諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

守屋山へ避難した神輿と、その再造 25.6.16

「神輿・御輿」と名称のゆらぎがありますが、直前の資料に合わせました。

神輿の避難

宝殿遷座祭「神輿」
「神輿」宝殿遷座祭 28.6.15

 天正10年(1582)、諏訪に侵攻した織田軍は、武田家が庇護してきた諏訪神社を焼き払いました。諏訪神社上社では、宝殿に安置してある神輿を守屋山に避難させて難を逃れたそうです。
 乾水坊素雪著『信濃国昔姿』にその経緯が書いてあるので、抜粋して転載しました。別項にも類似した文があるので、併せて紹介します。

 兵災の猛火の中より神輿を舁(かつぎ)出し、当社の南一里余りを隔たる守屋の山中へ舁入奉り、三月より十月迄守屋の山中に守護し奉りぬ、…社内は彼兵火にて神社仏閣諸門廻廊に至迄悉(ことごとく)焼失し掃地と成し、神殿の跡に漸地を清浄して芦萱を以て雨露の覆を造り、十月に至神輿を守屋の山中より舁下し奉り、蘆萱葺の内へ遷し奉り、面々守護成し奉りぬる…
 彼(かの)火災の刻神人等漸々(ぜんぜん※徐々に)神輿を抱連て守屋の山中へ遁(のが)れ行、其年十月に至り社中へ迎奉ると雖(いえども)宮殿なく、芦萱にて葺たる雨除を形のごとく作りて面々に守護し奉る…
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』

 下の絵図は、諏訪史談会『復刻諏訪藩主手元絵図』から「神宮寺村」の一部を転載したものです。現在の地図と違い「上方向が北」ではありません。諏訪大社上社の神宮寺跡から守屋山方面を眺めたものと考えてください。

守屋山「御輿坂」 右上に「守矢大神」とあるのが物部守屋神社奥宮で、ここが守屋山の東峰になります。
 中央部に書き込まれているのが前述の「神輿の避難」にまつわる地名で、御輿が登った急坂が「御輿坂」・同行した権祝(ごんほうり)が昼飯を食べた所が「権祝昼飯場(ば)」ということだそうです。

 「本当かー」と疑いたくなるような地名ですが、『上社古図』にも載っていますから、古くから一般に知られていたということでしょう。
 その周囲に「社久保・芦久保」がありますが、これも、神輿を安置する仮屋を造った窪地・その屋根を葺く萱を採取した場所と想像が付きます。

 これらについて、明治13年頃の書上と思われる長野県立歴史館蔵『諏訪郡中洲村誌(写)』に、以下の文を見つけました。

織田信(長?)の為に本社不残焼失す、□□神幣を御輿に移し奉り神官抔(等)供奉(ぐぶ)して葭(葦)の穂を以て小屋を造営して暫時(ざんじ)此山中に住すと云、其邊(辺)三四丁面の葭原其時より今に至り穂は出さるなり、依て其名を穂なしの葭原と称す、又神官の内権祝は其節昼飯を食せんとするに水なし、所々水を求め漸(ようや)く食す、依て其所を権祝昼飯場(ごんぼうりひるめしば)と称す、其外、御輿坂(おこしさか)、御臺所(おだいどこ)抔の字名今に存せり、
『信州デジ蔵』

穂無しカヤ

 『諏訪郡中洲村誌』の「今に至り穂は…」については、「宝殿の穂無しカヤ」の話があります。

宝殿内の神輿奉安の位置上部の天井には守屋山にある「穂無しカヤ」を網代(あじろ)に編んだ物を用いる。この習慣については天正兵乱の際、神輿を守屋山中に避難させた故事の伝承がある。
宮坂光昭著『諏訪大社の御柱と年中行事』
宝殿の網代
宝殿の網代(部分)

 (昭和47年刊)長野県教育委員会『諏訪信仰習俗』では、「…この萱は神宮寺村の寄進と伝えられているが、現在ではその都度新たに造ってはいない」と書いています。
 「その都度」は式年造営と察せられますから、今は、宝殿は造り替えても、網代はそのまま使っているということになります。


