諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

本宮「二つの参拝ライン」 ver30.7.14

 上社本宮の中枢である拝幣殿の正面は、参拝者から見ると東南の方角に当たります。もう少し詳しい方位を書こうと、ヒッチコックの映画『北北西に進路をとれ』から「とうとうなん」と入力しました。ところが、全く変換しないので「なぜだ」と考え込んでしまいました。そういえば、そんな言葉は口にしたことがありません。紙に方位を書いて悩むこと30秒。これは「東南東」と思い出しました。一発で変換して一件落着しましたが、頭に二つ続く場合と間に挟む表記の違いは何なのでしょう(と、また話の方向が…)。

幣拝殿・宝殿概念図 関係する現在の社殿配置図を用意しました。社殿の形状は単純化しましたが、大きさと方位だけは正確に作ってあります。
 ただし、現在の配置図ですから、その昔は、拝幣殿などの社殿はもちろんのこと、硯石も存在しなかった可能性があることを頭に置いてください。

二つの参拝ライン

 諏訪大社の“公式参拝路”に従うと、紆余曲折を経た後に、拝幣殿を正面にする拝所に立つことができます。ここで、ようやく拝幣殿に向かって拝礼することができます。これが、━━ラインです。因みに、境内案内絵地図では、その向こうを「神居」と書いています。
 一方で、「かつては」と但し書きが付きますが、四脚門(東・西宝殿の間)を通る━━ラインの先、つまり「硯石」を拝礼していたという話があります。この「時代が異なる90°直交した参拝線」が論議の的で、様々な解釈がなされています。

「拝幣殿の向こう」ライン

上社古図(部分)
神長官守矢史料館蔵 復元模写版『上社古図』(部分)

「多宝塔正面」説(上図参照)

 仏教色が濃くなったことを反映して、安易な表現ですが「石之御座多宝塔(御鉄塔)を拝む位置に拝幣殿を・または双方をセットとして」造営したという説です。
 江戸初期作と伝わる『上社古図』を見るとその「多宝塔」が描かれており、拝幣殿がその方向に向いています。「古絵図に建物の向きなど規則性は無い」という声も聞こえてきそうですが、宝殿までも多宝塔に向けて描いたのではないかと思ってしまいます。

「本地普賢菩薩正面」説(上図参照)

 同じ“仏式”ですが、「神宮寺の普賢堂に向かって造られた」という説があります。もちろんその逆もあるわけですが、『上社古図』では、神楽屋−幣拝殿−石之御座多宝塔−普賢堂ラインに沿って社殿の向きがそろっています。
 根拠となる「本地垂迹説」では、「仏は、神を仮の姿として現れる」そうですから、諏訪明神の本地・普賢菩薩を本尊とする普賢堂に向かって拝幣殿を造営した、となります。
 宮地直一著『諏訪史 第二巻前編』では、「如法院に関する伝説で、同寺寛保二年の起立書によると」として

往古の境地は社内にして薬師堂の下、如法堂の上にありしが、天正年中…灰燼となれり。…其の中に普賢堂計(ばかり)は残れりと云えり。爾後(じご)殿宇を社外に曳移し再び営造すと…

を紹介しています。かつては、普賢堂が本宮の境内(神居の後方)にあったことがわかります。
 広島県の厳島神社では本殿の後ろに本地堂があり、本地仏の十一面観音が祭られています。本宮の「幣拝殿(神居)の後ろが普賢堂」も厳島神社とまったく同じ様式になりますから、この説はかなり有力な部類に入るかもしれません。

「前宮神殿正面」説

 4月の例大祭では、本宮の幣殿から幣帛が撤去され、桟唐戸(さんからと)が開かれます。ただし、御簾(みす)が下がっているので、その向こうが見通せないのは変わりありません。
 この日は御頭祭なので、その状況から「前宮を遙拝している」という説があります。ここで言う前宮は、かつて存在していた大祝の居館「神殿(ごうどの)」です。

本宮−前宮ライン
本宮拝所()space前宮神殿推定地()

 グーグルマップを使って二点間に線を引くと、確かに「拝所・幣殿の延長線上に神殿跡」があります。この詳細は〔(新)本宮-前宮ライン〕で取り上げているので、そちらで御覧ください。

