諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

オーパーツ!?『延久以前図』

■ 文中の地図は、『地理院地図Vector』〔自分で作る色別標高図〕で作成したものです。

『延久以前図』

 田中阿歌麿著『諏訪湖の研究』に、諏訪湖の古図が何枚か載っています。一番古いのは〔延久以前図〕ですが、「製図の年代は不詳」と但し書きがあります。「延久元年」を調べると、1069年でした。
 その古図を転載しましたが、湖水の境界がわかりにくいので青く塗ってみました。

延久以前図

 上部の「下原」が旧下原村ですから、右の鳥居が現在の諏訪大社下社の秋宮で、(逆になっている)卍が神宮寺となります。
 ところが、諏訪大社上社がある場所には、高遠から「片倉」を経由して「高部」に向かう道はありますが、何も描かれていません。「この時代では、上社の社壇はまだ無かった(諏訪湖の下だった)」ということでしょうか。
 直接には関係ありませんが、左下にある地名「上嶋・今村」が諏訪に存在しない不思議さも、調べると辰野町にあった旧村名でした。

標高810mを湖面とした「太古図」

 古代の諏訪湖は、今より50mから80mほど高かったと言います。『延久以前図』は安国寺まで湖水と描いているので、地理院地図に、諏訪湖面759m+50mとした標高810mの等高線を湖面として着色してみました。

諏訪湖810mライン

 これを見ると、距離や方角はともかく〔延久以前図〕の諏訪湖と酷似しているのに驚きます。守屋山に登ってもこのような俯瞰(鳥瞰)は望めませんから、一体どのようにして作成したのでしょうか。
 言い替えると、810mラインの諏訪湖を作画できた当時の技術が説明できません。私は、諏訪のオーパーツと認定しました。

上社本宮の社壇が造営される以前の諏訪湖面図

 〔延久以前図〕の時代では、湖面が高くて「上社本宮を造営する土地がなかった」と仮定してみました。それを上社本宮が湖中となる標高として逆算してみると、775mとなりました。

諏訪湖775mライン
769mライン
水没した諏訪大社上社本宮(標高775mを湖面と想定)

 数値と広域地図を挙げてもピンとこないので、本宮の社壇がすっぽり水没する拡大図を用意しました。
 断っておきますが、ここまでに挙げた地図は〔延久以前図〕から想定したもので、「このような時代があった」とするものではありません。

江戸時代以降に描かれた「延久以前の図」が『延久以前図』

 改めて『延久以前図』を眺めると、絵図左下の「西沢」が特定できません。それを「楡沢」の誤記とすれば小野から合流する初期中山道となり、「下原」を経て下諏訪宿への道を描いた絵図と言えます(上社は省略)
 また、山地を「ケバ」で表している手法から、意外と新しい絵図の可能性があります。