430年前に神輿が避難したのは、守屋山キャンプ場

 神宮寺から、神輿が避難したと思われるコースを使って守屋山に登ってみました。その中で標題の「430年前…」を確信したのですが、正確を期すために地理院の地図(1/25000)を参照してみました。ところが、比較の基準となる沢(川)ですが、上流にはあってもキャンプ場の周辺で消えています。

守屋山キャンプ場 仕方なく、神宮寺生産森林組合『座禅草の観察遊歩道』と『諏訪藩主手元絵図』(下図)を突き合わせてみました。すると、双方の沢筋三本がほぼ一致します。他に求める場所がないので、神輿が避難した場所は今のキャンプ場で、『諏訪藩主手元絵図』では「社久保」であると断定しました。

守屋山「社久保」 この場所は、諏方側からは前山と守屋山頂の間という完全な凹地です。火を焚いても、麓からは煙も見えないでしょうから、長期に渡って隠れるには最適の地です。しかし、この場所を知って避難したのか、権祝(ごんほうり)が水を求めた際に偶然に見つけたのかは不明です。

守屋山「御台所」 27.6.10

 〔諏方正一位南宮法性大明神御輿再造之事〕と題がある『諏訪頼忠慶讃(案)』に、「大工牛山因幡守長家、宮山の洞の中で潔斎禁足を百ヶ日、すでに御輿造終わり」の文言があります。神輿避難との因果関係を窺わせる史料はありませんが、長期の避難で傷んだために、または厄災から心機一転を図るために新しく作り直したと理解できます。
 私は、ここに出る「神輿を造った宮山の洞」に注目しました。しかし、私のデータベースには、宮山を守屋山と拡大解釈しても「洞穴」はありません。そのため、その存在の有無は棚上げにしてきました。

守屋山「御臺所」
諏訪史談会編『復刻諏訪藩主手元絵図』(部分)

 『諏訪藩主手元絵図』の〔神宮寺村〕に、「此所大明神御輿仕立し所」と書いてあることに気がつきました。この「御輿仕立」が、前出の「御輿再造」にリンクしたのは言うまでもありませんが、その場所「御臺所」が、『諏訪郡中洲村誌(写)』の「御臺所(おだいどこ)等の字名(あざな)今に存せり」と重なります。

 このように各書にある言葉が繋がり始めましたが、この絵図を目が乾くほど見つめ続けても、御臺所がある場所に辿(たど)り着くことはできません。

 明治7年作成の絵地図〔神宮寺村(その2)〕を見つけました。例によって「守屋嶽(守屋山東峰)」から尾根伝いに目をやると、御臺處(御台所)がありました。やや具体的な描画から、守屋山西峰の辺りで樹下という場所です。

御臺所「守屋山」
滝沢主税編『長野縣町村繪地圖南信篇』〔神宮寺村〕(部分)

 しかし、1650mの標高では、尾根を避けても「滞在は困難」と言うしかありません。何より、わざわざ劣悪な環境で神輿を造る理由がありません。少し下れば、緩斜面に沢水が豊富な適地(守屋山キャンプ場)があるからです。

 改めて『諏訪頼忠慶讃』を読み直しますが、「宮山の洞の中で百日潔斎禁足して神輿を造った」と変わりありません。宮山を守屋山に置き換えても、山中に神輿を細工できるような洞穴があるとは聞いていません。そのため、絵図にある御臺所(御輿仕立てし所)は、神輿避難に合わせて作られた架空の場所との考えに傾きました。

 『諏訪頼忠慶讃』は「願文」ですから、嘘を書くことはできません。人一人が篭もれる岩穴を洞とすれば、「宮山の洞の中で百日潔斎禁足し、上社境内にある作事屋で神輿を造った」という解釈ができます。これが真相でしょうか。


‖サイト内リンク‖ 『神輿避難の道を歩く−守屋山登山神宮寺コース−』