諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

知久平御射山社 飯田市下久堅柿の沢 1.5.18

 Googleマップで「飯田市 御射山神社」を検索すると、とんでもない場所に「知久平諏訪社 御射山社」が出現しました。クリックすると、小さな板宮の写真が表示します。この大きさですから、誰か奇特な人が登録したのでしょう。鎮座地は「下久堅(しもひさかた)柿の沢」でした。

御射山社参拝 1.5.8

 飯田市毛賀の御射山社が参拝できたので、柿の沢に鎮座する御射山社まで足を延ばす気になりました。その神社へ向かう国道256号ですが、天竜川を渡ると急坂となり、先行車がたびたび停止します。それを見て、大型車とのすれ違いが困難な道とわかりました。
 人家がなくなった分だけ対向車に気を遣わなくなった道を渓谷沿いに遡上すると、「なぜここに」という異常に広い駐車帯があります。目的地に近いので、これ幸いと御射山社探索のベース基地にしました。

知久平御射山社 地図を表示したスマホを片手に脇道に入ると、眼下に国道が並行しているのが見えるほど高度が上がりました。
 諏訪より一段と進んでいる春を確認しながら進むと、写真の標柱が現れました。30mも登ると、小尾根の上に祠と石仏が並んでいました。

知久平御射山社

 基台に「知久平村中」とある石仏は、右手は剣を握り左手には壺状のものを載せています。不動明王と異なる柔和な顔とあって正体がつかめませんから、取りあえず石仏と紹介しました。
 御射山社については、以下の文に代えました。

御射山社
 知久平諏訪神社の山宮として、柿の沢牧の内に「御射山社」がある。神社から東方約一キロメートルの台地上にあって、今では松林に囲まれ眺望も悪いが、昔は知久平の集落や天竜川西部が一望できたと言われる御山である。
 地域ではここを御射山と呼び、神々が住んでいる処として祓いしてきた。
 山頂には縦横五〇センチぐらいの祠と石柱(※ママ)がある。祠は区民有志の寄贈によるもので、風雪等で毀損(きそん)するたびに改築されてきた。
 下伊那史第五巻には「この地の「牧の内」は鎌倉武士としての、知久氏の牧であったことが伺われ、知久氏の馬牧の地であったとともに諏訪上社に因んだ御射山神事が行われたことが推定され、これらのことは神氏知久氏がその宗家諏訪氏とともに、こうしたことを媒介として鎌倉幕府と密接な関係にあったことがうかがわれる。」との記述がある。
 御射山社の山神は、国常立命で太陽信仰であると言い伝えられ、御射山の「御」は敬称、「射」は稲の苗の古称である。
 古くから神は、冬は御射山に坐し、春には里に降りてきて田の神、農耕神になると信じられてきた。
 知久平諏訪神社西方崖(宮下)には「御供田(おみおくだ)」という地名も残っている。古くからこの地に神田があったと言い伝えられており、ここに田の神が鎮座したのであろう。
 全国の諏訪社では御射山祭の例祭日を、八月二八日とする社が多いようであるが、現在知久平諏訪神社では御射山祭を行っていない。
 また、地域の神事や運動会等の採火はこの御射山で行われている。御柱大祭の御神火も、ここで宮司・宮世話人によって採火式が行われる。
 祭典委員会編『郷社知久平諏訪神社式年御柱大祭』