峰や美ヶ原を源流とする薄川(すすきがわ)沿いに、古名「山家(やまべ)」としても知られる「山辺(やまべ)」があり、現在は里山辺と入山辺(いりやまべ)が隣接しています。その入山辺に諏訪神社が二社あることはわかっていましたが、「諏訪神社」だけの表記なので鎮座地が特定できずにいました。

 こちらは里山辺にある「山辺学校民俗資料館」の「お船の展示室」で、「橋倉・南方」と書かれた諏訪神社の写真を見つけました。手掛かりを求めて探した別室の絵図で隣り合った集落名とわかり、帰り道に寄れる、と一気に参拝する機運が高まりました。

橋倉諏訪社

諏訪神社 カーナビは神社を表示してくれません。とりあえず、橋倉集落内の狭い坂道を伝って山際まで行ってみました。昼下がりとあってか人影も見えない中で、ようやく、ビニールハウスの中でホースを手に持つ若者を見つけました。
 先ほど知ったばかりの集落名なので、とっさの対面では口に出ません。「諏訪神社」とだけ尋ねると「橋倉の諏訪神社か」と念を押されてしまいました。「地元民限定の神社にわざわざ来るのが理解できない」という“後光”をハッキリ感じますが、「すぐこの上」と教えてくれました。
 やや緊張感を持った幟枠の間をすり抜けると、正面の小山に、横一列になった社殿が見えました。「<」の字の参道で高度を稼ぐと、鳥居額は「諏訪大神」とある諏訪神社でした。松本市とはいえ諏訪神社です。この狭い境内に「どうやって建てたのだろう」と不思議に思う御柱がありました。

諏訪社
一、神社名諏訪社
一、祭 神建南方刀美命
一、建造物本殿
幣拝殿
神楽殿
一、由 緒創立年代は不明である、金華山城主小笠原氏の守護神であったと言われ、本殿背面に小笠原氏の紋所三階菱が刻まれている、
一、例祭日四月二十九日
一、行事う年、とり年に御柱祭を執り行う
 昭和五十九年四月 山辺歴史研究会・入山辺公民館

三之蔵諏訪神社 境内地は、山の斜面を削平して御柱・舞殿・拝殿・本殿を並べた縦長なので、左右に余裕がありません。谷側一杯に寄りカメラもワイド一杯にしたので、当然の結果として派手に広角歪(ゆがみ)が出てしまいました。余りの変形で「情緒不安定になる」と修正したのが上の写真です。

諏訪神社 案内板にあった神紋を確認しようと本殿の後ろに回ってみました。確かに身舎中央の蟇股に「三階菱」がありました。沙田(いさごだ)神社でその知識を得ていたので予想通りの形でした。因みに、正面は「諏訪梶」でした。
 案内板に「小笠原氏の守護神」とあります。しかし、小笠原氏は徳川家康の命で播磨明石へ転封したので、山辺の人々にとっては「過去の人」になります。そう古いとも思えない本殿に、未だに「小笠原氏の家紋」が残っているのは何故でしょうか。旧橋倉村の創成に小笠原氏が関わっていたのかもしれません。

南方諏訪社

諏訪神社 こちらの諏訪神社も液晶画面に表示しません。途方に暮れましたが、空地に隣設した平屋の玄関に板看板を見つけました。予想通り「南方公民館」で、都合よく玄関が空いています。
 話し声が伝わってくる中で応対に出てくれたのは中年の女性でした。道順と「南方」の読みを「みなみかた」と教えてもらい、駐車の許可も頂きました。由来は方位の南方とも思えますが、初めて来た地では「何の南」かは見当も付きません。橋倉諏訪社の祭神「建南方刀美命」を引き合いに出すと、祭神の「南方」を戴いたとも思えます。
 行ってみれば、こちらも山際にありました。かなり延びた夏草をかき分けて拝殿へ向かうと、鳥居と拝殿の社額は「村社諏訪社」でした。

諏訪神社 これは見事な(梅雨時には頭が重そうな)萱葺きです。立ち寄り参拝者には嬉しい本殿ですが、維持管理する氏子の皆さんの苦労が思いやられます。次回に来る機会があったとしても、その時は金属の板に替わっているもしれません。
 本殿正面の蟇股は「十六花弁の菊」で、鳥居と拝殿の「社額」以外には諏訪社である証は見つかりませんでした。

諏訪神社 帰り際の“見返り”で、本殿屋根の大棟に幣帛が三枚あるのに気がつきました。ズーム最大で撮った写真を確認すると、大棟に金属の幣が差し込まれているのがわかりました。
 本殿御扉の前に二枚の幣帛が上がっていたのは覚えていましたが、正式には三柱相殿ということになります。諏訪神社なので主祭神は「建御名方命」であるのは間違いありませんが、現時点では合祀の祭神名はわかりません。

 明治期に調査して国に提出した『郡村誌』は、関東大震災で焼失してしまったそうです。長野県では「写し」が残っていたため、図書館では復刻版『長野県町村誌』として閲覧することができます。識者の間では「正確ではない」との評がもっぱらですが、参考として目を通してみました。
 その結果、橋倉・南方のいずれの諏訪神社も

「由緒:不詳・祭神:建南方刀美命・例祭:旧七月二十七日」

でした。全国の諏訪神社を眺めると「例祭日は(新暦)8月27日」が圧倒的ですが、山辺では「御柱祭の日」に(合わせて)変更したことが窺えます。

「すハきか原」

 山辺では薄川の右岸に須々岐水神社・左岸だけに諏訪神社と千鹿頭神社がある(残っている)ことから、ある時期では「薄川が諏訪明神信仰の“北限”」であったことが考えられます。ここで、『御狩之事申立』が頭を過(よ)ぎりました。いきなり「これ」を持ち出しても当惑するばかりと思いますが、「千鹿頭神以来の伝承を踏まえた祝言である」と解説がある神事の“掛け合い”です。
 ここに見える「すハきか原」が「すすきか原(薄ヶ原)」ではないかというのが「私の推論」です。調査・研究をしたわけでもないので単なる「語呂合わせ」の思い付きですが、妙に頷いています。


‖サイト内リンク‖ 矢崎祭『御狩之事申立』