諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

北口参拝順路(の謎)

 人によっては(とは、私のことですが)、参道の右側に連なる土産物屋の呼び込みと視線に耐えかねて、その反対側を小さくなって境内に向かいます。この参道は絵地図の下部にある「北参道」のことで、これにはまだ描かれていない新設の大鳥居をくぐると、正面に幣拝殿への最速最短の石段が見えます。

諏訪大社本宮境内案内図
注連掛鳥居space北参道

 ところが、一之御柱の手前で、「左折」する参拝順路の標識が現れます。ここで、神社の指図に素直に従う人と、今来た参道の直線上にあたるごく自然な流れの先にある石段に向かう人とに分かれます。両者の性格を判断すると、…誰か分析してください。

 諏訪大社が強制するというか推薦する通りに左折し、絵図上では二之御柱を過ぎてから右・右と回り込み「布橋」を通ります。正面に、(木の陰になって気がつかない)一之御柱を見、クランクを経ると前述の最速最短の石段が合流します。その先の突き当たりを左折して門をくぐると、ようやく核心部の境内に入ることができます。拝所は左方ですからまた左折して、と境内をくまなく巡るのが正式な参拝路です。早く言えば、「」字の参拝路とも言えます。

 これは、正面の石段を利用すると、全く顧みられなくなる境内各所の神から「不公平だ」との告げ口(お告げ)があったからではありません。神社の波瀾万丈の歴史が複雑にさせたのです。本宮の滞在時間を(少し)長くするのに一役買っているので、ここは一つ、諏訪大社の指示に従いましょう。

「北口」を、昭和初期の地図で見る

北口・南口 昭和6年とある五万分の一地形図『高遠』を見ると、現在の県道はなく、案内絵図では下部の玉垣に沿った道が幹線道路となります。つまり、当時の人々は、三方の道から徒歩で、それぞれの鳥居をくぐって参拝に来たということになります。
 (理由はそれぞれあっても)その道から直に境内へ入りたいという人は、注連掛鳥居からとなります。

昭和22年の航空写真

 戦前までは南鳥居がある南口(参道)が一般的でした。それが太平洋戦争が始まると車での祈願や参詣が増え、駐車場がない南口は大混乱したそうです。
 それに対応して新たに北口を開設したのですが、敗戦と同時に中断放棄されてしまいました。生活が安定すると観光として来る人が増えたために整備され、駐車場完備の広い北口は表参道とも言えそうな現在の姿になりました。
細野正夫・今井広亀著『中洲村史』〔北口〕を要約

北口・南口 県道は開通していますが、北参道はまだ工事中のように見えます。
 この参道が「北口」として完成し、その後、使い勝手がよいことから表参道として使われるようになったのでしょう。
 平成15年に新設の鳥居が建てられましたが、これは鳥居の寄進があってのことでしょう。本宮の歴史的過程からば、本来は必要のないものと私は考えますが…。

 ここで話は元に戻ります。このような変遷があったので、北口からは(多くの人はまったく気にかけませんが)複雑な参拝順路となったという次第です。