「四脚門−硯石(守屋山)」ライン

 ここで、本宮の原初の参拝線とされる「硯石ライン」を紹介します。

四脚門−硯石ライン このラインは、一之御柱と二之御柱の間→四脚門(東西宝殿の間)→硯石に向かうラインです。特に「正面となる一・二之御柱の間」が引き合いに出され、誰が見ても直感的に理解できる無理のない参拝ラインです。
 ただし、古文献には硯石を祭祀の対象とする記述は一切ありません。そのため“有史”以前の形態と位置づけられ、あくまで推察の範囲を超えるものではありません。

守屋山 さらにその先の「守屋山」を挙げる人もいます。しかし、本宮からは守屋山を直接見ることはできません。参考として約3.3Km離れた足長神社の高台から撮った写真を用意しましたが、守屋山の一部(┌┐)が前山の向こうにやっと見えるだけというのが現実です。
 それに関連して、四脚門(宝殿)から見た北を0°とする方位角

 硯石────209.1°
 守屋山東峰─204.8°
 守屋山西峰─214.5°
と挙げてみました。しかし、視覚的に理解できないので、グーグルマップにそれぞれの二点間を結んだラインを引いてみました。

ke!+san』〔2地点間の距離と方位角〕から算出
西峰・硯石・東峰(−で縮小させれば、守屋山を表示できます)

 これを見ると、四脚門−硯石ラインの延長先は東峰ではありませんが、守屋山全体を“狙った”参拝線とすることもできます。

“第三”の参拝ライン

 本宮の正式参拝路は、南鳥居(二ノ鳥居)−布橋−塀重門(で“”の字に曲がり)−拝幣殿」です。一見複雑に見えますが、同様なケースは珍しくありません。

伊勢神宮の「参拝路」
「GoogleMyMaps」で表示させた伊勢神宮の参拝路です。左上が「宇治橋」ですから、本殿へは「橋を渡ってから右折して、左折のまた左折」という参拝順路です。私も修学旅行を含めて二度参拝していますが、参道が長い上に大木が鬱蒼と繁っているので、このような道とは気がつきませんでした。
 諏訪大社本宮も参道が複雑ですが、伊勢神宮もかなりのものです。やはり、大きな神社ともなると、「宿場の枡形」を持ち出すのは畏れ多いのですが「御正面を見通すのは失礼に当たる」ということでしょう。

出雲大社神座出雲大社本殿の神座
 出雲大社も本殿は南向きですが、その中の神座は西向きなので、本殿内で左・右・右と回るそうです。このように、神社の参拝路や神座の向きは複雑怪奇ですから、見かけの参拝線を安易に云々するのは控えた方が“安全”です。
 余談ですが、出雲大社をよく知る方は、瑞垣の西側に設けられた拝所で参拝するそうです。私は、知らずに「祭神を横に見る拝殿」の正面で拝礼しました。

 参道や神座が“普通でない”二例を取り上げた後で、「前宮をコピーしたのが本宮」説を考えてみました。まずは、「上社は前宮が原初で、後に本宮が造られた」という歴史を頭に置いてください。

前宮「御神所」 左図は、諏方教育会編『諏訪史 第二巻後編』に載る、寛政四年(1792)『上宮諏方大明神前宮繪図』にある前宮の境内図です。
 これを見ると、前宮(本殿)と御神所は、現在と同じ配置であることがわかります。また、が正面ですから、前宮(本殿)を拝幣殿に置き換えれば、本宮と同じ構成になります。これを概念図として作ってみました。

「前宮-本宮コピー説」の概念図
前宮本宮

 つまり、「本宮の一と二之御柱の間・宝殿の間を通れば、左側が内陣(御神所)」となり、宝殿の有る無しだけで、前宮と同じ配置と言えます。
 既出の「二つの参拝ライン」を折衷したようなものですが、我ながら気に入っているこの「第三のライン」の評価は、…どうでしょうか。

 謎とも言われている参拝線(ライン)に興味のある方には、古文献からさらに具体的な記述を拾った『尊神の御在所 考』があります。“考”はともかく、最低限の知識として、そこに挙げた文献に目を通しておいても損はありません。下欄のリンクでご覧ください。


‖サイト内リンク‖ 「尊神の御在所」考