諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

「十間廊」-古来から行われてきた重要神事の舞台-

十間廊

 写真は、2月28日に行われた「野出神事」の祭場「十間廊」です。“ミシャグジの祭り”になぜ「菊の御紋」なのかは別として、長さが10間(柱間1.8m×10)あるので「十間廊」と呼ばれています。普通読みの「じゅっけんろう」でもクレームは付きませんが、正式な名称は「じっけんろう」です。
 この社殿では、古くからの重要な神事が連綿と行われてきました。現在でも「御頭祭」に代表される「特殊神事」は本宮ではなく、前宮の十間廊で執り行われます。古くは「神原廊(ごうばらろう)」とも呼ばれ、『諏方大明神画詞』にも出てきます。

 酉(とり)日、神使四人(じょうろう)御立御(おたちまし)、神殿(ごうどの)神原廊にして神事饗膳あり、禽獣(きんじゅう)の高もり魚類の調味美を尽す、
『諏方大明神画詞』「48」

十間廊の再建

 諏訪大社社務所編『諏訪大社復興記』に、「昭和32年3月22日、付近の焚火の飛火によって類焼の災を受け…」とあり、焼け焦げた骨組みだけになった十間廊の写真が載っていました。その〔再建〕の章に、抜き書きですが

 天保14年改築し更に昭和14年内務省直営工事をもって修築したもので、間口三間奥行十間入母屋流造こけら葺。
 天保14年における再建の記録を読むと「(略)廻縁ヲ欠ク」とあるから、昭和14年の再建時に(今見るような)廻縁が加えられた。

とあります。新しいとは思っていましたが、火災に遭ったとは知りませんでした。

十間廊は「じっけんろう」

 同書で、江戸時代の書物『信濃奇勝録』の「御頭祭」から〔十間廊〕を引用しています。

三月酉日本社より十八丁を隔て前宮に十間廊あり、往古は鹿狩之実検廊也と云、俗に十間廊と云、上段に一百余の燈篭を挑(かかげ)、猪鹿(ちょろく)の頭七十五俎板(まないた)にのせて供(そなふ)

 これだと「じっけんろう」になります。ここに集められたイノシシとシカの頭を、「首実検」と同じように「確かに75頭ある」と確認してから祭りに臨んだのでしょうか。

「御射山祭・神輿くぐり」十間廊

 上写真は、8月26日の御射山社巡幸の途次で立ち寄った「諏訪明神が乗った神輿」です。建物だけでは寂しいのでこの一枚を選びました。子供に限らず大人もその下をくぐって健康を祈願します。平日だと前宮の前にある「宮川保育園」から園児が大勢やって来ますが、土日に当たると、少子化の時代とあって淋しい光景になります。もちろん、「“正式”には、2歳児が御射山社で」ということもあります。